UMIDIGI A3 - 装備充実でカメラ性能も素晴らしい5.5インチエントリースマホ。え?これで1万円しないの?

公開日: : Android , ,

UMIDIGI A3
今回は中国メーカー「UMIDIGI」の最新エントリーモデル「UMIDIGI A3」を紹介します。UMIDIGIのエントリーモデルでは「UMIDIGI A1 Pro」という製品の紹介記事をこの3月に掲載したのですが、個人的に「感動」してしまうくらいにスペックが充実していたことをよく覚えています。A3はA1 Proの直接の後継モデルと言えるかどうかわかりませんが、「やっぱり感動した」くらいの超ハイコスパになっています。

スポンサーリンク

1.スペック

UMIDIGI A3
OSはAndroid 8.1、CPUはMT6739です。MT6739というのは典型的なエントリースペックのCPUで、つい最近ウインタブでもようやくこのCPUを搭載する「Elephone A4」という製品を実機レビューしており、Antutu(Ver.7)のスコアが39,123点でした。Elephone A4をレビューしたライターのかのあゆさんによれば、「ゲーム以外の動作に関しては十分快適に運用できる性能となっているので、『スマートフォンでゲームはプレイしない』という人は本端末でも十分スマートフォンとして快適に利用することができると思われます。」とのこと。やはりPUBGなど最新のアクションゲームやレースゲームをプレイするには厳しいということですが、ゲーム以外の用途であれば十分快適、と考えていいと思います。

RAMは2GB、ストレージは16GBと、ここも典型的エントリースペック、という感じです。上に書いたとおり、ゲームをしないということなら問題はないと思いますが、ストレージ容量が小さいので、データ保存用のMicroSDカードは必要かもしれないですね。

ディスプレイは5.5インチでノッチ(切り欠き)タイプではないものの、アスペクト比18:9の縦長タイプになっています。また、解像度はHD+で、上位モデルのようにFHD+というわけにはいきませんが、実用上の支障はないはずです。

うれしいのが通信バンド、UMIDIGI A1 Proでもそうでしたが、日本では重要なバンド19にも対応します。また、メーカーによれば「DSDV(デュアルVoLTE)」にも対応するとのことですが、中華スマホの場合DSDSやDSDVが日本ではうまく機能しないケースもあるので、この点はあまり期待しないほうがいいと思います。

あと、カメラはエントリースマホとしては「素晴らしい」です。イン側が8MPありますので、セルフィーもキレイに撮影できると思いますし、アウト側もデュアルレンズになっています。カメラについては実際に撮影してみないと正しく評価するのは難しいですが、スペックとしてはワンランク上のものになっていると思います。

スポンサーリンク

UMIDIGI A3
この製品の主要機能です。どれもうれしいものばかりです。OSは「Stock Android 8.1」と記載されているので「素のAndroid」になっていますし、エントリースマホながら顔認証と指紋認証の双方に対応します。また、SIMスロットはSIM1、SIM2、microSDが独立していて、よくある「SIM2はmicroSDと排他」ではありません。

2.筐体

UMIDIGI A3
ノッチディスプレイではないので、割とプレーンでシンプルな印象です。低価格品ながらエッジ部分は2.5D曲面処理が施され、高級感があるとまでは言えないと思いますが、安っぽさも感じられません。

UMIDIGI A3
各部名称です。USBはType-CではなくmicroUSB、そしてオーディオジャックも残っています。USBポートに関してはType-Cのほうがいい、という人が多くなっていると思いますが、オーディオジャックが廃止されていないことを歓迎する人も少なくないでしょう。この画像を見ると、背面はガラスコーティングになっているようですね。意外に高級感があるかも。

UMIDIGI A3
筐体色は「ゴールド」と「ブラック」があります。

3.価格など

UMIDIGI A3は中国の通販サイト「Banggood」「TOMTOP」「Gearbest」に製品ページがあります。11月3日現在だとBanggoodとGearbestが79.99ドル(約9,200円)と安値になっています。

ここまで製品をチェックしてみて、79.99ドルというのはものすごく安いと感じます。スマホになにを求めるか、というのは人それぞれで、もっぱらゲームをやりたいという人には向きませんが、ライトな普段使いということなら十分な実力があると思いますし、カメラもキレイに撮影できると思います。なので、ライトユーザーのメインスマホとしても使えるでしょうし、サブ機的に運用するというのもありだと思います。

4.関連リンク

UMIDIGI A3:Banggood
UMIDIGI A3:Gearbest
UMIDIGI A3:TOMTOP

Comment

  1. なお より:

    いいですね
    1万以下のモデルとしては、ちょっとおしゃれ気味なのが難点
    もうちょっとダサいほうが、「ああ、中華製品だな」と実感しやすいのにw

    デザイン的にちょっと使ってみたい層もいるんじゃないですかね
    ゲームしないのなら16GBもありですし

    • wintab より:

      なおさん、こんにちは。このレンジがウインタブの大好物。しかし、実用品としてはこれでほんとに十分な気がします。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Banggood セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑