ドスパラの8.9インチWindowsタブレット「Diginnos DG-D09IW2SL」が販売再開、しかもキーボードつきでお買い得に!スティックPCも値下げ!

ドスパラ Diginnos DG-D09IW2SL
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ドスパラでは従来8インチ、8.9インチ、10.1インチのWindowsタブレットをラインナップしていました(他のサイズも手がけていたことがあります)が、直近だと8インチのデジタイザー・タブレット「raytrektab」と10.1インチの「DG-D10IW3SLi」のみの販売となっていて、8インチと8.9インチのDiginnosタブレットの販売がなくなっていました。

スポンサーリンク

しかし、ここにきて8.9インチの「Diginnos DG-D09IW2SL」が販売再開となりました。しかも、キーボードが付属して価格も非常にお買い得になっています!また、スティックPCとしては高性能な「Diginnos Stick DG-STK4D」も「ドッキングステーションつき」のモデルが値下げになっています。

1.Diginnos DG-D09IW2SL

ドスパラ Diginnos DG-D09IW2

画像はDiginnos DG-D09IW2のものです

価格: 27,300 円(税込み29,484円)
※タッチパッド付キーボード一体型保護ケースセット

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Atom x5-Z8350
RAM/ストレージ: 4GB/64GB
ディスプレイ: 8.9インチ(1,920 × 1,200)
サイズ: 235 x 157 x 9.5 mm / 495 g

私の記憶が正しければ、この製品はドスパラとしては初めてAtom Z8350に4GBのRAM、64GBのストレージを組み合わせたタブレットです。ドスパラに限らず、それまでのWindowsタブレットは「Atom + RAM2GB + ストレージ32GB」という構成がほとんどで、タブレット専用機として使うならまだしも、キーボードを接続してノートPC形態で使うには少々スペック足らずなものでした。CPUがAtom Z8350なので、それほどPC負荷の高い作業には向きませんが、キーボードを接続して使う場面だと4GBのRAMと64GBのストレージの恩恵は大きく、ライトな作業であれば十分ノートPCとしても使えるくらいの実力はあると思います。

それとディスプレイです。8.9インチながらWUXGAと高精細なものが搭載されています。個人的な感想ですが、8.9インチというのは「8インチと10インチの間でどっちつかず」なサイズではなく、「8インチと10インチのいいとこ取り」なサイズだと思っています。つまり、タブレットとしても取り回しがラクで、ノートPCとしても(ちょっと画面は小さいですけど)そこそこ使えるサイズ感です。

ドスパラ Diginnos DG-D09IW2 キーボード
で、今回の価格には「キーボード」が含まれます。カバー一体型でBluetooth接続の簡易タイプで、サイズもやや小さめですが、トータル3万円以下でキーボードまでついてくると思えば特に文句はないでしょう。

スポンサーリンク

この製品は5月18日にも再販されていて、その際の価格はキーボード込みで税込み27,000円だったのですが、ご想像の通り「瞬殺」でした。今回はそれよりも少し価格が上がりましたが、それでも全然納得できる水準になっていると思います。

ドスパラ製品ページ:Diginnos DG-D09IW2SL
紹介記事:ドスパラ Diginnos DG-D09IW2 - 最新にしてキープコンセプトなCherryTrailタブレット、キーボードもいいよ!(実機レビュー)
※現行モデルではなく、RAM2GB/ストレージ32GBモデルですが、キーボードも一緒にレビューしていますので、参考になると思います。

2.Diginnos Stick DG-STK4D

ドスパラ Diginnos Stick DG-STK4S

画像はDiginnos Stick DG-STK4Sのものです

価格: 20,500 円(税込み22,140円)
※ドッキングステーション込みの価格
※STK4S単体だと18,500円(税込み19,980円)

OS: Windows 10 Home
CPU: Intel Atom x5-Z8550
RAM/ストレージ: 4GB/32GB
ディスプレイ: なし
サイズ: 123 × 59 × 22 mm(本体のみ)

こちらはスティックPCですが、AtomでもZ8550という上位の型番を搭載し、4GBのRAMとなっています。さらに冷却ファンも備えていますので、ミニPCよりもコンパクトでミニPCと変わらない性能を発揮してくれます。ちょっと残念なのがストレージで、32GBしかなく、サイズの制約上拡張もできないというのはあります。

今回魅力的なのは「ドッキングステーション」がセットされたものが22,140円で購入できてしまう、という点ですね。言うまでもなくスティックPCの泣き所は入出力ポートの少なさにあるわけですが、このドッキングステーションを使えばUSBポートが(本体側の空きも含め)4つ、有線LANポートまで装備されます。もともとSTK4という型番のスティックPCはスティックPCとは言えないくらいの実力がありますが、それに拡張性までついてくるということで、もはやミニPCと何ら変わらない製品に変貌した、ということができます。この価格は中華のミニPCといい勝負というか、むしろ安いと言えるかもしれません。

ドスパラ製品ページ:Diginnos Stick DG-STK4D
紹介記事:ドスパラ Diginnos Stick DG-STK4S - 高性能バージョンのスティックPCを試す(実機レビュー)
※現行モデルではなく、Atom Z8500を搭載する前身機の実機レビューですが、ドッキングステーションも一緒にレビューしていますので、参考になると思います。

3.関連リンク

ドスパラ公式サイト

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    瞬殺かあ。Diginnos DG-D09IW2 持ってるけど、キーボードはお世辞にも良いとは言えなかったなあ。
    Fn キー押さないと Del と Esc が押せないって地味にクるのよね

    • wintab より:

      こんにちは。なんか本当に瞬殺だったみたいですね…。この製品のキーボードは確かにあまり使いやすいとは言えないと私も思います。ただ、価格が安くてカバーとしてもつかえますし、持っておいてもいいのでは。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑