Xiaomi Redmi Note 7 Pro - 6.3インチのRedmi、もはやハイスペックマシンだわ!48MPカメラもソニー製センサーになりました

公開日: : Android , ,

Xiaomi Redmi Note 7 Pro
先日Xiaomiの最新モデル「Redmi Note 7」の紹介記事を掲載しましたが、その上位モデルとなる「Redmi Note 7 Pro」も発表されています。しかし3月18日現在だとグローバルROM版が出ていないようなので、まだ購入すべきタイミングになっていないと言えますが、近日中に追加されるであろうグローバルROM版が楽しみなニューモデルだと思います(XiaomiのスマホはグローバルROM版でないと簡単には日本語化できませんのでご注意ください)。

スポンサーリンク

1.スペック

Xiaomi Redmi Note 7 Pro
基本的にはRedmi Note 7と同じサイズですし、各部のスペックもあまり変わりませんが、CPU/RAM/ストレージといった主要パーツが変更されています。Redmi Note 7のCPUはSnapdragon 660ですが、Note 7 ProはSnapdragon 675が搭載されます。

Xiaomi Redmi Note 7 Pro
これはXiaomiが公開しているAntutuベンチマークスコアです。Snapdragon 675は「185,115」ですね。ちなみにSnapdragon 660搭載のRedmi Note 7でもAntutuスコアが公開されていて、そちらは「144,599」でした。上を見ればキリがありませんが、18万点オーバーのスコアなら、重量級ゲームの動作も含め、ほぼ不満のない処理性能になっていると思います。

RAMは6GB/128GBのみの単一構成ですが、この容量はハイエンドスマホと変わらないものですね。「Redmi」というとエントリーからミドルくらいの製品ランクをイメージしますが、Redmi Note 7 Proはその範疇から外れていると思います。

ディスプレイはRedmi Note 7とNote 7 Proで同じです。水滴型ノッチを採用した6.3インチのFHD+解像度となります。また、筐体サイズも全く同じです。

で、カメラです。アウト側に48 MPの超高画素数のものが採用されていて、数値的にはRedmi Note 7と同じになっていますが、Note 7 Proのほうはソニー製のセンサー(おそらくIMX586)が採用されています(Note 7のほうはセンサーについて言及なし)ので、スペック表の上では同じ内容ではあるものの、品質のほうはワンランク上になっているのでしょう。

スポンサーリンク

2.筐体

Xiaomi Redmi Note 7 Pro
画像で判断する限り、「Redmi Note 7と全く同じ」です。ウインタブでは記事を書くたびに製品ページから画像を引用しているのですが、全く違いがわかりません。ただ、水滴型ノッチを採用し、背面も美しくグラデーションされた、とってもカッコいい筐体だとは思います。

Xiaomi Redmi Note 7 Pro
筐体色は「ブルー」「ゴールド(ピンクのような色です)」「ブラック」の3色で、通販サイトにより取扱いの色が異なるものの、Note 7、Note 7 Proで共通の設定になっています。

Xiaomi Redmi Note 7 Pro
また、これはNote 7 Proの製品ページのみに記載があったことですが、P2iのナノコーティングが施され、生活防水に対応します。おそらくここもNote 7との差別化機能と思われます。

3.価格など

Xiaomi Redmi Note 7 Pro
Xiaomi Redmi Note 7 Proは3月18日現在、中国の通販サイト「geekbuying」で販売中で、価格は385.99ドル(44,334円)です。Note 7よりもスペックアップしているとは言え、Note 7の価格よりもちょっとお高めかな、と感じますが、この先他の通販サイトでの取扱いが始まればもう一段安くなるのでは?と思います。

また、記事の冒頭にも書いたとおり、XiaomiのスマホはMIUIという独自UIが使われている関係で、「グローバル版(グローバルROM)」でないと日本語化が容易にはできませんので、現実的には各通販サイトでグローバル版が発売されてから購入する、ということになると思います。

ところで、上の画像はXiaomiの公式サイトから引用しているのですが、これって「新宿東口」です。まだ正式に日本進出が決まっていないXiaomiがなぜ新宿の画像を…、なんて、いろんなことを考えちゃいました…。

4.関連リンク

Redmi Note 7 Pro:Xiaomi公式サイト(中国語)
Xiaomi Redmi Note 7 Pro:geekbuying

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
HP ウインタブ限定クーポン

  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑