VOYO VBook V1 - ありそうでなかった10.1インチキーボード非分離型 2 in 1

VOYO VBook V1
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。キーボード非分離・ディスプレイ360度回転型の2 in 1は日本でも多く販売されていますし、最近は中国製品も増えています。しかし、このたぐいの製品はディスプレイサイズが11.6インチかそれ以上(特にLenovoが熱心です)のものがほとんどです。今回紹介する「VOYO VBook V1」は10.1インチサイズの小型、軽量な2 in 1ですが、このジャンルでこのサイズ、ありそうでなかったんですよね。

スポンサーリンク

1.スペック

OS: Windows 10
CPU: Intel Atom X5-Z8300
RAM: 4GB
ストレージ: 64GB
ディスプレイ: 10.1インチIPS(1,280 x 800)
ネットワーク:  802.11 b/g/n/、Bluetooth
カメラ: インのみ2MP
入出力: USB 3.0、USB 2.0、miniHDMI、オーディオ、microSD、電源
バッテリー: 8,000mAh、最大6時間
サイズ: 250 x 180 x 13 mm / 重量 790 g

補足します。基本的に11.6インチサイズの中国タブレット(2 in 1)とほぼ同じスペックになっています。CPUはCherryTrailのAtom Z8300、RAMは4GB、ストレージは64GBと、このクラスとしては十分な内容ですね。ディスプレイは1,280 × 800で、標準的なものではありますが、ハイスペックにしたがる中国製品としては若干不満に感じられます。

入出力ポートはUSBポートが2つ(うち1つはUSB 3.0)にHDMIと、このクラスとしては十分な構成です。また、サイズは10.1インチらしくかなり小ぶりですし、キーボード込みで重量790 gというのも非常に魅力的です。

なお、この製品にはLTEモデルも存在しますが、日本で大手を振って使うことができないので説明は省略します。

2.筐体

VOYO VBook V1 テントモード
VOYO VBook V1 背面
筐体を見た感じ、「普通の」キーボード非分離・ディスプレイ360度回転型の2 in 1ですね。

スポンサーリンク

VOYO VBook V1 4つのモード
お約束の「4つのモード」も可能です。

VOYO VBook V1 サイズ感
しかし、10インチサイズということで、かなり取り回しがラクそうです。また、カラーは「ローズゴールド」「シャンパン」「シルバー」「グレー」の4色から選べます。これ、かなりいいかも…。

VOYO VBook V1 手書き入力
海外サイト「BEST CHINA TABLETS」によると、この製品は256段階の筆圧に対応した手書き入力が可能、とのことです(スタイラスは別売)。ただし、中国製品の場合、筆圧に関する記述はいまいち信用できないのと、256段階、という時点でワコム製のデジタイザー搭載ではない、と思われます。もし筆圧が購入の要件になる場合は、情報をしっかり収集してからにしましょう。

3.価格など

VOYO VBook V1は海外通販サイト「GEARBEST」で現在プレセール(予約販売)中で、プレセール終了は3月15日なので、配送はそれ以降になります。価格はWi-Fiモデルが242.86ドル(29,568円)、LTEモデルが289.24ドル(35,215円)となっています。ちなみにLTEモデルは電波法の関係で日本で使うと違法になりますし、バンド1には対応しているようですが、海外製品のため、問題なく動作する保証はありませんので注意して下さい。というかLTEモデルは諸般の事情からおすすめしません。

10.1インチのキーボード非分離型2 in 1、いいですね。私はかなり気になります。3万円切り、ということなら検討の余地はあるかもしれませんね。

4.関連リンク

VOYO VBook V1 WiFi Ultrabook Tablet PC:GEARBEST
※海外通販で買物をする場合は通販サイトの取引ルールをよく確認してからにしましょう。

スポンサーリンク

コメント

  1. トシ より:

    忘れ去られるラスボス
    Let’s Note RZ

  2. 匿名 より:

    はじめまして、いつも楽しく記事を拝見しております。

    ところで本記事のVBook V1について、サイズと軽さに魅力を感じまして
    注文していたものが本日手元に届きました。

    さっそく手に取ってみるとずいぶん重く感じたので、790gはさすがに盛ってるとして
    実重量はどのくらいなんだろう? と軽い気持ちで重量測定してみたところ、
    1010gなどという大変ステキな数値が表示され、目下悲嘆に暮れているところです。

    また、最薄部はたしかに13mm前後ですが、最厚部は20mmほどある感じで
    流石は大陸クオリティだなあ、とここまで来ると感心してしまいました。

    海外通販の怖いところでもあり楽しさでもありますね、などと強がりをつい言いたくなります。

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。それはひどい…。確かに790gというのは多少盛ってる気はしますけど、1キロ超えはないですよね。今度から記事を書くときに注意喚起の一文を入れるようにします。でも製品そのものはかなりよさ気な気がしますけど、どうですか?