ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E レビュー - デザインも性能も満足度の高いゲーミングノートが144Hz対応に!(実機レビュー:takumi)

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
こんにちはtakumiです。今回はドスパラの「GALLERIA GCF1060GF-E」をレビューしていきます。この製品はゲーミングノートでいう「ミドルレンジ(ミッドハイとも言える)」ですが、筐体は独特の形状をしており、またゲームをする際に取り回しがしやすい構造をしているので、かなり所有欲を刺激される一台となっています。今回レビューするのはマイナーチェンジを施された現行モデルとなりますので、筐体周りの詳細説明は省略させていただきます。筐体については従来モデルのレビューをご参照ください。
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E レビュー - 15.6インチでコンパクトサイズのゲーミングノート、もちろんCoffee Lake搭載(実機レビュー)

スポンサーリンク

1.スペック

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(2018/8)
スペックはご覧の通りとなっています。ドスパラはBTOメーカーなので、多少構成の変更が可能です。OSは標準でWindows 10 Home、オプションでProへの変更ができます。CPUはCoffee Lake-Hで6コア12スレッドのCorei7-8750Hが、GPUはNVIDIAのGeforce GTX 1060の非Max-Q版、VRAM6GB版が搭載されています。このスペックなら大体のゲームが高設定で動きますし、高負荷のゲームも設定を調整することで快適にプレイする事ができます。また、CPUとGPUは変更できません。

RAMは標準で8G(4GB×2)で、最大32GBまで増やすことも出来れば、4GB×1にすることも出来ます(これはオススメしませんが・・・)。ストレージはシステム用に250GB SSDとデータ用の1TB HDDを標準で備えています。このままでも十分だとは思いますが、もし多くのゲームを並行して遊びたい、という場合には、SSDやHDDを増量した方がいいでしょう。また、予算度外視で速度重視でSSD+SSDという組み合わせにできますし(M.2接続とSATA接続になります)、HDDのみにダウングレードも出来ますが、HDDのみというのはやはりオススメはしません。

ちなみに、ドスパラ製のゲーミングノートは、SATAタイプのSSDをM.2スロットに装着しています。保証切れ覚悟の自己責任という形にはなりますが、市販のNVMe接続タイプのSSDに換装すれば、更なる高速化が見込めます。これも「ちなみに」なんですが、下位モデルの「GCF1050TGF-E」は標準構成にHDDが用意されない代わりに、SSDがNVMeタイプになっています。BTOオプションでこちらもNVMeタイプを選ばせてほしいところですが…。

その他、光学ドライブは非搭載で、SDカードスロットが搭載されています。SDスロットはゲーミングノートとしては珍しい部類に入ります。ディスプレイは15.6インチのフルHDサイズ(解像度1,920 × 1,080)で、リフレッシュレートは144Hzとなります。旧モデルは60Hzだったので、ここが一番の変更点と言えるでしょう。なお、旧モデルの60Hzタイプも、ドスパラのリアル店舗に限り展示品及び在庫限りで販売があるかもしれません。スペックとしては同一なので、気になる方は是非チェックしてみてください。

音響システムはCreative製のSoundblaster Cinema5が搭載されており、ヘッドセット装着時はもちろんのこと、搭載されているスピーカーでも十分効果を実感できます。また、使用用途ごとにプリセットが予め設定されているので、どのように設定を進めればいいのかわからない、という方にも安心してお使いいただけると思います。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
レビュー機はOSがProになっていましたが、それ以外は標準構成と同じ、RAM8GB、256GB SSD + 1TB HDDという構成でした。GPUはGTX1060が搭載されています。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
内蔵SSDの速度をCrystalDiskMarkで測定してみました。SATA形式のSSDですが、これだけあれば速度面で遅いと感じることはほぼ無いでしょう。

2.筐体

記事の冒頭にも触れましたが、筐体の詳細については従来モデルの実機レビュー記事をご参照ください。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
筐体周りを簡単に見ていきます。ヒンジを開いた状態の正面の画像ですが、ベゼル幅が狭いのが見て取れるかと思います。べセルが狭いと見た目のかっこよさだけでなく、ゲーム時の没入感も違ってきます。キーボードはRGBに対応しており、パターンもプリセットで用意されています(専用ツールの仕様なので他デバイスとのイルミネーション同期は出来ません)。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
側面です。特段薄いというわけではないですが、ゲーミングノート、それもフルバージョンのGTX1060を搭載ということを考えると十分薄いといえると思います。筐体構造としては背面から吸気し、左右の排気口から排気する、という構造になっています。ドスパラのマシーンではお馴染みのSDカードスロットが健在なのも良ポイントです。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
筐体を斜めから写しています。筐体デザインはかなり独特ですね。細ベゼルとIPS相当の液晶パネルの視野角の広さも相まって、かなりスタイリッシュに見えます。キーボードの他にも正面部にLEDライトが搭載されていることによってより一層華やかに見えますし、有線LANポートが跳ね上げ式になっているのも筐体をかっこよく見せるのに一役買っています。

3.使用感

実際に使ってみての感想ですが、まずとにかく軽いと感じました。さすがにモバイルノートPCと比較すると重いのですが、ゲーミングノートとなると2kg以上の製品が殆どなので、持ち運びの際に身体への負担が軽いことが個人的に嬉しい点でした。また、DC-INが筐体背面に配置されているのも、FPSゲーマーとしてはマウス操作の邪魔になりにくいので良ポイントです。更に冷却性能にもこだわりが見られ、15インチサイズながら熱処理がしっかりできているところがいいなと思いました。実際に各種ベンチマークを回しても、ファンをフル回転した状態だと10分程度で筐体温度がアイドル時近くに戻るのは凄いと思いました(環境や動かすソフト、時間により異なります)。

4.性能テスト

この製品はCPUに第8世代のCore i7-8750H、GPUにGeForce GTX1060を搭載していますので、「ドラゴンクエスト X ベンチマーク」「ドラゴンズドグマオンライン(DDON)ベンチマーク」「3D Mark」そして「PC Mark」をやってみました。また、普段ウィンタブでは取り扱わない「ファイナルファンタジーXV Windows Editionベンチマーク」と「シャドウ オブ ザ トゥームレイダー ゲーム内ベンチマーク」ゲームの実働テストで「Quake Champions」「Forza Horizon4」をテストしてみました。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 21,271
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,222
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 18,061
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,045
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 17,833
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 17,549
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 17,153
マウス NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 16,951
ドスパラ GALLERIA GKF1060NF(Core i7-7700HQ、GTX1060): 16,865
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 16,820
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 16,441
ドスパラ GALLERIA GKF1050TNF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 16,156
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 15,923
ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 15,598
ドスパラ GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): 14,964
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 13,727
ドスパラ GALLERIA QSF965HE2(Core i7-6700HQ、GTX965M): 12,830
ドスパラ GALLERIA QF960HE(Core i7-4710MQ、GTX960M): 12,791
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 12,285
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 12,172

スポンサーリンク

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 13,600
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 10,875
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 10,828
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 10,491
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 10,215
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 9,951
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 9,462
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 9,364
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 9,284
ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 9,124
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 8,979
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 8,867
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 8,780
ドスパラ GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): 8,568
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 7,235

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)

クリックで拡大します

ドラゴンズドグマのスコアの低さがちょっと気になるところですが、GTX1060搭載機としては妥当なスコアだと思います。FF15は高設定だと場面によってはやや辛いところが出てくるかと思いますので、中設定辺りの方が楽しめるかと思われます。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 6,703、17,345、37,589
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 6,283、15,476、30,804
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,583、15,146、36,268
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 5,280、14,030、30,686
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 5,257、13,233、29,845
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,808、9,888、26,344
GALLERIA GKF1060NF(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,717、9,989、24,824
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 3,703、9,743、26,843
GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,625、9,784、24,233
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 3,583、9,276、22,203
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,518、9,207、23,689
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 2,523、6,802、20,045
GALLERIA GKF1050TNF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 2,492、6,858、18,179
NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 2,449、6,852、20,453
GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): –、5,344、16,987
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 1,826、5,553、17,109
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 1,797、5,230、14,052
※左からTime Spy、Fire Strike、Sky Diverのスコア

3D Markに関しては、GPUの性能が最重視されるので、CPU強化分のスコア差は微々たるものですね。GTX1060搭載機として順当なスコアだと思います。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)
参考:
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 4,976
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 4,906
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 4,545
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 4,290
ドスパラ Altair F-13KR(Core i5-8250U): 3,778
NEC LAVIE Direct NEXT(Core i7-8550U): 3,704
ドスパラ Critea VF-HEKS(Core i7-8550U、MX150): 3,704
DELL Inspiron 17 5000(5770)(Core i7-8550U、Radeon 530): 3,607
HP ENVY 13(Core i7-8550U):3,534
DELL XPS 13(9370)(Core i7-8550U): 3,518
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 3,492
富士通 LIFEBOOK WS1/B3(Core i7-8550U): 3,479
マウス m-Book J(Core i5-8250U): 3,350
ドスパラ Critea DX-KS F7(Core i7-8550U): 2,921
富士通 LIFEBOOK WU2/B3(Core i7-8550U): 2,873
DELL Inspiron 15 7000(7570)(Core i7-8550U、GeForce MX130): 2,824
HP Spectre x2(Core i5-7260U): 2,822
ドスパラ Magnate IM(Core i5-7400): 2,763
ドスパラ Critea DX-KS H3(Core i3-7100U): 2,198

PC Markでは、CPUやRAMなどの性能が中心にスコアが決まるので、一世代前のハイエンド機と比較して高いスコアが記録されています。前レビューのスコアよりも若干高いのは、恐らく環境によるものだと思われます。

トゥームレイダーベンチです。画質設定は高設定で、フレームレートが平均40fps程、最低で18fpsとなります。高設定でもいい気はしますが、設定を少し落としたほうが目は疲れにくくなって遊びやすくなるでしょう。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)

クリックで拡大します


ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)

クリックで拡大します

画質の初期設定はこんな感じです。プリセット高ですが、設定そのものとしてみると「高と中の間」といった解釈が正しいのかなと思います。

CPUリソースも重視されるQuake Championsですが、デフォルト設定のままではフレームレートがあまり出なかったので、設定を下げたところフレームレートも出るようになりました。が、録画の設定が良くなかったせいか、フレームレートが出ずカクツキが目立っちゃってますね・・・ 実際のプレイ時は問題が無いのでご安心ください。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)

クリックで拡大します

Quakeの画質の初期設定はこんな感じです。プリセット高から若干下げられています。

Forza Horizon4はDX12採用でトップクラスに重いゲームなのですが、CPUのマルチスレッドがキッチリ効いてくれてるので、平均60fpsを達成しています。撮影時はデュアルモニター環境となっているので、フレームレートが若干下がっていますが、実際に1画面でプレイすると60fpsきっちり出てくれます。

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)

クリックで拡大します


ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(144Hz)

クリックで拡大します

Forza Horizon4の画質の初期設定はこんな感じです。プリセット上では高設定ですが、それでも十分きれいなのがForzaの凄いところだよなあと思います(動画だと伝わりにくいかもしれませんが…)。

5.まとめ

ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-Eは、ドスパラ公式通販サイトにて、10月22日現在169,980円(送料・税込183,578円)で販売中です。

性能的にはミドル~ミッドハイながらも、筐体デザインがとにかくスタイリッシュでして、使っていて楽しい気分にさせられました。またビジュアルだけでなく、ポート周りのアクセスや冷却性能などしっかり機能面も考えられていて、実用性も十分な一台です。欲を言えばNVMeSSDにオプションで換装させて欲しいなというところですが、それでも所有する価値はあり、満足感は十分に得られると思います。個人的にドスパラのゲーミングノートでは使っていて一番楽しいノートでした。

サイズだけでなく性能も欲しい、それでいて他人と一緒の物は持ちたくないというわがままなニーズに応えられる価値の高い一台です。

6.関連リンク(ドスパラ)

GALLERIA GCF1060GF-E

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    下位に採用しているNVMe接続SSDを切り捨ててきた?
    カタログスペックを盛れるパーツなのに敢えて切るってことは、多少なりとも発熱等扱いやすいことを重視したのか。
    ランダム重視のゲーマー然とした使い方なら不要だよって事を教えてくれている…だとしたら超カスタマー目線!

    • takumi より:

      こんにちは。コメントありがとうございます。
      他メーカーが同価格帯でNVMeをオプションで用意していますが、ドスパラが不採用してるのは一体なんなんでしょうかね…
      発熱対策、というのが1番考えやすいのかな、と思います。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑