HP ENVY 15 x360(AMD)- AMD Ryzenを搭載する「黒いENVY」に15.6インチ・コンバーチブル 2 in 1が仲間入りしました

HP ENVY 15 x360(AMD)
HPが15.6インチコンバーチブル2 in 1「ENVY 15 x360(AMD)」を発売しました。ENVY 15 x360には従来からCPUにIntel Core i5/Core i7を搭載する既存モデルがありますが、今回CPUにAMD Ryzen 5を搭載するモデルが追加された、ということです。そして、CPUの変更だけでなく、筐体色も「ENVYといえばシルバー(ゴールドもありますけど)」というイメージから外れた「ダークアッシュブラック」が採用されています。先行販売されているENVY 13 x360(AMD)と同じですね。

スポンサーリンク

1.スペック

HP ENVY 15 x360(AMD)
筐体に関しては既存モデルと全くの同寸です。筐体画像(後述します)だけでは断定できませんが、少なくとも外観上は「色違い」ということだけでしょう。

CPUはAMD Ryzen 5 2500Uです。ウインタブではこのCPUを搭載する製品の実機レビューをしていませんが、Ryzen 3でのレビュー経験を踏まえると、「Ryzen 5はCore i5といい勝負」くらいの処理性能であると考えても大きな問題にはならないと考えます。また、AMDのCPUはグラフィック性能が高いイメージがあります。Ryzen 5はグラフィックチップに「Radeon Vega 8」というのを搭載していて、外部GPU(dGPU、ディスクリートGPU)のようなイメージがありますが、実際は外部GPUではなくCPU内蔵GPU(iGPU)です。

RAMは8GBと16GBを選択可能で、カスタマイズ項目はここだけです。ストレージは256GB SSD + 1TB HDDでIntel CPUを搭載する既存モデルに設定されていた「1TB HDD + 16GB Optaneメモリー」はありません。

ディスプレイは15.6インチのIPS液晶、FHD解像度です。コンバーチブル2 in 1筐体なのでもちろんタッチ対応で、筆圧対応のペン入力にも対応します。ただし、Intel版がスタイラスペン同梱なのに対し、このAMD版はスタイラスペン別売りになっていることには注意が必要です。

入出力ポートはIntel版と同じです。15.6インチモデルなんで有線LANなどもっとたくさんのポートがほしいという気もしますが、ENVYはデザインがスタイリッシュな薄型、ということもありますので、これは難しいところ。ただ、必要なポートは揃っていると思います。

HP ENVY 15 x360(AMD)
もちろんスピーカーシステムはHPお得意のBang & Olufsen。デュアルスピーカーがキーボード面に配され、音質にも期待大です。

冒頭に書いたとおり、サイズはIntel版と全く同じです。横幅が360 mmを切っているというのは15.6インチサイズの製品としては素晴らしいと思います。一方で、この製品は筐体が金属製で非常に高級な雰囲気を持っていることもあり、重量は2.11 kgと決して軽量とは言えません。

2.筐体

HP ENVY 15 x360(AMD)
ご覧のように、左右のベゼルが非常に細くなっていて、とってもカッコいいです。また、筐体色については個人の好みに左右されるので「いいとか悪いとか」は言えませんが、個人的にはブラックの筐体色は引き締まって見えると思います。

HP ENVY 15 x360(AMD)
天板です。中央にあるHPのロゴはSpectreやENVYのみ(法人モデルでも一部使われています)に許されたプレミアムタイプとなります。また色の話で恐縮ですけど、Spectreシリーズの場合は「アッシュブラックが基調色、ゴールドがアクセント色」になっていて、個人的には「黒に金」という配色が好きになれませんでした。しかしENVYの場合ゴールドが使われておらず、Spectreシリーズとはかなり雰囲気が異なりますので、「素直に好き」ですねw

スポンサーリンク

HP ENVY 15 x360(AMD)
他のENVYシリーズと同様、背面には「高級な包丁やナイフにも使われるダマスカス鋼の模様」が施されます。

HP ENVY 15 x360(AMD)
HP ENVY 15 x360(AMD)
コンバーチブル2 in 1なので、このようにテントモード(上の画像)やタブレットモード(下の画像)に変形可能です。この製品はペン入力の性能も高く(同じスタイラスペンを使うSpectreシリーズでの経験によります)、イラスト用途にも十分使えるので、「15.6インチタブレット」というのはありがたいかもしれません。

一方で、このようにフレキシブルな筐体でありながら重量が2キロ越え、というのは日本のPC事情にどのくらい合致するのか、若干心配なところもあります。

HP ENVY 15 x360(AMD)

クリックで拡大します

側面と入出力ポートの配置です。コンバーチブル2 in 1なので電源ボタンと音量ボタンは側面に配置されます。上位モデルである「Spectre x360 15」が非常に凝った造形で、ポート類の配置も独特なのに対し、ENVYのほうは比較的素直な配置になっています。

なお、キーボードの拡大画像は入手できませんでした。メーカーのスペック表によれば「バックライトキーボード(日本語配列、テンキー付き)」で、キーピッチが 約18.7×18.7mm、キーストロークが約1.5mm、JIS標準準拠(105キー)とのことです。コンパクトサイズながらしっかりテンキーを備え、サイズにも余裕があるようです。

3.価格など

HP ENVY 15 x360(AMD)はHP Directplusで販売中で、2月19日現在の価格は94,800円(税込み102,384円)から、となっています。この製品のカスタマイズ項目は「RAMを16GBにする」ことだけ(ただしソフトウェアやペンなど周辺機器のオプションはあります)で、RAMを16GBにするとプラス20,000円(税込み21,600円)がかかります。

また、Spectreアクティブペンは8,000円(税込み8,640円)、傾き検知にも対応するSpectreアクティブペン2は9,800円(税込み10,584円)です。個人的にはRAMは8GBで大丈夫だと思いますが、アクティブペンはセットしたいので、その場合は税込みで11万円強、ということになります。

HPの15.6インチコンバーチブル2 in 1には他に「Spectre x360 15」がありますが、このENVYとはまるっきり別物で、CPUにCoffee LakeのCore i7-8750H、外部GPUにGeForce GTX1050Tiを搭載し、さらにディスプレイは4Kというモンスタースペックで、お値段の方も「ENVYの2倍」なので、予算面で選択に悩むことはないでしょう。ただ、どっちも魅力的ではありますけどね。

4.関連リンク(HP Directplus)

HP ENVY 15 x360(AMD) 製品詳細
icon
※なお、この製品はオプションの構成により税抜きで12万円を越えることがあります。その場合、ウインタブ限定の割引(7%OFF)が受けられます(2月28日まで)。そのため、2月28日まではこちらの専用リンクから製品ページにアクセスしてください(それ以外の手続きは不要で、自動的に割引が適用されます)。
ウインタブ専用リンク_個人向けPC

スポンサーリンク

Comment

  1. うぃる より:

    個人的には、
    グラフィック性能が良いが消費電力の大きいRyzenは
    モバイルより据え置きタイプの方が向いていると思っていたので、
    15インチの登場は選択肢が増えて嬉しいです。

    ENVY 13 x360 に比べて筐体が大きいので、
    放熱面で有利に成っていたり、スコアの違いはあるのか?

    また同じ15インチの既存 ENVY 15 x360 に比べて、
    スコアを含めた違いの有無や、違がある場合は何処なのか?

    仮に今、発注しても納期は3月という事も有りますので、
    上記などを含めてレビューを期待しています。

    • wintab より:

      うぃるさん、こんにちは。この製品の発表前に、「Ryzenの発熱」を指摘する声を耳にしまして、先にENVY 13 x360のレビューを申し込んでいます。たぶんENVY 15の方もレビューさせてもらえると思いますが、少し先になっちゃうかも。

      • うぃる より:

        そこは、
        読者の選択肢を増やせる、
        x360に興味を持ってくれた読者の(どちらの機種でも)囲い込みが出来る、
        と「両方をお借りして比較レビューが出来れば」
        なんて交渉出来たりしないですかね?(^-^;

  2. 匿名 より:

    ENVY 13 x360を購入した人間ですが、当然のようにこちらも欲しくなりました。
    どこでそんなに使うのかと言われても回答できないですが…。

    しかし、なぜか13も15もRyzenモデルは指紋認証が付きませんね。
    強制的に顔認証を使うようになって、案外使えることが分かったのですが、
    指紋認証の手軽さには負けてしまいます。

    • wintab より:

      こんにちは。いいですよねーENVY。「どこでそんなに使うのか」という自問をしてはいけません(きっぱり)。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑