ASUS Chromebook Flip C436 - 14インチで重量わずか1.1 kgのハイエンドなChromebook!Windows PCより高性能!?

ASUS Chromebook C436
ASUSがCES 2020の開催に合わせ、新しいChromebook「C436」を発表しました。14インチサイズのコンバーチブル2 in 1で、ウインタブの検証機である「C434TA」の後継モデルとなります。筐体サイズがよりコンパクトになり、PCとしてのスペックも劇的に向上しています。

スポンサーリンク

1.スペック

ASUS Chromebook C436
Chromebookとしては異例に高性能と言えるでしょう。この画像は最上位モデルのスペックですが、CPUは第10世代(Comet Lake)のCore i7-10510U、RAMは16GB、そしてストレージは512GB SSDとなっています。従来のChromebookはWindows PCユーザーの感覚だと少々スペックが低めで、特にストレージが32GBとか64GBのeMMCであることがほとんどでした。しかしC436の主要構成を見ると、WindowsのノートPCとしてもハイエンドクラスの内容と言えます。

「ChromeOSにこんなスペックは不要なのでは?」と、少し意地悪な質問をしてみましたが、ASUSのご担当者いわく「GoogleのPixelBookに対抗したい」とのこと。

次にサイズですが、「小さくなりました」。C434TAが320.9 × 202.3 × 15.7 mm / 1.45 kgですから、奥行きだけは少し大きくなっているものの、「薄さと軽さ」という点で強烈に進歩しています。特に重量1.1 kgというのは14インチのコンバーチブル2 in 1としてはめちゃめちゃ軽いと言えます。

スポンサーリンク

2.筐体

ASUS Chromebook C436
左がC434TA、右がC436です。サイズ感としてはあまり大きく変わっていませんが、少し雰囲気が変わったような…。

ASUS Chromebook C436
ASUS Chromebook C436
その大きな理由がキーボードかな、と思います。上がC436、下がC434TAです。C436はフラットな形状となり、タッチパッドも大型化されています。

ASUS Chromebook C436
もちろん「Flip」なので、タブレットモードやテントモードにして使うことも出来ます。

3.まとめ

ASUS Chromebook Flip C436の詳細な発売時期や価格はわかっていませんが、おそらく3月とか4月くらいに発売され、ほぼ確実に日本でも販売されると思います。当然価格も安くはないでしょう。というか同スペックのWindows PCと大きくは変わらないくらいになると思います。

スペックにはこだわりたい、というWindows PCユーザーにはいいのかも。

スポンサーリンク