WideVineについて - Android端末を購入するなら知っておくべき著作権保護の基準

WideVine TOP
こんにちは、輪他です。今回は、「NetFlix」や、「Amazon Prime」など、インターネット上の映像配信サービスにおいて適用される、AndroidタブレットやスマートフォンのDRM(著作権保護機能)、WideVineの解説をしていきます。

スポンサーリンク

1.WideVineの仕組み、適用の基準について

Widevineは、Chromium系OSやAndroid端末など、Google系の端末やブラウザに使用されている技術です。端末のメーカーと、消費者の両方が使用料を支払う必要がなく、完全に無料で使えるサービスとして運用され、50億以上の端末で利用されています。

WidevineにはL1(Level 1)から、L3(Level 3)の3つのセキュリティレベルが存在し、それぞれのレベルで、再生できる映像コンテンツが指定されます。

L1のセキュリティレベルを保持しているスマートフォンは、L2,L3を保有している端末よりもよりセキュリティ上の評価が高く、コンテンツをより制限なく楽しむことができます。

なお、先述の通り、WideVineが適用される端末はAndroid端末のみであり、iOS端末は対象ではありません。iOS端末では、基本的にはどの端末でもHD再生が可能となっているようです。

2.WideVineが影響する主なサービス

WideVineのセキュリティレベルは、主に動画のサブスクリプションサービスにて大きく影響してきます。

NetFlix

NetFlixでは、L1,L2のセキュリティレベルに対応している場合、HD画質(720P)以上の再生が可能となります。 ちなみに、WideVineとは関係のない話ですが、Android端末でNetFlixのHDR再生を行いたい場合は、NetFlixが指定する有名メーカーの端末を利用する必要があります。Netflixの公式ページ上にて指定端末のリストが提示されていましたので、HDR再生を行いたい場合はご確認ください。

スポンサーリンク

Amazon Prime

Android端末で、Amazon primeビデオをHD画質以上で再生したい場合は、セキュリティレベルがL1である必要があります。ただ端末によっては、L1に対応していても、HD画質以上での再生ができない場合もあるようです。Amazon公式からの情報はありませんが、おそらく、Amazon primeビデオをHD再生する場合には、L1に対応し、さらに、Amazonからの認証を獲得した端末を使用する必要があるんだろうと思われます。

その他

YoutubeやAbema TVなどは、L3のみの対応の端末でもHD再生を行うことができました。

現状、輪他が契約しているサブスクサービスはAmazon Primeと、NetFlixだけですので、この二つ以外のサービスの情報がありません。もし、HuluやDazn、Disney+など、その他のサブスクサービスをご契約されている方で、検証できる方がいらっしゃいましたら、ぜひ、下のコメント欄にてご報告いただければ幸いです。確認でき次第、記事に追記していきます。

3.WideVineセキュリティレベルの確認方法

WideVineのセキュリティレベルは、Google Playにて公開されているDRM Infoというアプリで確認できます。

WideVine セキュリティレベル

クリックで拡大します

上の画像は、DRM infoで確認した、Xiaomi BlackShark 2のWideVine情報です。下から三番目の「Security Level」を項目を見ると「L3」と表記されていますので、この端末のセキュリティレベルがL3であることが確認できます。

4.まとめ

Android端末の実機レビューでも、あまり意識されていないWideVineですが、動画視聴を主な目的として端末を購入する場合、間違いなく確認する必要のある情報だと思います。

手持ちの端末で確認した限り、L1に対応している端末はSONYやSumsung、Huaweiなど、有名メーカーの端末のみで、低価格な中華端末でL1を保持している端末はほとんどありませんでした。

ただし、WideVineが適用されるサービスは有料の動画サービスのみであり、YoutubeなどはL3の端末でもFull HDでの再生が行えますので、サブスクの動画サービスを利用しない人にとっては意識する必要はありません。

5.関連リンク

WideVine : 公式サイト(英語)

スポンサーリンク