GPD P2 Max - こんどのGPDは8.9インチ!ペン入力にも対応します。INDIEGOGOでクラウドファンディングがスタート!

公開日: : 最終更新日:2019/06/28 輸入製品 ,

GPD P2 Max
昨今のUMPC(ウルトラモバイルPC)ブームの火付け役、GPDが最新モデル「GPD P2 Max」のクラウドファンディングをスタートさせました。ここのところ、ONE-NETBOOK One Mixシリーズの話題が多くなっていますが、ある意味「復活なったUMPCデザインの本家」とも言えるGPDの最新モデル、気にならないはずがありません!

スポンサーリンク
6月28日修正:
当初この製品のCeleron版がP2、Core m3版がP2 Maxであると表記していましたが、確認したところ、製品名は「P2 Max」のみであることがわかりました。そのため、記事タイトル及び記事内の説明を修正しています。ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。 

 

1.スペック

GPD P2 スペック表
スペック面でのインフレ、といいますかハイパワー化が進むUMPCですが、上位モデルのほうはPCとしてかなりの実力になります。CPUはAmber Lake YのCore m3-8100Yで、GPD Pocket 2やOne Mix 2S/3と同じ型番です。ウインタブ的にうれしいのは下位モデルのほうですね。こちらはCPUがCeleron 3965Yと、やや控えめなものになりますが、サイズ面で制約が大きいUMPCですから、有り余るようなCPUパワーは必ずしも必要ないのでは?と思いますので、低価格なCeleronモデルがラインナップされるのはうれしいです。

●Core m3/RAM16GB/512GB SSD
●Celeron 3965Y/RAM8GB/256GB

搭載CPUによってRAMとストレージの構成も異なります。Core mモデルのほうはメインPCとしても余裕で使えそうな構成ですよね?一方のCeleronモデル、やはりUMPCとして非常にバランスがいいと感じます。個人的にはストレージ256GBでも多すぎるくらいです。

ディスプレイは8.9インチと大型になりました。ライバルのONE-NETBOOK One Mix 3(3S)が8.4インチなので、それよりもさらに大きくなっています。また、解像度も2.5K(2,560 × 1,600)なので、One Mix 3と同じです。

GPD P2 Max
また、P2 Maxはペン入力にも対応します。画像を見ると筆圧にも対応するようですが、ペン入力機能の詳細は不明です。ただし、コンバーチブル2 in 1であるOne Mixシリーズとは異なり、クラムシェルノートのP2 Maxの場合、イラストやマンガを描くという用途には向かないでしょう。

入出力ポートはUMPCとして素晴らしい水準だと思います。フルサイズ(Type-A)のUSBポートが2つ、さらにType-Cポートも備えていますので、周辺機器の接続にハブは必要ないと思います。また、UMPCの場合、外部ディスプレイの接続をする機会がありますが、microHDMIポートもしっかり装備されます。ただし、SD(microSD)カードリーダーはありません。

GPD P2 Max
それと、「Webカメラがつきました!」。従来のGPD Pocketシリーズにはなかったものです(One Mixシリーズにもありません)。UMPCでビデオチャットをしたいというニーズは当然大きいと思われますので、この点は歓迎したいところです。

スポンサーリンク

バッテリーはメーカーによれば「稼働時間8時間」ということなのですが、それは置いておいて、この製品はUSB Type-Cポートが充電口を兼ね、PD 2.0の急速充電に対応します。P2 Maxに限らず、バッテリー稼働時間の公称値って全然あてになりませんが、急速充電ができるというのは大きいです。

サイズのほう、7インチサイズのGPD Pocket 2、そしてこの製品のライバルと言えるOne Mix 3と比較してみましょう。

P2 Max: 213 × 149.6 × 5.5-14.2 mm / 650 g
One Mix 3: 204 × 129 × 14.9 mm / 0.65 kg
GPD Pocket 2: 181 × 113 × 9-14 mm / 465 g

えー、One Mix 3の重量がなぜかkg表示なのはご容赦ください。7インチのGPD Pocket 2よりは一回り(いや二回りか…)ほど大きくなり、One Mix 3と比較しても大きいですね。ディスプレイサイズも8.9インチ(One Mix 3は8.4インチ)と大きいので仕方ないとは思いますが、このへんはUMPCマニアから賛否両論ありそうです。

2.筐体

GPD P2 / P2 Max
デザインそのものは、特に奇をてらったものとは思えませんが、まっさきに目が行くのは「タッチパッドがある」キーボード面ですよね?サイズが大型化したぶんタッチパッド(そしてパームレストも)装備できるようになった、ということなんでしょうけど、キーピッチに影響しないのか少し心配です。

GPD P2 / P2 Max キーボード
そのキーボードですが、日本でも人気のあるGPD社の製品らしく、日本語キーボードにするためのステッカーが選択できます(ステッカーは無料です)。あとは打鍵のしやすさが問題ですね。私の場合だと毎日大量のテキスト入力をしますので、UMPCといえどもキーボードの使い勝手が製品選びの優先順位一位になります。キーピッチやキーストロークが不安ではありますが、日本語キーボードが選べるというのは大きなメリットです。

GPD P2 Max
英語になってしまいますが、各部名称です。入出力ポートに関しては上に書いたとおり、大健闘していると思います。また、底面にはメンテナンスハッチがありますので、おそらくDIYでRAMやストレージが交換できる仕組みになっているものと思われます。

3.価格など

GPD P2 MaxはINDIEGOGOでクラウドファンディング中で、6月27日現在の価格は下記のとおりです。

Celeronモデル: 531ドル(約57,300円)
Core m3モデル: 705ドル(約76,100円)
※日本語キーボードステッカー付属モデルも同価格です

記事中にもダラダラと書いてしまいましたが、やはり個人的にはCeleronモデルに強い魅力を感じます。価格もリーズナブルですよね?ライバルのOne Mix 3シリーズにはCeleronモデルの設定がありませんので、このサイズ感が魅力!という場合はCeleronモデルで決まり!と言えるかもしれません。

UMPCのサイズに関しては本当に人それぞれで、私はテキストライティングを重視するので、「打鍵しにくい7インチよりは8.4インチとか8.9インチのほうを歓迎」という考えですが、ライターのかのあゆさんは「UMPCは7インチまで。それ以上大きくなるのならUMPCとは言わない」という考えだったりします。読者のみなさんもそれぞれのお考えがあることでしょう。

GPD P2 Max、UMPCとしてのサイズ感を維持しつつ、カメラがついたりタッチパッドがついたりして、より普通のノートPCに近づいた、と感じます。(キーボード入力など)実用性を重視するなら非常に有力な選択肢になると思います。

4.関連リンク

GPD P2 Max: The world’s smallest Ultrabook

スポンサーリンク

Comment

  1. 匿名 より:

    このサイズになるとUMPCじゃなくてネットブックに近くなってきますね

    • wintab より:

      こんにちは。確かに。UMPCだ!と言って周囲に見せびらかす感じじゃないかもしれないです。

  2. 匿名 より:

    魅力的だけど色が微妙…

    • wintab より:

      こんにちは、「シャア専用」とか「林家ペー・パー子エディション」とか、One Mixシリーズを見習ってもらいたい!?

  3. natsuki より:

    このサイズになると、Transbook ChiやドスパラDG-D09IW2SL(まだ販売中)もさほど変わらないので、UMPCとしての目新しさは薄れちゃいますね。それでも、筐体の美しさと拡張性の高さはやっぱり魅力。

    • wintab より:

      こんにちは、「ウルトラブックとUMPCの境界線」ということで議論が始まりそうな予感。

  4. 匿名 より:

    名称はCeleronもP2 Maxですよ。

  5. 匿名 より:

    でかすぎる
    chuwiの方がいいからあっちにした 
    欲しいのはultrabookじゃなくてUMPCだし

    • wintab より:

      なんか、UMPCとウルトラブックの境界線について、討論会が始まるような気もしますね。一応メーカーでは「ウルトラブック」なんですけど、サイズ的にかなり微妙ですもんね。私はUMPCの一種と捉えましたが…。

  6. 匿名 より:

    うーん、8.9インチとは懐かしいサイズですね。昔Eee PCとか使ってました。
    初期のはストレージが4GBしかなくて大変だったなぁ…。
    7インチは小さすぎてスルーしてましたがこれはものすごく欲しいですね

  7. 匿名 より:

    結局、いくら小型化とか操作をしやすくと考えると、普通の大きさに戻っちゃうんだろうね。
    本気で男のロマン枠にしか該当しないのかなぁ

  8. 2in1じゃないのか。残念。

  9. 匿名 より:

    GPDは中途半端なメーカーになっちゃったね。
    ・名前のP2ってなんだよどこがPocket?
    ・サイズネットブックなのにキー配列微妙
    ・カメラつけたけど角度的に使いにくい
    ・ペンつけたけどディスプレイ360度まわらない
    ・minibookは日本語キーボードなのに中途半端なシール対応

  10. 匿名 より:

    30000円なら買いますが今の値段はおかしいースルーします

  11. 匿名 より:

    win-tabが始まった当初から拝見させていただき、
    参考にして購入したPCも何台にもなります。
    私は家と外で使い分けていて、外では処理能力も勿論ですが
    バッテリー駆動能力が一番の課題です。
    しかしこの手のPCは筐体が小さい事もあってWin-Tab基準で8時間明記なら
    半分の4時間
    ところがこれ重要なんですが、2年3年使っていくと4時間→2時間になります
    私の持っているYOGA260も今や3時間程しか持ちません
    だからこそ!パソコンを充電できるモバイルバッテリーが必要です
    (東京に住んでる方と違ってAC充電できる機会がありません)
    レノボのバッテリーは高いけれど300gほどでUSB-Cも充電でき超安心です
    そこで「使用すると減る」ことを前提にどんなもので充電できるかとか
    もう少しPD充電グッズとかを紙面充実してほしいです
    長くなり申し訳ありません  長年の読者より

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑