UMIDIGI BISON 2シリーズ - 街なかでも違和感のないタフネススマホ、BISONのニューモデル。発売記念セールでお買い得価格に!

UMIDIGI BISON 2シリーズ
UMIDIGIがタフネススマホのニューモデル「BISON 2シリーズ」を発売します。UMIDIGIのBISONはエントリーモデル「BISON X10シリーズ」や5G対応の「BISON GT2シリーズ」など、多彩な機種がありますが、今回ご紹介する「BISON 2シリーズ」は5G非対応のミッドレンジモデルです。

スポンサーリンク

1.BISON 2シリーズ スペック

スペック表

  BISON 2 / 2 PRO
OS Android 12
CPU MediaTek Helio P90
RAM BISON 2:6GB
BISON 2 PRO:8GB
ストレージ BISON 2:128GB
BISON 2 PRO:256GB
ディスプレイ 6.5インチ(2,400 x 1,080)
LTEバンド FDD-LTE: B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17
18/19/20/25/26/28/66
TDD-LTE: B34/38/39/40/41
SIM nanoSIM x 2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C、microSDカード、イヤホンジャック
カメラ イン24MP/アウト48MP+16MP+5MP
バッテリー 6,150 mAh
サイズ 172.07 x 83.82 x 12.9 mm
重量 280 g

バリエーションモデル

BISON 2:RAM6GB/ストレージ128GB
BISON 2 PRO:RAM8GB/ストレージ256GB

コメント

OSは現時点で最新となるAndroid 12でCPUはHelio P90です。Helio P90はやや古い5G非対応の型番ですが、Antutu Ver.8のスコアが約21万点(Ver.9だと25万点くらい?)をマークしますので、「ミッドレンジクラスの下のほう」くらいの性能です。しかし、最近のAndroidのゲームは大容量でグラフィック品質も向上しているので、原神とかAPEX Legendsなどの人気タイトルを最高画質でプレイするのは難しいでしょうね。

RAMとストレージはBISON 2(無印)が6GB/128GB、BISON 2 PROが8GB/256GBです。スペック表の上ではRAM/ストレージ容量のみがBISON 2と2 PROの相違点です(後述しますが、筐体デザインは異なります)。

ディスプレイは6.5インチのFHD+解像度です。この製品は発売記念セールで200ドル以下で購入できますが、タフネススマホはミッドレンジ機でもディスプレイがHD+解像度にとどまっているケースも少なくない中、しっかりFHD+解像度になっている点は歓迎したいですね。

通信バンドは「グローバル」です。5G非対応ながら、日本の主要バンドもカバーされています。

スポンサーリンク

UMIDIGI BISON 2シリーズ
カメラはイン側が24MP、アウト側が48MPのメインカメラに16MPの超広角、5MPのマクロと高画素数です。64MPとか108MPとかではありませんが、数値だけを見れば美しい写真が撮影できそうです。またインカメラ24MPというのはこのクラスの製品としてはかなりの画素数だと思います。

サイズは一般的なスマホよりも厚く、重いですが、これでもタフネススマホとしては薄型・軽量な部類です。

2.BISON 2シリーズ 筐体

BISON 2とBISON 2 PROはRAM/ストレージ容量のほか、筐体背面のデザインが異なります。

UMIDIGI BISON 2シリーズ

UMIDIGI BISON 2シリーズ

クリックで拡大します

こちらがBISON 2です。背面素材が「AG Matte Composite(直訳すると、旭硝子のマットな複合素材)」という、ちょっとよくわからないものになっていますが、おそらくガラスコーティングされたような質感だろうと思います。

UMIDIGI BISON 2シリーズ

UMIDIGI BISON 2シリーズ

クリックで拡大します

こちらがBISON 2 PRO。背面はよりタフネスっぽくゴム系素材が貼られ、少しゴツゴツしたデザインになっています。なお、前面のデザインは共通で、上部中央にパンチホールカメラがあります。

UMIDIGI BISON 2シリーズ

クリックで拡大します

各部名称です。左右にカスタマイズボタン(ユーザーが任意の操作を割り当てることのできるボタン)がありますね。それと、カメラ付近に「Infrared Thermometer(赤外線温度計)」というのがありますので、最近のUMIDIGI製品に見られる「体温が測れる」機能もついているようです。

UMIDIGI BISON 2シリーズ

クリックで拡大します

タフネススマホにしては比較的おとなしいデザインのBISON 2/BISON 2 PROですが、IP68/IP69Kレベルの防水・防塵性能とMIL規格(MIL-STD-810G)の耐久性能があります。

3.BISON 2シリーズ 価格など

UMIDIGI BISON 2/BISON 2 PROは6月27日日本時間午後4時からAliExpress内のUMIDIGI Official Storeにてグローバルセール(発売記念セール)が開催され、セール価格はBISON 2が169.99ドル(約23,400円)、BISON 2 PROが199.99ドル(約27,500円)です。

中華のタフネススマホは「いかにも」なゴツいデザインのものが多く、「だからいいのだ!」という人も少なくないとは思いますが、もうちょっと洗練されているというか、街なかで使っても違和感のないものが欲しい、という人もいるでしょう。このBISON 2シリーズはシステムスペックから見た価格は決して割高ではないと思いますし、デザインも比較的おとなしいものになっていますので、場所を選ばず、必要以上に目立たず(w)に使えそうです。

4.関連リンク

UMIDIGI BISON 2 / BISON 2 PRO:UMIDIGI Official Store(AliExpress)

スポンサーリンク