UMIDIGI BISON Pro - 洗練されたデザインのタフネススマホ「BISONシリーズ」にニューモデル、体温も測れます!

UMIDIGI BISON Pro
UNIDIGIのタフネススマホ、BISONシリーズにニューモデルです。「BISON Pro」という製品で、スペック面では上位モデルの「BISON GT」と従来モデル「BISON」の「間くらい」ですが、UMIDIGIが予定しているグローバルセールで激安価格で購入ができます。

スポンサーリンク

1.UMIDIGI BISON Pro スペック

スペック表

  UMIDIGI BISON Pro
OS Android 11
CPU MediaTek Helio G80
RAM 4GB/8GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.3インチ(2,340 x 1,080)
LTEバンド B1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28A/28B/66
SIM Nano SIM × 2
ネットワーク 802.11 ac/a/b/g/n、Bluetooth 4.2
入出力 USB Type-C、オーディオジャック、microSDカードリーダー
カメラ イン24MP/アウト48MP+16MP+5MP
バッテリー 5,000 mAh
サイズ 164 × 79.6 × 12.7 mm
重量 265 g

ポイント

・最新OSのAndroid 11を搭載
・CPUのHelio G80はAntutu Ver.8のスコアが約20万点
・RAMは最大8GB、ストレージは128GBと上位機並みの容量
・インカメラは24MP、アウトカメラは48MPを含むトリプルレンズ
・体温測定機能搭載
・IP68 & IP69Kの防水・防塵性能
・MIL規格(MIL-STD-810G)準拠の堅牢性
・タフネススマホらしからぬ洗練されたデザイン

コメント

従来モデルのBISONと比較すると、OSのバージョンが新しくなり、CPUもHelio P60からHelio G80にパワーアップしました。Helio G80は2021年の水準だと「ミッドレンジの下のほう」くらいの性能で、ゲームプレイもそこそこ楽しめるくらいの実力はあります(ただし、原神などの重量級3Dゲームは厳しいと思います)。

RAMはBISONの6GBから最大8GBに増量され、ストレージは128GBと変更がありませんが、ともに十分な容量と言えます。またディスプレイもBISONから変更がないものの、HD+ではなくしっかりFHD+です。ディスプレイのガラスはGorilla Glassです。

UMIDIGI BISON Pro

クリックで拡大します

カメラもBISONから最大画素数の変更はありませんが、BISONがアウト側クアッド(4)レンズだったのに対し、BISON Proはトリプルレンズとなりました。しかし、

スポンサーリンク

UMIDIGI BISON Pro
最近のUMIDIGI製品に搭載されていることの多い「温度(体温)測定」が可能です。この機能、エントリーモデルのAシリーズではおなじみですが、人気というか需要があるんでしょうね。

なお、サイズはBISONとほぼ同じで重量が若干(約15グラム)重くなっています。タフネススマホなので、一般的なスマホよりはかなり重いですし、厚みもあります。

2.UMIDIGI BISON Pro 筐体

UMIDIGI BISON Pro
筐体のデザインはBISONとほぼ同じですが、BISONがイエローやオレンジのアクセントカラーを使っていたのに対し、BISON Proではほぼモノトーンの落ち着いた印象になっています。

前面は水滴型ノッチが採用され、背面デザインはタフネススマホとしてはおとなしめと言えます。カラーバリエーションは2つ、この画像の左側「Storm Gray」と右側「Hack Black」です。

UMIDIGI BISON Pro

クリックで拡大します

筐体のエッジ部分はしっかり補強されています。また、ストラップホール(Lanyard Hook)がついているのもアウトドア用途の製品としてはありがたいところです。

UMIDIGI BISON Pro

クリックで拡大します

ちょっと見にくいですが各部名称です。

UMIDIGI BISON Pro

クリックで拡大します

BISON Proは側面のボタン配置に特徴があります。ユーザーが任意の操作を割り当てることのできるカスタマイズボタン(ショートカットボタン)を複数搭載しているんですよね。また、指紋センサーも側面です。これらの部分は従来モデルのBISONから踏襲されています。

3.UMIDIGI BISON Pro 価格など

UMIDIGI BISON Pro

クリックで拡大します

UMIDIGI BISON ProはAliexpressに製品ページがあり、7月26日の日本時間16時から「グローバルセール」で149.99ドル(約17,000円)で販売される予定です。おそらくRAM4GBバージョンの価格と思われますが、この価格は従来モデルのBISONの最低価格と同じですね。RAM8GBバージョンの価格にも大いに期待できそう。

CPU性能、RAM/ストレージ容量、カメラ品質、そしてタフネス筐体と、ミッドレンジ機としてとても魅力的な構成なので、それが149.99ドルというのは非常に安い、と言っていいんじゃないでしょうか。スマホであまりゲームをしないという人ならメインスマホにできる製品だと思いますし、もちろんアウトドア用のサブ機としてもしっかり期待に応えてくれるでしょう。

また、UMIDIGIの公式サイトでGIVEAWAY(プレゼント)キャンペーンも開催中なので、ダメ元で応募してみてもいいかもしれません。

4.関連リンク

UMIDIGI BISON Pro
UMIDIGI BISON Pro:UMIDIGI Official Store(Aliexpress)

スポンサーリンク