ALLDOCUBE iPlay 40 Pro - 人気の高性能Androidタブレットがスペックアップ!ストレージ256GBに4スピーカーを搭載!

ALLDOCUBE iPlay 40 Pro
日本でも人気のAndroidタブレット「ALLDOCUBE iPlay 40」に「Pro」が加わりました!先日読者の方からコメントで情報提供していただいたのですが、この記事を執筆している時点ではBanggoodにはまだ製品ページがなく、Aliexpress内のALLDOCUBE Official Storeにありました。iPlay 40には他に「iPlay 40H」という、横持ちで使うことを想定した「スピーカー強化版」がありますが、今回「Pro」が追加されたことにより「iPlay三兄弟」になりましたね。

スポンサーリンク

1.ALLDOCUBE iPlay 40 Pro スペック

スペック表

    ALLDOCUBE iPlay 40 Pro
OS  Android 11
CPU  UNISOC T618
RAM  8GB
ストレージ  256GB
ディスプレイ  10.4インチIPS(2,000 × 1,200)
LTEバンド  B1/2/3/5/7/8/20/28AB
SIM  Nano SIM×2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク IEEE 802.11a/b/g/n/ac、 Bluetooth 5.0
入出力  USB Type-C
カメラ  イン5MP/アウト8MP
バッテリー  6,200mAh
サイズ  246.7 × 156.5 × 8.2 mm
重量  不明(おそらく475 g前後)

コメント

従来モデルのiPlay 40およびiPlay 40Hとの相違点ですが、

スポンサーリンク

・OSがAndroid 10からAndroid 11に
・RAMは8GBで据え置き、ストレージが256GBに
・バッテリー容量が6,000mAhから6,200mAhに(iPlay 40Hと同じ)
・2スピーカーから4スピーカーに(iPlay 40Hと同じ)

という点が挙げられます。CPUとRAMの構成は変更ありませんので、パフォーマンスは従来モデルとほぼ同じですね。UNISOC T618はAntutu Ver.8のスコアが20万点オーバーの実力がありますから、低価格帯のAndroidタブレットとしてはかなり高性能です。

また、ストレージが256GBになった、というのはうれしいですね。最近のAndroidのゲームは容量1GBなんてのは普通で、中には10GBクラスのものもありますし。

ディスプレイの品質も従来モデルから変更がありません。10.4インチと少し大きめで、解像度2,000 × 1,200と高精細です。それと、

ALLDOCUBE iPlay 40 Pro
製品ページ内の動画に「スタイラスペンに対応」という説明がありました。ただ、詳細は不明で、筆圧に対応するのか、デジタイザーの形式は何なのか、ということはわかりません。

サイズも従来モデルとほぼ変わりません。厳密にはiPlay 40とはわずかに異なり、40Hと同寸です。重量については開示がありませんでしたが、おそらく従来モデルとほぼ同じと思われます。

2.ALLDOCUBE iPlay 40 Pro 筐体

ALLDOCUBE iPlay 40 Pro

クリックで拡大します

筐体はiPlay 40Hとほぼ同じです(筐体色が異なります)。iPlay 40が2スピーカーだったのに対し、4スピーカーになった、というのが最大の相違点ですね。もちろん4スピーカーのほうが音質はずっと良くなると思いますし、横持ちで動画を観たりゲームをする場合には臨場感もあるでしょう。

なお、従来モデルのiPlay 40はウインタブのライターが2度にわたって実機レビューをしています。また、私自身も短時間ですがiPlay 40の実機を確認しており、その際、この製品のセールスポイントは高性能なCPUや大容量のRAM、ストレージよりもむしろ「筐体の出来」なのではないか、と感じました。薄型・軽量で質感が高く、低価格な中華タブレットとはとても思えないくらいでした。その意味でも、iPlay 40シリーズの完成度は非常に高いと思っています。

3.ALLDOCUBE iPlay 40 Pro 価格など

ALLDOCUBE iPlay 40 ProはAliexpress内のALLDOCUBE Official Storeに製品ページがあり、7月20日現在の価格は294.49ドル(33,416円)と表記されていますが、7月26日から28日にかけて「ワールドプレミア(セール)」が予告されており、195.99ドル(約22,200円)で購入可能となるようです。195.99ドルというのは従来モデルのiPlay 40の実売価格よりも安く、セール価格とほぼ同等なので、ワールドプレミアのタイミングで購入ができるのであればかなりお買い得と言えるでしょう。

4.関連リンク

ALLDOCUBE iPlay 40 Pro:ALLDOCUBE Official Store(Aliexpress)

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    スタイラスの件、何かを使ってでスタイラスを使ったメモ取り(≠お絵描き)を試してみたかったので、気になりました。
    で、iPlay40無印のビデオも見てみたんですが、同じ表記ありますね。
    ついでにBanggoodでこんなのも見つけました。うーんどうなんだろう。という感じです。
    https://jp.banggood.com/Capacitive-Pen-Stylus-For-Alldocube-iPlay-40-Tablet-p-1797635.html

    # いつも記事を楽しみに読んでますが初めて投稿しました。

    • wintab より:

      こんにちは。うーん、こればっかりは試してみないとなんとも…。お絵かき用でなければ大丈夫のような気もしますけどねえ。ちなみにALLDOCUBEのWindowsタブレットのスタイラスペンは高品質。