ASUS R417YA - 14インチサイズで気軽に使えそうなエントリーノート

ASUS R417YA
ASUSが14インチサイズのノートPC「ASUS R417YA」を発売しました。ASUS Storeでの通常価格が35,273円(税込み38,800円)とエントリークラスで、14インチ版のASUS E203あるいはHP Stream 11という感じの、ある意味ウインタブが大好きなジャンルの製品です。

スポンサーリンク

1.スペック

  ASUS R417YA
OS Windows 10 Home(Sモード)
CPU AMD E2-7015
外部GPU なし
RAM 4GB
ストレージ 64GB eMMC
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチ(1,366 × 768)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
入出力 USB3.1 Gen1 Type-C、USB3.0、USB2.0、HDMISDカードリーダー、オーディオジャック、LAN(RJ45)
カメラ Webカメラ(30万画素)
バッテリー 稼働時間 6.0時間
サイズ 339 × 235 × 21.9 mm
重量 1.68 kg

OSはWindows 10 HomeのSモードです。Sモードの場合、導入できるアプリに制約があり、Windowsストア(Microsoftストア)にあるものしかインストールができません。うっかり怪しいアプリをインストールしてしまうというリスクがなくなりますので、お子さん用などに使う場合は安心できますが、ウインタブ読者だとかなり不自由に感じられると思います。しかし、Sモードは無料で簡単に解除でき、解除してしまうと普通のWindows 10 Homeと同じになりますので、購入にあたって特に問題とはならないでしょう。

スポンサーリンク

CPU(APU)はAMDのE2-7015という型番で、残念ながらベンチマークスコア情報は取れませんでした。おそらくCeleron N4000クラスの性能になるのではないか、と思われます。まあ、エントリークラスの性能と考えていいんじゃないでしょうか。また、RAMは4GB、ストレージは64GB eMMCと、こちらもミニマムな容量です。

ディスプレイは14インチでHD(1,366 × 768)解像度、IPSかTNかの説明はありませんでしたが、価格から見てTN液晶なんだろうな、と思います。また、入出力ポートは結構充実していて、USBポートが合計で3つ、HDMIに有線LANポートもありますし、フル規格(microでない)SDカードリーダーもついています。周辺機器接続では困らないでしょう。

サイズは14インチの割に大きく、少しばかり重いですね。1.68 kgだと、たまに外に持ち出すくらいなら問題ないと思いますが、モバイルノートとして毎日持ち歩くのは少々つらいと言えます。

2.筐体

ASUS R417YA
最近の14インチノートは横幅が32センチ台です。話題の「ASUS ExpertBook B9(いやあ、これ欲しいですねえ…)」だと320 mmしかありません。また、新製品で330 mmを越える製品はあんまり見かけません。で、このASUS R417YAは339 mmあります。正面からの画像を見てもベゼルの太さは一目瞭然。14インチながらどっしりとした印象です。個人的にはこういうのは嫌いじゃないですけどね。

ASUS R417YA
ASUS R417YAは公表されている筐体画像が少ないです。これは天板。見た感じプラスティック製と思われますが、シンプルで悪くないかと思います。

3.価格など

ASUS R417YAはASUS Storeで販売中で、6月25日現在の価格は35,273円(税込み38,800円)です。冒頭に書かせていただいたとおり、エントリークラスのスタンダードノート(ときどきモバイルノート)という感じの製品ですね。ウインタブ読者のメインPCとしては力不足でしょうが、サブPCあるいは家族用PCとして自宅のリビングルームなんかに置くと便利かも、と思います。

ただ、このクラスの14インチノートだと、LenovoやHPもかなり健闘していますので、購入の際はじっくり比較検討してみるのがいいでしょう。

4.関連リンク

ASUS R417YA (R417YA-GA044T)icon:ASUS Store

スポンサーリンク