Lenovo IdeaPad S540 (14) - Whiskey LakeとRyzenを選べる14インチ。高品質と激安価格を両立してます!

公開日: : Lenovo , ,

Lenovo IdeaPad S540(14)
LenovoがIdeaPadシリーズの14インチノート「S540(14)」を発売しました。S540には15.6インチモデルもあり、そちらが先行して発売されていましたので、今回は「モデル追加」ということになります。IdeaPadの14インチということでは先ほど「S340(14)」の紹介記事を掲載したばかりですが、このS540はS340の上位モデルに位置すると思われ、少し高級です。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo IdeaPad S540(14)
S540もS340と同様、Intel版とAMD版があり、Lenovo直販サイトでは製品ページも別々ですが、CPU以外の相違点が見当たらず、外観も同じなのでまとめて紹介します。

Intel版のCPUはWhiskey LakeのCore i3/Core i5/Core i7で、S340のようにPentiumを搭載するモデルはありません。AMD版についてもRyzen 5/Ryzen 7のみとなります。

RAMはCore i3モデルのみ4GB、それ以外はすべて8GBです。ストレージもCore i3モデルのみ128GB SSD、RyzenモデルとCore i5モデルが256GB/512GB SSDを選べ、Core i7モデルはなんと1TB SSDのみです。IdeaPadシリーズは注文時に構成のカスタマイズができないため、特にCore i3モデルは「RAM4GB/ストレージ128GB」しか選択肢がない、ということになります。「Core i3地位向上委員会」でも作りましょうかね…。

ディスプレイは14インチのFHD解像度、IPS液晶です。S340ではTN液晶のみでしたが、さすがは上位モデル、ウインタブも個人的に安心のIPS液晶になっています。

入出力ポートはS340と全く同じで、特に充実しているほうとは言えませんが、必要最低限のポート数は確保されていると思います。また、S340同様、SDカードリーダーがフル規格なのもうれしいところ。

バッテリー稼働時間にばらつきがありますが、AMD版は10時間、Intel版は14時間、という相違があります。こうしてみると、やっぱりRyzenって消費電力が大きめなんですね。

サイズはS340に近いですが、若干異なっていますので、筐体を共用しているわけではありません。14インチとしてはタテ・ヨコサイズも小さめです。また、重量は1.5 kgと、モバイル利用も可能(少し重いですけど)な水準です。

2.筐体

Lenovo IdeaPad S540(14)
IdeaPadシリーズは筐体デザインに統一感をもたせているので、ちょっと見た感じだとIdeaPad S340を始めとする他のIdeaPadシリーズとは見分けがつかないくらいに似ています。S540はタテ・ヨコサイズをコンパクトに仕上げているので、ベゼルも細く、スタイリッシュに見えます。

スポンサーリンク

Lenovo IdeaPad S540(14)
天板です。やはり他のIdeaPadシリーズと同じデザインです。クセのないものになっているので、使う人を選ばないでしょうね。筐体素材は「アルマイト加工のアルミニウム」で、筐体色はIdeaPadシリーズではおなじみの「ミネラルグレー」です。

Lenovo IdeaPad S540(14)
キーボードです。この画像は指紋センサーの説明用なので、指のイラストがついていますが、これは実際にはありません。画像は英語配列になっていますが、日本向けには「84キー(Fnキー+Windowsキーを含む)、JIS配列」のものが装備されます。また、S340とは異なり、バックライトもついています。

キーボード面の左右にスピーカーが見えます。見るからに「いい配置」ですよね?この製品は「Dolby Audio Speaker System」も搭載していますので、音楽鑑賞なども楽しめそうです。

Lenovo IdeaPad S540(14)
入出力ポートの配置です。S340とほぼ同じですね。また、「Novoボタン(詳しくはこちら)」もあります。

3.価格など

Lenovo IdeaPad S540(14)は5月18日現在、AMD版が販売中、Intel版は5月21日に直販スタートとなる予定です。Intel版の価格は不明ですが、AMD版の価格は税込み60,329円から、となっています(5月18日現在のセール価格)。60,329円モデルのシステム構成は「Ryzen 5/RAM8GB/256GB SSD」なので、「カスタマイズ不要の上級ノート」と評価してもいいと思います。

Intel版については価格情報がありませんので、コメントを控え、AMD版についてのみ述べます。第2世代のRyzen 5/Ryzen 7を搭載し、RAMとストレージ容量も十分、ディスプレイもIPS液晶・FHD解像度ということなので、ビジネスにせよプライベートにせよ、ほとんどの操作が快適にこなせると思います。また、アルミ筐体を採用し、スピーカーの配置も凝っているなど、少し高級感も感じられる仕上がりだと思います。

…これで6万円ですよ。モバイルノートとしてみた場合、重量がもう少し軽ければ…というのはありますけど、それにしても安いですよね。特にここ最近リリースされるIdeaPadはみんなこんな感じです。ほんとに「コスパモンスター」って思います。

4.関連リンク

IdeaPad S540 (14, AMD)
IdeaPad S540 (14, Intel)

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑