DOOGEE S86 - 200ドル以下で購入できるHelio P60を搭載のタフネススマホ、登山やキャンプなどにいかが?

アイキャッチ画像
こんにちは、ゆないとです。今回はアウトドア向けタフネススマホ「DOOGEE S86」を紹介します。直近発表された「京セラ TORQUE 5G」が久々の国内流通のタフネススマホということで注目度も高い製品だと思います。しかし、このジャンルは中華スマホでは数年前から着実にアップデートされてきており、魅力的な製品も多いです。

スポンサーリンク

このDOOGEE S86はHelio P60搭載、RAMは6GBでストレージは128GBと、中華タフネススマホとしては高めのスペックと言えます。アウトドアはもちろん、アクティビティのお供として快適に使えそうな予感がします。

スペック

ここに掲載するスペックはBanggoodの製品ページに記載された情報を参考にしております。あらかじめご了承ください。

  DOOGEE S86
カラー ブラック、レッド、オレンジ
OS Android 10
SoC MediaTek Helio P60
RAM 6GB
ストレージ 128GB (UFS2.1)
ディスプレイ 6.1インチ HD+(1,560 × 720)、アスペクト比19.5:9
バンド B1/B2/B3/B4/B5/B7/B8/B12/B13/B17/B19/B20/B25/B26/B28A/B28B/B66
SIM nano-SIM ×2 (内1つはmicroSDと排他利用)
ネットワーク Wi-Fi5(802.11 a/b/g/n/ac)、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C ×1、SIMカードスロット(microSDカードスロット兼用)、イヤホンジャック
カメラ フロント:8MP
リア:16MP(メイン)+8MP(広角)+2MP(マクロ)+2MP
バッテリー 8,500mAh、24W高速充電
サイズ 164.6 × 81.2 × 16.8mm
重量 約323g

SoCやRAM/ROMなど

OSは「Android 10」です。中華スマホなので、”素のAndroid”と言えるようなシンプルなものだと思います。少し珍しい設定項目などがあるかもしれませんが、特に困らず使い始めることができるはずです。Android 10はジェスチャー操作もしやすく、こうしたアウトドアスマホでも使いやすいでしょう。

SoCは「Helio P60」でAntutuスコアは20万点に届かない程度なので、ミドルレンジとしてはもう定番のものですね。Android OSの基本操作でもたつくことはないと思いますが、「原神」のような重量級タイトルをプレイするのは厳しいと思います。RAMは6GB、ストレージは128GBなので、(タスクキルの挙動は使ってみないとわかりませんが)複数のアプリを起動したり、外で撮影した画像をたくさん保存しておけますね。安心の仕様だと感じます。

ディスプレイ

Gorrilla Glass製(バージョンは不明)の6.1インチのHD+解像度のディスプレイを搭載します。アスペクト比が19.5:9と縦長のもので、Twitterやニュース記事など縦にスクロールしていくアプリでは見やすいと思います。HD+の解像度は外でサッと動画を楽しむのであれば十分なものでしょう。

入出力

USB Type-Cポートを搭載し、対応する充電器なら24Wの高速充電が利用できます。オーディオジャックも搭載されているので有線派も嬉しい仕様です。SIMカードスロットはnanoSIMサイズが2つ搭載でき、内1つはmicroSDと排他利用です。(microSDを使わなくとも)ストレージは十分ありますし、例えばデュアルSIMにして、一方に山間部などに比較的強いキャリアのSIMを選択するのも良いですね。

カメラ

背面は16MP+8MP+2MP+2MPの4つ、前面は8MPの1つ、カメラが搭載されています。

バッテリーなど

バッテリーは「8,500mAh」と大容量です。モバイルバッテリー並ですね。2~4日の使用を謳っています。これだけあれば長い間外で使用しても安心ですが、筐体重量は約323gと、かなりの重さです。…そのかわり高い剛性による安心感があるとも言えます。

外観

ディスプレイ

視認性を高めるため、色調補正しています。

ディスプレイ側です。タフネススマホらしい四隅の出っ張りが目を引きますね。上部のベゼルは水滴型ノッチのため比較的省スペースで、下部ベゼルは太めです。

背面
背面です。ゴツゴツとした見た目ですが、左右のエッジは握りやすそうです。本体下部にはDOOGEEのロゴと、その下にスピーカーがあります。さらにその下部にストラップホール。

スポンサーリンク

カメラ
カメラは中央上部に配置されています。背面が滑りにくいような凹凸形状をしているのもわかりますね。

フラッシュ
レンズの下部には、4つの光源のLEDが搭載されており、フラッシュライト(懐中電灯)として利用できます。

側面
画像右が右側面、左が左側面です。右側面には画像上からボリュームボタン、電源ボタン、指紋認証センサーという配置です。左側面にはボリュームボタンの位置あたりにSIMカードスロットが配置されています。ピンを使って取り出すスロットではなく、カバータイプのスロットのようです。爪で引っ掛けて開くことできるので、手間が少なく済みます。

防水性能など
なお、カバー式のSIMスロットですが、防水性能はIP68とIP69Kの等級に対応しています。IP68は聞いたことがあると思いますが、IP69Kというのはタフネススマホで時々あるものですね。IP6Xは防塵では最高等級で、IPX9Kは防水では最高等級です。水没だけでなく高圧で吹き付けられる水に対しても高い耐水性能を発揮することを表します。少なくとも水ポチャしても安心です。その他、米国軍事規格MIL-STD-810Gの認証についても表示されていましたが、一応中華スマホなので”それに近い性能”があるという程度の認識の方が良さそうです。

上下側面
画像上が上部側面、下が下部側面です。上部側面にはイヤホンジャック、下部側面にはType-Cポートが配置されています。どちらもカバーで守られています。本体の角は衝撃を上手に和らげてくれそうな形状ですね。Type-Cポート下のオレンジのパーツは、背面のところで言及したストラップホールです。

手袋モード
その他、手袋を着用していてもタッチ操作ができるとか、水に濡れている状態でのタッチもしやすい、といったモードも搭載されています。

スピーカー
スピーカーは背面下部に搭載されています。横置きの場合は、片側から聞こえますのでバランスは気になってしまうかもしれませんが、2Wのスピーカーなので外でも大きな音で聞くことができるでしょう。

カラー3種
カラーは3種類あり、オレンジ、レッド、ブラックのラインナップです。筐体のカラーはほとんど一緒で、色が異なるのは一部分です。アクセントカラーと言う感じイメージです。ブラックはシンプルな雰囲気で格好良いですが、オレンジ色はアウトドアスマホ!という印象で好きです。

まとめ

DOOGEE S86はBanggoodにて199.99ドル(22,158円)で販売中です。3月24日現在、「4月14日までに発送予定」との記載がありました。

この製品、Helio P60搭載でRAMは6GBもあるので基本的な使い方なら問題ないスペックを有しています。過去、個人的にも興味があってタフネススマホを購入したことがあります。当時はエントリークラスのスペックのものが多かった印象ですが、今では200ドル以下でこれだけのスペックのタフネススマホが購入できるようになったのですね。「出来る限りスペックが高い方がいい」派の私もこれなら気にせず購入ができそうです。画像を見る限り、筐体が握りやすそうなのも気になります。

関連リンク

DOOGEE S86:Banggood

スポンサーリンク