Lenovo アクシデント・ダメージ・プロテクション(ADP)- わずか4,000円弱でユーザー過失による故障や盗難・紛失も保証対象に!

ADP紹介記事
こんにちは、かのあゆです。先日イオシスで購入したゲーミングノート「Legion 550i」で「アクシデント・ダメージ・プロテクション」に加入しましたので、制度内容について簡単にご説明します。アクシデント・ダメージ・プロテクションは、購入から90日以内であれば加入でき、メーカー保証に加えて、通常は保証対象外となる「自然災害」や「落下」「盗難」なども保証対象になる有償のサービスです。

スポンサーリンク

1.保証される内容

ADP 追加保証内容
アクシデント・ダメージ・プロテクションで保証される内容は通常のメーカー保証で受けられる自然故障のほか、

・ユーザー過失による故障(落下、水こぼし)
・盗難、紛失(対応は1回までで条件あり。後述します。)
・自然災害による故障
・火災による保証

が追加されます。盗難・紛失に関しては代替機に交換可能なのが1回までとなり、警察へ盗難・紛失届を出した後、Lenovoに代替機提供依頼を提出する必要がありますが、「電車に置き忘れてしまった」「目を離している隙に盗難に遭ってしまった」というケースが多いノートパソコンの場合、たとえ1回でも代替機が送られてくるのは安心できると思います。

また通常のメーカー保証ではカバーされないユーザー過失による故障も保証対象になるのも安心できるポイントです。「キーボードにジュースや水をこぼしてしまった」「本体を落下させてディスプレイを割ってしまった」という不幸な事態は十分起こりうることですよね?

ただし、アクシデント・ダメージ・プロテクション加入前にすでに故障してしまっている場合や、すでに修理依頼・修理提供を受けている場合、商品の通常の消耗などは交換保証対象外となるため、この点は注意が必要です。

2.実際に加入してみた

購入したLegion 550iは「未開封品」だったので、アクシデント・ダメージ・プロテクションに加入が可能でした。持ち運びもできるノートパソコンということで盗難や液晶破損などのリスクを考えると入っておいた方がいいと考え、実際に加入してみました。

Lenovo Vantage

クリックで拡大します

加入手続きはWEBサイト上でも行えますが、本体のシリアル入力を行う手間を考えるとプリインストールされているソフトウェア「Lenovo Vantage」の「保証とサポート」からの加入がお勧めです。ここから現在の保証の状態も確認できます。画面内の「オプションの確認」で追加保証プランの確認・加入が可能です。

ADP

クリックで拡大します

「オプションの確認」を開くと詳細ページが表示されます。この中から「アクシデント・ダメージ・プロテクション」を選択します。この記事の執筆時点ではLegion 550iの場合、1年保証で3,831円となっていました。

スポンサーリンク
ADP

クリックで拡大します

カートにチェックインすると見積合計が表示されるので、「お支払い」をクリックします。

ADP

クリックで拡大します

次に住所や連絡先を入力します。

ADP

クリックで拡大します

支払い方法を選択します。支払い方法は銀行振り込み、JACCSショッピングクレジット、クレジットカードのいずれかを選択できます。

ADP

クリックで拡大します

最後に注文内容の確認が表示されるので、入力した情報に間違いがないか確認した後「注文を確定する」をクリックします。これでアクシデント・ダメージ・プロテクションの加入が完了しました。Lenovo VantageやWEBサイトのサポートページで保証状態が更新されるまで1日かかりますが、これで通常保証のほか、ユーザー過失による故障や盗難補償も1年間有効になります。

3.まとめ

「何事もなければよい」のは間違いありませんが、ノートパソコンの場合、持ち運べる関係で不慮の故障や盗難に遭ってしまう可能性は「0」ではありません。今回加入したLenovoのアクシデント・ダメージ・プロテクションはそんな「万が一」の時も安心できる延長保証サービスです。

中古PCの場合加入することができませんが、新品購入であれば今回のLegionに限らず、ThinkPadやThinkCentre、IdeaPadでも加入可能です。価格もそこまで高くはないので、万が一のことを考えると購入時一緒にカートに入れておいても損はありません。これでLegion 550iをより安心して使うことができるようになりました。

今回はLenovoのサービスについてご説明しましたが、他社でも類似の延長保証・拡張保証サービスメニューが用意されているケースが多いです(例:ASUSのあんしん保証など)。新品のPCを購入される際には加入を検討されることをおすすめします。

4.関連リンク

アクシデント ダメージ プロテクション:Lenovo

スポンサーリンク