HUAWEI MateBook X Pro 2021 - 13.9インチのハイエンドな薄型モバイルノート、エメラルドグリーンが美しい!

HUAWEI MateBook X Pro 2021
HUAWEIがハイエンド・モバイルノート「MateBook X Pro」の2021年モデルを発表・同日より発売しました。製品のサイズこそ2020年モデルと同じですが、CPUをはじめ各パーツがリニューアルされ、筐体色も「エメラルドグリーン」に変更されましたので、新鮮な印象になっています。

スポンサーリンク

なお、MateBook X Proの2020年モデルはウインタブで実機レビュー済みです。こちらもあわせてご覧ください。
Huawei MateBook X Pro 2020の実機レビュー - 高クオリティのディスプレイ、キーボード、サウンドが高級感のあるデザインにつまった、満足度の高いモバイルノート

1.MateBook X Pro 2021 スペック

  Huawei MateBook X Pro 2021
OS Windows 10 Home
CPU Intel Core i7-1165G7
外部GPU なし
RAM 16GB LPDDR4x
ストレージ 1TB NVMe PCIe SSD
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.9インチLTPS (3,000×2,000) タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 USB Type-C x 2、USB 3.2 Type-A、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(1MP)
バッテリー 56Wh(最大10時間)
サイズ 304 × 217 × 14.6 mm
重量 約1.33kg

バリエーションモデル

7月13日の発表時点では上記スペックのみの単一バリエーションです。

ポイント

・13.9インチで解像度3,000 × 2,000のタッチ対応ディスプレイはsRGB100%の発色性能
・第11世代Core i7/RAM16GB/1TB SSDと、モバイルノートとしてはハイエンドな性能
・4スピーカー搭載で臨場感・没入感あるサウンド
・スマホとの連携が一段と強化(ただし、HUAWEIの一部スマホのみ対応)
・薄型でエメラルドグリーンの美しい筐体

2.MateBook X Pro 2021 筐体

HUAWEI MateBook X Pro 2021
2020年モデルと同様、3,000 × 2,000の高精細なLTPSディスプレイを搭載しています。アスペクト比(画面の縦横比)は3:2とやや縦方向に長く(Microsoft Surfaceシリーズと同じ形状)、タッチ対応、sRGB100%の発色性能を誇ります。ベゼル幅は4辺とも非常に細く、没入感を高めてくれるでしょう。

HUAWEI MateBook X Pro 2021
また、Webカメラは上部ベゼルではなく、キーボード面にあり、格納式です。上部ベゼルをスッキリさせるという点では素晴らしいのですが、ZoomなどのWeb会議では「ちょっと人相が悪くなりそう」ですね。

HUAWEI MateBook X Pro 2021
天板です。やはり目を引くのは「エメラルドグリーン」の筐体色です。個性的な色ですが、MateBook X Pro 2021にはこれ以外の筐体色の設定はありません。ちょっと好みがわかれるかもしれませんね。なお、筐体素材については「メタリックボディ」という説明があり、エッジ部分にはダイヤモンドカットが、表面にはサンドブラスト加工(手触りを良くするために、表面をわずかにざらつかせる加工)が施されます。

スポンサーリンク

HUAWEI MateBook X Pro 2021
キーボードです。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は「バックライト付きフルサイズ日本語キーボード」と開示されています。キーピッチ、キーストロークの開示はないものの、この画像を見る限り十分に余裕があるサイズと思われます。また、右上の電源ボタンは指紋センサーも兼ねています。

HUAWEI MateBook X Pro 2021
側面と入出力ポートの配置です。USB Type-Cポートは規格が開示されていませんが、データ伝送速度が40Gbpsということなので、「USB4」と思われます。筐体が非常に薄型なのは歓迎できるとして、ポート数は少々少なめですよね?

HUAWEI MateBook 13
しかし、MateBook X Pro 2021にはMateDock2というドッキングステーション(多機能ハブ)が標準で付属します。「USB 3.0 Type-A x 1、USB 3.1 Type-C x 1、HDMI x 1、VGA端子 x 1」を備えていますので、本体のポート不足をしっかり補ってくれるでしょう。

HUAWEI MateBook X Pro 2021

クリックで拡大します

MateBook X Pro 2021はスピーカーも優秀です。4スピーカーを搭載していますので、(スピーカーの数さえ多ければいいというわけではありませんが)臨場感のあるサウンドを聴かせてくれると思います。

HUAWEI MateBook X Pro 2021
外部GPU非搭載機とは言え、これだけのハイスペックマシンなので、オンラインゲームや動画編集などにも使ってみたくなります。MateBook X Pro 2021は2基のファン(デュアルシャークフィンファン)を搭載し、高い排熱効率と静粛性を実現していますので、高負荷な作業でも安心できそうです。

HUAWEI MateBook X Pro 2021
HUAWEI PCではおなじみの「Huawei Share(スマホとの連携機能)」も一段とレベルアップしたとのこと。ただし、この機能はEMUI 11(HUAWEIのスマホ用独自UI)を搭載する一部のHUAWEIスマホでないと対応しませんので、すべてのユーザーが恩恵を受けられるわけではありません。

3.MateBook X Pro 2021 価格など

HUAWEI MateBook X Pro 2021は7月13日の発売で、Amazonでの価格は税込み274,518円(製品ページに7月22日まで有効の20,000円OFFクーポンあり)、ビックカメラでは税込み274,780円(ポイント10%つき)でした。

クーポンやポイントを考慮しても25万円前後と、さすがに結構なお値段にはなりますね。薄型で美しいデザイン、ハイエンドなCPU/RAM/ストレージ、高精細で発色の良いディスプレイを備える製品なので、高負荷な作業をこなすビジネスマンやクリエイターのメインPCとして、いい仕事をしてくれそうです。

4.関連リンク

HUAWEI MateBook X Pro 2021:HUAWEI公式サイト 製品紹介
HUAWEI MateBook X Pro 2021:Amazon
HUAWEI MateBook X Pro 2021icon:ビックカメラ

スポンサーリンク