Lenovo Ideapad 530S - Ryzenも選べる!14インチ、高性能でバリューな価格のモバイルノートが新登場!

公開日: : Lenovo , ,

Lenovo ideapad 530S
Lenovoが新しい14インチサイズのノートPC「ideapad 530S」を発売しました。確認してみたところ、かなりの良スペック、そしてかなりのお買い得マシンだと思いました。なお、この記事のタイトルに「モバイルノート」という表現を使っていますが、これはこの製品の重量が1.49 kgとなっていて、ウインタブでモバイルノートとしての利用が可能と判断したためです。モバイル利用の可否については読者の皆さんのご判断にお任せします。

スポンサーリンク

1.スペック

Lenovo ideapad 530S
ideapad 530Sには製品ページが2つあります。Intel版とAMD版です。デザインやサイズ等は両者同じなので、まとめて紹介します。Intel版、AMD版ともなかなかのスペックですよ。

CPUはIntel版が第8世代(Kaby Lake R)のCore i5とi7、第8世代ながら開発コードネームはKaby LakeのままのCore i3-8130Uが搭載されます。なお、Core i3-8130Uについては侮れないくらいの実力がありまして、

Core i3-8130U: 5,217
Core i5-8250U: 7,661
Core i5-7200U: 4,638
Core i3-7100U: 3,824
※7月14日現在のPassmark公表値、数値が大きいほうが高性能

このように、(あくまでPassmarkの公表値ですが)第7世代のCore i5をしのぎます。

また、Ryzen版に関してはRyzen 5 2500UとRyzen 7 2700Uが搭載されますが、一応Passmarkのスコアを掲載しておきましょう。

Ryzen 7 2700U: 7,558
Ryzen 5 2500U: 7,626
Core i7-8550U: 8,326
Core i5-8250U: 7,661

なんか明らかにRyzen 7のスコアがおかしい気がしますが、一応「サンプル数25」あるようなんですよね…。Passmarkのスコアだとあまり振るいませんが、Ryzen 5はCore i5、Ryzen 7はCore i7と競合する性能だとは思います。

次にRAMとストレージの構成ですが、ideapadシリーズはThinkPadシリーズと異なり、注文時に構成のカスタマイズができないレディーメードの製品となりますので、選べる構成は下記のとおりです。

Intel版:
 Core i3/RAM4GB/128GB SSD
 Core i5/RAM8GB/256GB SSD
 Core i7/RAM8GB/256GB SSD
Ryzen版:
 Ryzen 7/RAM8GB/512GB SSD(未発売)
 Ryzen 5/RAM8GB/256GB SSD

いずれもSSD専用となり、Core i3モデルを除けばRAMも8GBあります。価格については後述しますが、比較的購入しやすい水準に抑えられており、「かなりのバリューモデル」だと思います。

ディスプレイは全モデル14インチのIPS液晶、FHD解像度です。ウインタブとしては個人利用のPCだと「IPS液晶とSSD」が望ましいと思っていますので、この構成は素晴らしいと思います。

入出力ポートに関してはモバイル利用が可能な14インチとしては「並み」くらいだと思います。有線LANポートだとか、USBをあと一つ、とかワガママを言いたくなりますが、まあ、これで十分でしょうね。

サイズについては記事の冒頭で書いた通り、「モバイルノートとみなしてよし」だと思います。あとは重量1.49 kgというのを読んだ人がどう判断するか、ということでしょう。

2.筐体

Lenovo ideapad 530S
ideapadシリーズは筐体のデザインコンセプトを統一化しているようで、シンプルでクリーンなものになっています。また、14インチで横幅323.4 mmと小さめなので、ベゼル幅も細くてなかなかスタイリッシュです。

スポンサーリンク

Lenovo ideapad 530S
天板もシンプルですね。筐体色というか天板色は「ミネラルグレー」のみとなります。なお、素材については「アルミ仕上げ」という説明がありました。

Lenovo ideapad 530S
最近のLenovo製品の多くが採用している、「ヒンジ180度開口」の筐体です。これって必須の機能ではないんですけど、あれば確実に便利です。

Lenovo ideapad 530S
Lenovo ideapad 530S
キーボードもideapadシリーズで共通のデザインですね。この画像は英語配列ですが、日本向けには「84キー、JIS配列、バックライトつき」のものが用意されます。また、ちょっと残念ですが、指紋センサーの装備はありません。

Lenovo ideapad 530S
側面と入出力ポートの配置です。最近はモバイルノートでSDスロットやHDMIポートにmicro規格を使っているものがありますが、この製品はすべてフル規格になりますので、ビジネス利用でも便利だと思います。

3.価格など

Lenovo ideapad 530SはLenovo直販サイトで販売中で、7月14日現在のセール価格は下記のとおりです。

Intel版:
 Core i3/RAM4GB/128GB SSD:56,700円
 Core i5/RAM8GB/256GB SSD:74,066円
 Core i7/RAM8GB/256GB SSD:99,922円
Ryzen版:
 Ryzen 7/RAM8GB/512GB SSD(未発売)
 Ryzen 5/RAM8GB/256GB SSD:72,995円

いやこれ安いでしょ!Intel版のCore i5モデルはウインタブの「上級モバイルノート勝手基準(Core i5/RAM8GB/256GB SSD/FHDディスプレイ」を満たす構成で74,066円ですし、Ryzen版にしても72,995円ですから。また、Core i3モデルはRAMとストレージ容量が小さくなってしまうものの、FHDディスプレイにSSD搭載で56,700円です。

重量が少しばかり重い、というのに目をつぶれば超お買い得なモバイルノートって言えると思いますよ。

関連リンク(Lenovo)

 Ideapad 530S (インテル)
 Ideapad 530S (AMD)

スポンサーリンク

Comment

  1. E=mc^2 より:

    RYZEN 7モデル、¥93,296だそうで

    …i7モデルSSD256なの?Lenovoどうしちゃったの?なんかえらくRYZEN売る気満々に見える…

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑