iiyama STYLE-17FH054-i7 - 17.3インチと大型サイズのCoffee Lake搭載スタンダードノート

iiyama STYLE-17FH054-i7
iiyamaが17.3インチの高性能スタンダードノート「STYLE-17FH054-i7」を発売しました。iiyanaの「STYLE∞(インフィニティ)」ブランドは「ユーザーのさまざまなライフスタイルにマッチする」製品群で、ゲーミングPCの「LEVEL∞」、クリエイターPC「SENSE∞」などとは異なり、「汎用」的な性格があります。ただこの製品、CPUにゲーミングノートにも搭載される高性能なものを採用しています。

スポンサーリンク

1.スペック

iiyama STYLE-17FH054-i7
従来モデル(STYLE-17FH053-i7)の頃からそうなのですが、この製品のスペックは少し珍しいです。CPUにゲーミングPCやクリエイターPCに使われている6コアのCoffee Lake「Core i7-8750H」を搭載しつつ、外部GPUは搭載されません。また、カスタマイズによっても外部GPUの搭載はできません。すべての製品が、というわけではありませんが、「Coffee LakeにGPUなし」という構成はほとんど目にしたことがありません。PCの製品価格が低めに抑えられているので「もったいない」というのはおかしいと思いますが…。

RAMは最低で4GB、最大で32GBまで搭載可能、ストレージは全モデル標準でSSDとなり、カスタマイズでSSDの容量を変更したり、HDDを追加することも可能です。また、ディスプレイは17.3インチと大型でFHD解像度となります。ただし形式(IPSかTNか)については開示されていません。

入出力ポートは充実しています。USBに関しては「いろんな規格がよりどりみどり」的な感じはしますけど、有線LANや2種類(HDMIとD-sub)の映像出力専用ポートもありますし、このへんはさすがマウス(iiyamaはマウスコンピューターのブランドです)だな、と思います。

なお、9月28日現在、バッテリーおよびサイズが開示されていませんでした。おそらく何らかのミスだろうと思いますが、日本メーカーがノートPCのサイズを開示しないのは前代未聞です。ただし、製品画像を見る限り従来モデルと同じに見えますので、参考までに従来モデルのサイズを掲載しました。多少の誤差はあると思いますが、おそらく大きく異なることはないと思います。

2.筐体

iiyama STYLE-17FH054-i7
上にも記載したとおり、筐体は従来モデルと変わりません。いや正確には私が違いを見つけられなかったということです。下部ベゼルにあるロゴマークくらいですかね、従来モデルと違うのは。17.3インチサイズということもあり、特にスリム化とかコンパクト化という考慮はなされていないようです。平凡と言ってしまえばそれまでですが、クセのないシンプルなデザインだと思います。

iiyama STYLE-17FH054-i7
最近のiiyamaノートは天板のロゴマークの「ある」「なし」を選択できるようになっています。ロゴなしを選ぶと、もともとシンプルなデザインということもあり、無国籍感が漂います。

スポンサーリンク

iiyama STYLE-17FH054-i7
キーボードです。17.3インチサイズだけあってパームレストは広々した感じになります。ノートPCの窮屈さは感じません。ただし、17.3インチ専用のキーボードサイズというわけではなく、おそらく15.6インチ用のものが使い回されているように思われます。

タッチパッドには「マウスのこだわり」である2つの物理クリックボタンが装備されます。また、キーボード面にはバックライトはないようです。

iiyama STYLE-17FH054-i7
側面と入出力ポートの画像です。ポートの数は充実していて使いやすそうですが、オプションでも光学ドライブを装備できないのは少し残念です。

3.価格など

iiyama STYLE-17FH054-i7はパソコン工房(事実上のメーカー直販サイトです)で販売中で、9月28日現在の価格は下記のとおりです。

型番末尾UHSS(RAM4GB/120GB SSD):94,980円(102,578円)
型番末尾UHSX(RAM8GB/240GB SSD):102,980円(111,218円)
型番末尾UHSVI(RAM8GB/250GB SSD + 1TB HDD):109,980円(118,778円)
※カッコ内は税込価格

これらはベースモデルで、各モデルともRAMとストレージ容量は変更可能です。最低価格のものは税抜きで10万円を切りますが、Coffee LakeにRAM4GBというのはどう考えてもバランスを欠くと思いますので、最低でもRAMは8GBにしておいたほうがいいでしょう。

記事中にも書きましたが、「Core i7-8750Hを搭載し、外部GPUは搭載しない」という構成は異色です。少なくともオンラインゲーム用には向きません。しかし、Coffee Lakeだからグラフィック性能がブーストされなくてはならない、という道理もありませんので、ビジネスマシンとして高いCPU性能を求めている人にはいい選択になるのかも知れないですね。また、17.3インチというディスプレイサイズは、持ち運びを考慮しなければ非常に使いやすく、迫力のある画面を楽しめますので、「持ち歩くことはほとんどない」という人にはおすすめのサイズです。

4.関連リンク(パソコン工房)

STYLE-17FH054-i7-UHSS(4GB/120GB)
icon
STYLE-17FH054-i7-UHSX(8GB/240GB)
icon
STYLE-17FH054-i7-UHSVI(8GB/SSD+HDD)
icon

スポンサーリンク

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑