Ulefone Armor 7 - Helio P90と48MPカメラを搭載するアウトドアスマホ。街なかでも使えるデザインが魅力です!

Ulefone Armor 7
中国メーカーのUlefoneが、同社のトップブランドのひとつ、Armorシリーズのニューモデル「Ulefone Armor 7」を発売しました。この製品はArmorシリーズのトップモデルと思われ、CPUやカメラなどの性能が大きくレベルアップしています。また、競合製品と比較すると、デザインも「街なかでの利用」がしやすいものになっています。

スポンサーリンク

1.スペック

Ulefone Armor 7
OSはAndroid 9.0と、中華の新興メーカー製品としてはごく新しいものが搭載されています。UIについては不明ですが、以前ウインタブで実機レビューをした「Ulefone Armor 5」ではアウトドア系の独自アプリがインストールされていることを除けば、ほぼ「素のAndroid」だったので、Aromor 7でもそれが踏襲されている可能性が高いと思います。

CPUはMediaTekの新作、Helio P90です。ウインタブではまだレビューをしたことのない型番ですが、従来モデル(下位モデル)のP60/P70からパフォーマンスが向上し、Antutu(Ver.7)のスコアが16万点台前半くらいとのことです。なので、ゲーム類も含め、一通りの操作で不満を感じることはないでしょう。ただし、3D系など重量級のゲームだと画質設定を多少落としてやる必要はあると思います。

RAMは8GB、ストレージは128GBと、ハイスペック機なみの容量を確保しています。いつも思うんですけど、Androidスマホに8GBもRAMを積む必要があるんでしょうかね?まあ、RAMは多いに越したことはないですけど。

ディスプレイは6.3インチのFHD+解像度で、水滴型ノッチを採用しています。

Ulefone Armor 7
通信バンドは「グローバル対応」ですね。日本で重要となるバンドもしっかりカバーされています。また、SIMスロットは一般的な「SIM2はmicroSDと排他」のタイプとなります。

Ulefone Armor 7
続いてカメラ。アウトドアスマホながら、アウト側に48MPを含むトリプルカメラが搭載されています。センサーはSamsungですね。

バッテリーは5,500 mAhと大容量で、ワイヤレス充電(Qi規格)にも対応します。ただし、リバースチャージ機能については言及がありませんでした。この点、結構知りたいところなんですけどね…。

サイズは「やっぱでかい」です。この製品はIP68レベルの防水・防塵性能と、ミルスペック(MIL-STG-810G)準拠の耐久性を備えていますので、ここはやむを得ないところかと思います。重量も290 gと、かなりの重さになっていますよね。

スポンサーリンク

一通りスペック表を確認してみて思い出されるのは「DOOGEE S95 Pro」と「Blackview BV9800(Pro)」の2機種です。ともに上位クラスのアウドドアスマホで、かたやモジュール式(DOOGEE)、かたやサーマルカメラ(Blackview)と、それぞれ独自機能を搭載していますので、この秋冬にハイスペックなアウトドアスマホの購入を考えている人は、このArmor 7を含む3機種の中から選ぶ、ということになりそうです。

2.筐体

Ulefone Armor 7
前面は、一般的な水滴型ノッチ採用のスマホと比較すると、さすがにベゼル幅が気になるところではありますが、アウトドアスマホとして健闘しているというか、割とスッキリしていると思います。これなら水滴型ノッチを採用する意味はあっただろう、と。

また、背面はちょっと拍子抜けするくらいシンプルです。上に挙げたDOOGEE S95 ProやBlackview BV9800が「いかにもアウドドア」なデザインであるのと対象的で、街なかで使うのであればArmor 7のデザインが一番よさそうですね。しかし、アウトドアっぽい雰囲気、という点では一歩譲ります。

Ulefone Armor 7
Ulefone Armor 7
側面を見ていただくために掲載しています。上の画像には右側面が写っていますが、やや特徴的な(防水処理されています)電源ボタンと音量ボタンの下に指紋センサーが見えます。また、下の画像は左側面で、SIMスロットのほかにもうひとつボタンがあります。残念ながらこのボタンの機能についてはわかりません。「ユーザーが任意の操作を割り当てることのできるもの」であってほしいですね。

Ulefone Armor 7
それとこの製品、心拍数センサーもついてます。背面のカメラのそばにあります。必要性についてはなんとも言えないですね。スマートウォッチであれば低価格なものでも心拍数センサーがついていて、スマートウォッチの場合は「腕に装着している限り測定し続ける」ことができるので、健康管理に役立つと思いますが、この製品の心拍数センサーはタッチ式のようなので、瞬間のデータしか取れないでしょうし。

3.価格など

Ulefon Armor 7は中国の通販サイト「Banggood」でプレオーダー中で、10月26日現在の価格は469.99ドル(51,942円)ですが、クーポンコード「BG11A7」で369.99ドル(40,890円)で購入できます。この製品のいいところとして「街なかでも使えるデザインである」という点と「アウトドアスマホとしてはスペックが高く、非常によくバランスが取れている」という点が挙げられます。また、クーポン価格だと、競合しそうなDOOGEE S95 Proよりも安価になっていますので、この点も魅力です。

4.関連リンク

Ulefone Armor 7:Banggood

スポンサーリンク