CHUWI LapBook SE - 13.3インチでGemini Lakeを搭載する中華モバイルノート、価格も期待を裏切りません

公開日: : 輸入製品 ,

CHUWI LapBook SE
中国メーカー、CHUWIが13.3インチサイズのモバイルノート「LapBook SE」を発表しました。CHUWIの「LapBook」という製品は「15.6インチ」「14.1インチ」のスタンダードノート、「12.3インチ」「14インチ」のモバイルノートと、いくつかのバリエーションがありますが、私が知る限り13.3インチという「ゴールデンサイズ」の製品はこれまで発売されていませんでした。

スポンサーリンク

ほぼ1年ぶりとなるLapBookシリーズの新顔、どんな製品なんでしょうか?

1.スペック

CHUWI LapBook SE
2018年8月という時節柄、CPUはGemini Lake世代のCeleron N4100が搭載されます。この製品はApollo Lake世代のCeleron N3450の後継製品で、エントリークラスとしては十分なパフォーマンスを発揮してくれます。もちろんCore iプロセッサーよりは劣りますが、低予算で購入できるPCのCPUとしては申し分なし、と考えます。

RAMは4GBで、ストレージはなぜか「32GB eMMC + 128GB SSD」となっています。この製品にはストレージ拡張用のM.2 スロットを装備しているとの説明があり(画像はありません)、そこから推測すると、オンボードのストレージがeMMC、拡張用スロットに128GB SSDが入っているのだろうと思います。また、これも推測ですが、おそらくOSはeMMC側に入っていると思われますので、本来のパフォーマンスを実現するためにはOSをSSD側に入れ替える作業が必要になるかもしれません。

ディスプレイは13.3インチでIPS液晶、FHD解像度です。タッチパネルではありません。CHUWI製品のディスプレイ品質は概して良く、この製品のディスプレイ画質にも期待できると思います。

ポート類に関しては「可もなく不可もなく」と言ったところでしょうか。USB 3.0が2つとHDMIが装備されます。しかし、最新のノートPCに最低1つは装備されていることの多いUSB Type-Cはついていません。

あと、サイズなんですけど、このスペック表に記載しているのはAliexpressの「CHUWI Official Store」にあったものです。ただ、メーカーの公式サイトには数値の記載がなく、この記事に掲載している数値も「ちょっと怪しいかも」という気はしています。この製品はCHUWIの最新モデルにして薄型のモバイルノートなのですが、それにしては重量1.5 kgというのは重すぎですよね。この辺のところはもう少し後で、多くの通販サイトなどに製品ページができる頃には情報が更新されるかもしれません。

スポンサーリンク

2.筐体

CHUWI LapBook SE
この製品の横幅は317 mmとなっていて、これって13.3インチモバイルノートPCとしては特に小さいほうではありません。しかし、画像を見るとベゼル幅がかなり細くなっています。中華製品は製品画像をよりよく見えるように加工しているケースがありますが、この製品の場合は「画像加工されているのか」あるいは「スペック表のサイズが誤って表記されているのか」定かではありません。

CHUWI LapBook SE
これまでのLapBookシリーズはホワイトもしくは淡い色のシルバーの筐体色だったのですが、この製品はそれよりも濃色です。筐体素材はおそらくアルミ合金でしょう。モバイルノートを薄型に仕上げるためにはプラスティック筐体は向きませんから。

CHUWI LapBook SE
キーボードにはバックライトが装備されます。しかも「adjustable brightness」という表記がメーカーサイトにありましたので、明るさ調整も可能のようです。

配列は「Enterキーの右に一列」あるタイプです。筐体の端まで使ってキーを配置していますので、キーピッチにはかなりの余裕がありそうですね。

CHUWI LapBook SE
側面と入出力ポートです。ポートの数は決して充実しているほうとは言えませんが、最低限の実用性はあると思います。

3.価格など

CHUWI LapBook SEは8月6日現在だと中国の通販サイト「Gearbest」に製品ページがあります。BanggoodやGeekbuying、TOMTOPなどにはまだ製品ページがありません。また、Gearbestでは一応この製品を販売中なのですが、配送開始が9月20日以降と、かなり気の長い話になっています。この配送開始時期から考えて、他の通販サイトに製品ページができるのは8月下旬くらいなんじゃないでしょうか。

ただ、Gearbestは価格の面では健闘していると思います。299.99ドル(33,935円)と、128GB SSDを搭載する製品としては十分割安な価格です。

今回の紹介記事では、サイズ面の数値説明に不安がありますし、ストレージ構成が正確に把握できていません(標準装備のSSDのほかにM.2スロットの空きがあるのか否か)。実際にこの製品が流通し始めるのが9月下旬から、ということなので、それまでにもう少し正確な製品情報を入手したいところです。

私の経験上、CHUWI製品は筐体品質も良く、挙動も安定していますので、この製品は2018年後半の有力な購入候補になるのではないか、と思います。

4.関連リンク

LapBook SE:CHUWI公式サイト 製品ページ(英語〉
Chuwi Lapbook SE:Gearbest

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
geekbuying セール
  • Microsoft Public Affiliate Program (JP)(マイクロソフトアフィリエイトプログラム)

  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map

    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    北海道小樽市出身のウインタブです。いつもご覧いただきありがとうございます。読者の皆様からいただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑