DOOGEE S95 Pro - CPUにHelio P90を搭載する最新Androidスマホ、モジュールをセットすれば長時間稼働&迫力の音質に!

DOOGEE S95 Pro
中国メーカー「DOOGEE」が6.3インチサイズのアウトドアスマホ「S95 Pro」を発売しました。従来のアウトドアスマホと比較して、スペックが格段に新しく、そして高くなっています。また、それだけではなく、とっても興味深いギミックも備わっていますよ!

スポンサーリンク

1.スペック

DOOGEE S95 Pro
OSはAndroid 9.0と、最新ではないものの、Android 10を搭載している新製品はまだまだ少ないので、中華の新興メーカー製品としては新しいOSが使われていると思います。CPUのHelio P90というのは最新ですね…。ウインタブではまだこのCPUを搭載するスマホの紹介記事を掲載したことがありませんが、Webで調べてみるとAntutu(Ver.7)のスコアが16万点台前半、ということなので、従来モデルのHelio P60/P70(14万点くらい)よりもワンランク上の性能と言えます。Snapdragon 855などとの比較では大きく見劣りしますが、日頃Helio P70搭載のスマホを愛用している私としては、このくらいのスコアが出るのであればFPSやグラフィックの凝った音ゲーなどでも、せいぜい画質をワンランクくらい下げる程度で問題なくプレイできると思います。もちろんゲーム以外の用途で性能不足を感じる場面はまずないでしょう。

RAMは8GB、ストレージは128GBと、こちらも最新のハイエンドスマホに遜色のない大容量です。また、ディスプレイは6.3インチでFHD+解像度、水滴型ノッチを採用しています。製品画像については後掲しますが、アウトドアスマホとしてはかなりベゼルが目立たないデザインです。ディスプレイガラスはゴリラガラス4が使われています。

通信バンドですが、「グローバルバンド対応」といいつつ、バンド19がないですねw しかし、バンド28など、日本で重要となるバンドにも対応しています。

DOOGEE S95 Pro
カメラはアウトドアスマホとしてはかなり優秀なスペックです。イン側が16MP、アウト側は48MPを筆頭とするトリプルレンズで、48MPカメラのセンサーはソニーのIMX582です。撮影画質については実際に試してみないとなんとも言えませんが、数値上は期待できますね。

バッテリーは…、諸事情により筐体説明のところで詳しく。

2.筐体

DOOGEE S95 Pro
前面は水滴型ノッチを採用していて、この画像を見る限りアウトドアスマホとしてはかなりベゼル幅が狭くなっています。普通アウトドアスマホは耐衝撃性を高めるために、特に上下のベゼルが太めになっていて、「ノッチとか意味ないやん」と感じるのですが、この製品の場合は水滴型ノッチの恩恵は大きいと思えます。

背面はアウトドアスマホっぽいゴツさがありますね。カメラレンズも目立ちます。しかし、画像の下のほうになにやらコネクターのようなものが見えます。

スポンサーリンク

DOOGEE S95 Pro
実はこの製品、2種類のモジュール(外付けパーツ)が用意されています。この画像は「バッテリーモジュール」で、3,500 mAhのバッテリー容量になっています。本体側の内蔵バッテリーが5,150 mAhなので、単純計算で8,650 mAhもの大容量が使えることになります。また、おそらく本体側だけだと思いますが、ワイヤレス充電にも対応します。

DOOGEE S95 Pro
モジュールはもう1種類あります。スピーカーモジュールです。このモジュールも2,000 mAhのバッテリーを内蔵し、6Wの出力で口径27 mmのステレオスピーカーを3時間鳴らすことができます。これ、ぜひ試聴してみたいですよね!

DOOGEE S95 Pro

クリックで拡大します

各部名称です。これを見ると、側面に指紋センサーがあり、イヤホンジャックは省略されていることがわかります。また、USB Type-Cポートはパッキン防水ですね。一般的なスマホと比較するとかなりゴツいデザインですが、アウトドアスマホとしては薄いほうで、ディスプレイサイズから見たサイズも小さめではあります。

3.価格など

DOOGEE S95 Proは中国通販各社に製品ページがありますが、10月21日現在で最も低価格なのがAliexpress内のDOOGEE Official StoreとGearbestで、モジュールなしが399.99ドル、モジュール付きが499.99ドルです。また、DOOGEEの公式サイトの案内を確認したところ、11月11日(中国の「シングルデー」ですね)から18日までの間、モジュールなしが369.99ドル(およそ41,200円)、モジュール付きが469.99ドル(およそ51,000円)で購入ができるようです。対象となる通販サイトはAliexpress、Gearbest、Banggood、DOOGEE直販サイトの4つです。また、先着1,000台には完全ワイヤレスイヤホンがプレゼントされるとのことですが、個人的にはイヤホンを重視するのではなく、素直に11月11日に369.99ドルで購入するのが賢いような気がします(イヤホンの品質が信用ならないとは言ってません)。

この製品はCPUの型番も新しく、モジュール式ということもあり、割高か割安か、というのは容易に決めつけることができません。中華スマホだと5万円あればSnapdragon 855搭載機が購入できますので、CPU性能だけ見れば割高に思えますが、ゲームプレイに支障のなさそうなCPU性能にIP68レベルの防水・防塵性能を備え、カメラも48MP、さらに2つのモジュールがついて5万円ちょっと、というのは決して割高ではなく、むしろ割安という感じもしますよね。これでスピーカーモジュールの音質が高評価だったら「買っちゃおうかな」という気にさせられそうです。

とりあえず11月11日までじっくり考えましょう。

4.関連リンク

DOOGEE S95 Pro:Aliexpress内DOOGEE Official Store
DOOGEE S95 Pro(モジュールなし):Gearbest
DOOGEE S95 Pro(モジュール付き):Gearbest
DOOGEE S95 Pro:Banggood

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    拡張するスマホ久しぶりに見た気がする