Unihertz Atom L - あの超小型スマホ「Atom」が4インチに大型化!システムスペックも侮れません!

Unihertz Atom L
超小型のスマホなど個性的なスマホをリリースしているUnihertz。ウインタブでも「Jelly Pro」と「Atom」の実機レビューを掲載しています。Atomはわずか2.45インチのアウトドアスマホでしたが、今回ご紹介するのはそのAtomのサイズを大きくした「Atom L」という製品です。

スポンサーリンク

Atom Lは1カ月ほど前にKICKSTARTERでクラウドファンディングがスタートしていて、例によって大人気となりましたが、今般日本のCAMPFIREでもクラウドファンディングが始まりました。KICKSTARTERではトランシーバー機能を備える「Atom XL」という製品もラインナップされていましたが、日本では法規制の関係もあってか、トランシーバー機能のないAtom Lのみがクラウドファンディング対象です。

1.スペック

Unihertz Atom L
えー、かなり実用的なサイズ感になりましたね。悪い意味で言うと「普通になってしまった」感もあります。OSはAndroid 10と最新で、CPUはHelio P60ですからミッドレンジ(ミッドハイ)くらいの性能で、ゲームプレイを含め、一通りの操作で不満を感じることはないと思います。RAMは6GB、ストレージも128GBと、一般的なミッドレンジ、ミッドハイのスマホと遜色がありません。

ディスプレイサイズは4インチです。今どきのAndroidスマホとしては非常に小さいと言えますが、Atomの2.45インチと比較すれば「すごく大きくなった」と思います。ただ、「4インチのアウトドアスマホ」ということなら「CUBOT KINGKONG MINI」という製品(ウインタブで実機レビューしています)もありますので、唯一無二、というわけではありません。

また、このディスプレイは解像度がHD(1,366 × 768)を下回る1,136×640というものになっていて、この製品のスペックで不満を感じる唯一の弱点(個人的感想です)だと思います。ただ、4インチというサイズですし、この解像度でも特に粗いという感じではないでしょうね。

通信バンドに関しては「グローバル対応」と言えます。もちろん日本で重要となるバンドもしっかりカバーされています。ただし5Gには対応しません。

Unihertz Atom L
SIMはNano SIM × 2で、他の製品と同様、SIM2のかわりにmicroSDカードを挿入して使うこともできます。

Unihertz Atom L
カメラはアウト側が48MPと、サイズの割に大健闘しています。ただ、ライターのひつじさんのAtomのレビューを見ると、カメラに関してはあまり良い評価にはなっていませんでした。Atomのアウトカメラは16MPですが、16MPでも出来の良いカメラであれば相当きれいな写真が撮れますので、これを踏まえると、48MPという数値からイメージできるような画質になっていない可能性もあると思います。

スポンサーリンク

サイズについて、同じ4インチサイズのCUBOT KINGKONG MINIと比較してみましょう。

Atom L:134.5 × 65 × 17.5 mm / 224.5 g
KINGKONG MINI:119 × 58 × 12.1 mm / 122 g

このように、KINGKONGのほうが小さいです。ただし、KINGKONGはIP68とかミルスペックといった具体的な防水・防塵・耐衝撃性能について言及しておらず、IP68とミルスペック(MIL-STD810G)準拠を謳っているAtom Lとは同列には出来ないという気もしますし、システムスペックも圧倒的にAtom Lのほうが上なので、あくまでディスプレイサイズだけ同じ製品、という理由での比較となることにご注意下さい。

2.筐体

Unihertz Atom L
この画像を見ると、Atom Lのサイズが大きめなのがわかりやすいと思います。上下のベゼル部分がかなり大きくなっていますよね。全体的なデザインはAtomを踏襲したものになっていて、しょっちゅうアウトドアスマホの紹介記事を掲載しているウインタブとしてはそれほど目新しさは感じません。

Unihertz Atom L
写真ではありませんが、上下面や側面のイメージがつかめる画像です。やはり厚みはかなりのものと言えます。

Unihertz Atom L
利用イメージです。やはり4インチということもあり、アウトドアスマホとしてはコンパクトに感じられます。

3.価格など

Unihertz Atom LはCAMPFIREでクラウドファンディング中で、この記事を書いている4月1日16時現在の最低価格(支援額)は23,099円です。この価格はAtom Lとほぼ同スペックの中華スマホと大差ないくらいになっていると思います。しかし、Jelly ProやAtomの製品情報を見たときは「おお!」と感動しましたが、Atom Lは4インチサイズになったこともあり、奇抜さという点ではそれほどインパクトを感じません。

私はJelly Pro(2.45インチ)をしばらく使ってみて、当初は「素晴らしい!」と感じたものの、結局継続利用を断念した経緯がありまして、その理由は「バッテリーが持たない」ということと「文字入力がしんどい」というものでした。しかし、4インチのAtom Lならその心配は必要ないでしょう。バッテリーも4,300 mAhと終日しっかり使い倒せるくらいの大容量になっています(Jelly Proはわずか950 mAhでした)。また、数値しかわかりませんがカメラ品質にも(若干不安はありますが)期待できます。

小さなアウトドアスマホ、CAMPFIREでも好調に売れているようなので、興味のある人はお早めに!

4.関連リンク(CAMPFIRE)

『Atom L』48MPカメラと4インチスクリーンでAtomがアップグレード!

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    iPhone5と同じ解像度だと考えれば、決して低いわけではないですね。

  2. 匿名 より:

    厚さ17.5mmで重さ224.5gでは超大型ですね。

  3. 匿名 より:

    デザインが終わっとる

  4. 匿名 より:

    そうじゃない
    ベゼルレスの4インチが欲しい