もうすぐWindows 10 October 2018 Updateがリリースされます。ちょっとだけ早く入手する方法を!

公開日: : 小ネタ ,

一足早く大型アップデートを入手しよう
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。年に2回のペースで実施されているWindows 10の大型アップデート、次回に予定されているのは「October 2018 Update」という名称になります(コードネームは「Redstone 5」)。海外のニュースサイトでは「ビルド17763(すでにWindows Insiderのファーストリングとスローリングに配布済み)」がRTM(release to manufacturingの略で、製品版という意味です)に決定し、早ければ10月2日にWindows Update経由で一般ユーザーへの配布開始となる、という報道も見られました。
Windows 10 October 2018 Update may be released on October 2:Neowin(英語)

スポンサーリンク

そんなわけで、もう少し待つと誰でもバージョンアップされたWindows 10が使えるようになりますし、バージョンアップにあたって特に何か準備しておくこともありません。ウインタブ的には「ストレージ容量の小さいタブレットやエントリーノートPCを使っている人は、空き容量が8GB以上、できれば10GB以上になるようにお掃除しておきましょう」くらいの注意点はありますけどね。

今回は、「極力リスクを取らず(リスクがゼロではありません)、少しだけ早くRTM版の大型アップデートを入手する方法」について説明したいと思います。ちなみに私はメインPCでこの手法を取っていますが、いままで危険を感じるような場面を経験していません。

Windows Insiderに登録する
Windowsの「開発中の最新バージョン」は、実は誰でも入手できます。「Windows Insiderプログラム」に参加するだけです。
Windows Insider Program:Microsoft公式サイト(日本語)

Windows Insiderになるのは誰でも簡単にできますが、「受け取る開発中のバージョン」によっていくつかのレベル(リング)にわかれます。

●ファーストリング
●スローリング
●リリースプレビューリング

簡単にいうと、ファーストリングとスローリングをお使いのメインPCで展開するのは危険です。特にファーストリングは「開発中の最新」ともいえるくらいのバージョンが降ってきますので、目新しい機能をいち早く試せるというメリットがありますが、そのぶんバグが多く、場合によってはOSのクリーンインストールなんかを強いられる可能性もあります。スローリングはある程度バグが修正されたバージョンになりますが、製品版とは違いますので、リスクはそれなりにあります。

おそらくファーストリングに登録しているのはシステム開発などに携わる「プロ」が多いと思われ、しかもメインPCにファーストリングの開発バージョンをインストールしている人はいないと思います。

ここで「これなら一般ユーザーでも大丈夫かな」と思うのは「リリースプレビューリング」ですね。私の経験上、このリングに登録している場合、降ってくる大型アップデートはRTM内定のバージョンのみです。そして、これも私の経験上ですが、「一般に配信される日のだいたい1週間くらい前」に大型アップデートになります。

ただし、直近のバージョン「1803」の時はひと悶着ありました。「RTMが内定していたビルド(17133という番号でした)について、一般向け配信の直前にバグが見つかり、急遽ビルド17134がRTMになった」という事件があったんです。この際私のPCは一足先にビルド17133にアップデートされたものの、それから数週間経って改めてビルド17134となりました。もし17133にあったとされるバグが深刻なものであれば、私のメインPCもトラブルに見舞われていた可能性があります。

そうは言っても、いやしくもRTMに内定していたバージョンですから、残っていたバグのせいでインストールしたらPCが破壊されるようなリスクは極めて小さく、正直なところ私はこの事態でもあまり心配はしませんでした。ただし「リリースプレビューリング」であっても、リスクがないということは言えませんので、その点あらかじめご理解のほど、お願いいたします。

リリースプレビューリングに参加するためには、まず上記のリンクからMicrosoftのWindows Insiderのサイトにアクセスし、お使いのMicrosoftアカウントでInsider登録します(この時点ではPCにプレビュー版のWindowsがインストールされたりしません)。

スポンサーリンク

設定アプリ
次にリリースプレビューリングをインストールしたいPCの「設定アプリ」を開きます。設定アプリのメニューから「更新とセキュリティ」を選択し、左側のメニューの一番下「Windows Insider Program」を選択すると、上の画像のようになりますので、「開始する」を押します。


そうすると「アカウントを選んで開始」という画面になりますので、「+」を押します。サインインしているMicrosoftアカウントが表示されますので、そのアカウントでよければそのまま進みます。


で、ここがめちゃめちゃ重要です。

●早期更新プログラムだけを送ってください → リリースプレビューリング
●次のバージョンのWindows → スローリング
●スキップして、次回のWindowsリリースを利用 → ファーストリング

となります。つまり、Windows Insiderに登録した場合、仮に3台のPCを使っていたとして、PCごとにリリースプレビュー、スローリング、ファーストリングと、受け取るコンテンツを変えることができます。今回は「極力リスクを取らない」という趣旨なので、必ず「早期更新プログラムだけを送ってください」を選んでください。この場合、選択できるビルドは「リリースプレビュー」つまりRTM版と同じビルド番号のもののみになります。

ここまで紹介してきた手法を取って、「いち早く新しいバージョンを入手する」とは言っても、せいぜい1週間とか2週間くらいの差でしかないので、別に無理する必要はないと思います。しかし、毎度のことですがWindows Updateを経由して大型アップデートが実施される際に、タイムラグみたいなのが発生し、運が悪いと何週間かアップデートが降ってこない、ということもあります。「そういうのはイヤ!」という人には、ノーリスクとは言いませんが比較的安全に、そして一足早く大型アップデートを手に入れられるので、あくまで自己責任ではありますが、悪くない方法だと思います。

なお、Windows 10 October 2018 Updateですが、

Windows 10 October 2018 Update
「ダークテーマ」の適用によって、エクスプローラーが黒くなったり、

Windows 10 October 2018 Update
Cortanaの機能が拡張され、よりリッチな表示になったり、

Windows 10 October 2018 Update
Your PhoneアプリによってAndroidスマホやiPhoneとのデータ連携がよりスムーズになったりと、多くの新機能が搭載されるようです。なお、英語のみですが、下記のサイトにOctober 2018 Updateの新機能がまとめられています。

Windows 10 October 2018 Update: The complete changelog:Windows Central
※なお、この記事で使用している画像も、リンク先から引用させてもらっています

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑