毎年恒例の「HPの福袋2021」にアイテム追加!なにげに激安モデルが含まれているような気が…。

HPの福袋2021
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。年末年始の恒例行事「HPの福袋」については、先日ウインタブで紹介記事を掲載していますが、その後アイテムが追加されました。HPの福袋のいいところは「頑張って調べれば高い確度で中身を予想できる」という点ですね。予想するのが簡単すぎてもつまらないし、難しすぎると購入を諦めてしまうことになります。さすが恒例行事だけあってこのあたりの設定が素晴らしいと思います。

スポンサーリンク

なお、この記事ではノートPCの追加アイテムについてご案内しています。その他の中身予想については下記の記事をご覧下さい。
「HPの福袋 2021」が販売開始!ノートパソコン福袋の中身を予想してみます。今回もお買い得ですよ!

HPの福袋ページはこちらです。

個人向けPC:
HPの福袋 2021icon:HP

法人向けPC(個人ても普通に買えます):
2021 パソコン福袋
icon

1.銀の福袋にバリエーション追加

HPの福袋にバリエーション追加

クリックで拡大します

HPの個人向けノートPC福袋には「金」と「銀」がありますが、「銀」のほうにたくさんのモデルが追加されました。「いぶし銀(4モデル)」と「全部盛り銀(2モデル)」ですね。先日の記事で「銀」はこれだと予想しましたが、ひょっとすると「ニューモデルかもしれん…」。

ニューモデルかもしれない、という根拠はこれです。

追加された銀6モデルについては「アクティブペン同梱」ということが明記されていて、しかもそのペンは最新モデルである「HP MPP アクティブペン」なんですよね。ただし、以前からあった銀2モデル(イエナカノート銀の福袋、モバイルノート銀の大漁福袋)にはアクティブペン同梱が明記されていません。ウインタブが予想している製品は旧モデルだとアクティブペンは「Spectre アクティブペン」が、ニューモデルだと「HP MPP アクティブペン」が同梱されることになっています。

また銀の福袋PC(以前からあったものと追加されたものすべて)に搭載されているCPUは「第10世代Core i5/Core i7」ですが、Core i5の内蔵GPUがIntel UHD Graphics、Core i7の内蔵GPUがIris Plusという記載になっていましたので、旧モデルの「Core i5-10210U/Core i7-10510U(ともにComet Lake)」ではなく、「Core i3-1035G1/Core i7-1065G7(ともにIce Lake)」と思われます。特にCore i7モデルの場合、Comet LakeかIce Lakeかでグラフィック性能に結構な差が出るはずです(Ice Lakeのほうが高性能)。で、ニューモデルのうち、筐体色がナチュラルシルバーのものはCPUがIce Lakeなんです…。

スポンサーリンク

これらを踏まえると、「ニューモデルと考えていいんじゃないかなあ」とは思いますね。ただ、さすがに読者に対して断定することはできません。だって、ニューモデルだとしたら激安ですよ、これ。

銀の福袋の中でどれが一番いいのか、というのはなんとも言えません。ただ、私なら一番高いやつ(オフィス付き全部盛り銀のホームノートPC福袋【1TB】)にすると思います。金額は張りますが、GPUがIrisのCore i7搭載でRAM16GB、ストレージ1TBと余裕の容量、アクティブペンが付属してさらにOfficeもセットされるということなので、「非ゲーミングノートとしてはこれ以上は不要」と感じるくらいの構成です。

2.法人向けPCにも福袋が!

ご存知かと思いますが、HP Directplusはサイト内で個人向けPCと法人向けPCが別の扱いになっています。ということで福袋のページも個人向けと法人向けで別々に存在します。また、HP Directplusでは個人顧客も普通に法人向けPCを購入することができます。

HPの福袋にバリエーション追加
法人向けPCの福袋のうち、ノートPCはこの1機種のみです。エントリークラスのスタンダードノートですね。価格の割にスペックは悪くありません。CPUのAMD 3020eはウインタブでレビューしたことはありませんが、2コアながらPassmarkが公表しているベンチマークスコアは2,650と、Celeron N4100(Passmarkスコア2,468)とほぼ同じです。また、ストレージもHDDではなくSSDになっていますので、あくまでエントリークラスではありますが、そこそこの実力を見せてくれそうです。

おそらくこれiconだと思います(保証はできません)。コストパフォーマンスという点では「余裕で買い」でいいと思います。ただし、ウインタブ読者のメインPCとしては力不足なので、サブ機とかリビングルーム用の共用機、という位置づけになるでしょうね。

それと、私の予想が正しいという前提だと、ウインタブ読者クーポン(4%OFF)を使えますので、福袋よりも読者クーポン使用後の価格のほうが若干安くなるんですよね…。この点はご注意下さい。なお、ウインタブ読者クーポンを獲得するには、こちら

ウインタブ専用リンク(クーポン)_法人向けPC

にアクセスしていただき、その後該当製品のページにアクセスするだけです。詳しくはこの記事をご覧ください。

3.まとめ

いかがでしょうか?この記事ではノートPCに絞ってご紹介しましたが、個人向け、法人向けともデスクトップPCの福袋があり、個人向けに関してはオールインワンPCやモニターの福袋もラインナップされています。

冒頭にも書かせていただきましたが、HPの福袋は「少し頑張って調べれば中身が予想できる」くらいの、適度な難易度になっていると感じますので、予想するだけでも楽しいですし、予想の結果「おお、安い!」となれば購入してしまってもいいと思います。年末年始休暇中にいろいろと調べてみて下さい。

4.関連リンク

個人向けPC:
HPの福袋 2021icon:HP

法人向けPC(個人ても普通に買えます):
2021 パソコン福袋
icon

スポンサーリンク