HP ENVY x360 13-bf - 人気の13.3インチコンバーチブル2 in 1、Intel版が新しくなりました。高精細な有機ELディスプレイ搭載モデルも!

HP ENVY x360 13-bf
HPがコンバーチブル2 in 1 PCのニューモデル「ENVY x360 13-bf」を発売しました。ENVY x360と言えば「黒い筐体のAMD版」が長らく人気ですが、AMD版のほうは直近だと15.6インチ版の「HP ENVY x360 15-ey」が発売(リニューアル)されたものの、13.3インチ版のほうはスペックを見直しつつも筐体は変わっていませんので、こと「13.3インチのENVY x360」ではIntel版が先に大幅リニューアル、ということになりました。

スポンサーリンク

1.ENVY x360 13-bf スペック

  ENVY x360 13-bf0000
OS Windows 11 Home
CPU Intel Core i5-1230U / Core i7-1250U
外部GPU なし
RAM 8GB/16GB(4266MHz, LPDDR4x)
ストレージ 512GB/1TB SSD(PCIe 4 x4 NVMe M.2)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 13.3インチIPS(2,560 × 1,600)タッチ
13.3インチOLED(2,880 × 1,800)タッチ
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.3
入出力 USB4 Typc-C(Thunderbolt 4)× 2、USB Type-A(10Gbps)× 2、オーディオジャック、microSDカードリーダー
カメラ Webカメラ(5MP)顔認証対応
バッテリー 駆動時間 15-17時間
サイズ 298 × 216 × 16.9 (最薄部) mm
重量 1.33 kg

バリエーションモデル

・スタンダード:Core i5/8GB/512GB/2,560 × 1,600・IPS
・スタンダードプラス:Core i5/16GB/512GB/2,880 × 1,800・OLED
・パフォーマンス:Core i7/16GB/1TB/2,880 × 1,800・OLED
 ※左からCPU/RAM/SSD/ディスプレイ

コメント

OSはWindows 11 HomeのみでPro版の設定はありません。CPUは第12世代(Alder Lake)の省電力版(U型番)、Core i5-1230U/Core i7-1250Uです。この型番は最新のノートPCに搭載されているCore i5-1235U/Core i7-1255Uとは少し違っています。PBP(プロセッサー・ベース・パワー)が9W(1235U/1255Uは15W)と低く、「超省電力タイプ」です。パフォーマンスも1235U/1255Uよりも若干低めですが、ビジネス用途などで大きく不満を感じるようなものではありません。そのぶんバッテリー持ちも良くなっていることでしょう。

RAMはスタンダードモデルのみ8GB、他は16GBで、いずれも「オンボード」なので購入後の増設・換装はできません。SSDはパフォーマンスモデルのみ1TB、他は512GBです。

ディスプレイは2種類、スタンダードモデルがIPS液晶で2,560 × 1,600解像度、スタンダードプラスモデルとパフォーマンスモデルはOLED(有機EL)で2,880 × 1,800解像度です。すべて一般的なノートPC(1,920 × 1,080とか1,920 × 1,200解像度)よりも高精細で、縦方向に少し長い(アスペクト比16:10)形状です。ウインタブでは最近有機ELディスプレイ搭載のPCをよくレビューしていますが、発色性能が非常に高いので、できれば有機ELパネル搭載モデルにされることをおすすめします。RAMも16GBになりますしね。

スポンサーリンク

また、このディスプレイは4,096段階の筆圧と傾き検知に対応する「HP MPP アクティブペン」に対応します(ペンは別売りです)。

最近発売されたHPのニューモデルはWebカメラの画素数が5MPと高いです。少し前からWebミーティングの機会が増えましたが、それに対応するものと言えるでしょう。個人的には自分の顔をあまり鮮明に映したくはないですけど…。また、このカメラは顔認証にも対応します(指紋センサーはありません)。

サイズをAMD版の現行モデル、ENVY x360 13-ayと比較してみます。

Intel版ニューモデル:298 × 216 × 16.9 (最薄部) mm / 1.33 kg
AMD版現行モデル:306 × 194 × 15.5-16.5 mm / 1.25 kg

ディスプレイ形状が変わった(AMD版はアスペクト比16:9、Intel版は16:10)ので、タテ・ヨコのサイズバランスが変わっています。また、厚さについてはAMD版のほうが薄いですね、1ミリくらいだけど。そして重量もIntel版のほうが若干重くなりました。

2.ENVY x360 13-bf 筐体

HP ENVY x360 13-bf
正面から見たところです。ディスプレイ形状が変わったのと、下部ベゼルがやや太めになり、全体的に縦方向に少し伸びた感じです。

あと、キーボードの拡大画像がなかったので、ここで簡単にご説明しておきます。「キーピッチ : 約19.0×18.7mm、キーストローク : 約1.3mm、JIS標準準拠[87キー]、バックライト」と開示されています。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は日本語配列となります。また、HPのノートPCによく見られる「ENTERキーの右の一列」がなくなりました。

HP ENVY x360 13-bf
天板です。HPロゴはプレミアムPC用のものが使われています。筐体色はナチュラルシルバー、筐体素材はリサイクルアルミニウムです。最近は「サステナブル(持続可能な≒環境に配慮した)」な取り組みをアピールするPCが多いですね。

HP ENVY x360 13-bf
HP製品で「x360」とはコンバーチブル2 in 1を意味します。ENVY x360 13-bfもそうで、テントモード(画像左)やタブレットモード(画像右)、スタンドモードで使用することができます。

HP ENVY x360 13-bf
側面と入出力ポートの配置です。USBポートが合計で4つ(うち2つはThunderbolt 4、残る2つも伝送速度10Gbpsと高速)あり、microSDカードリーダーも装備します。

3.ENVY x360 13-bf 価格など

HP ENVY x360 13-bfはHP公式ストアで販売中で、9月5日現在の価格は税込み134,800円から、となっています。購入特典として「HP 240 Bluetooth マウス」がもらえ、Officeソフトが40%OFF、HP指定の周辺機器が30%OFFとなります。

また、この製品はウインタブ読者クーポンの対象となり、セール価格から7%OFFで購入ができます。読者クーポンを考慮した価格は下記のとおりです。

・スタンダード:Core i5/8GB/512GB/IPS:125,364円
・スタンダードプラス:Core i5/16GB/512GB/OLED:134,664円
・パフォーマンス:Core i7/16GB/1TB/OLED::157,915円
 ※左からCPU/RAM/SSD/ディスプレイ
 ※税込み価格・送料無料

記事中にちらっと書きましたが、個人的にはやはり有機ELディスプレイ搭載モデルをおすすめしたいですね。一方、ここはウインタブなので、「CPUはCore i5で十分なんじゃない?」と思います。なので、「スタンダードプラスモデル」がいいんじゃないか、と…(個人的な意見です)。読者クーポンを使用した価格はHPの上位モバイルノートとしてはかなり割安感があると思います。

4.関連リンク

この製品はウインタブ読者クーポンの対象となり、セール価格からさらに7%の割引が受けられます。そのため、まずこちら
ウインタブ専用リンク(クーポン)_個人向けPC
をクリックしていただき、その後こちら
HP ENVY x360 13-bf 製品詳細icon
にアクセスしてご購入ください。この手順で買物かご画面に「特別値引き」が表示されます

スポンサーリンク