SONY Xperia 10 II - トリプルレンズカメラに有機ELディスプレイ搭載、Xperia 1 IIよりも買いやすい価格帯のミッドレンジ・スマホ!

XPeria 10 II
こんにちは、かのあゆです。ソニー・モバイルは2020年2月24日にフラッグシップモデル「Xperia 1 II」とともにミッドレンジモデルとなる「Xperia 10 II」を同時発表しています。これは昨年発売した「Xperia 10」の後継モデルとなります。前モデルとなるXperia 10では大型モデルとして「Plus」が用意されていましたが、今回は1モデル構成で発売されます。また、Xperia 10は日本国内では発売されず、Xperia 10をベースにした国内専売モデル「Xperia 8」が代わりに投入されましたが、今回のXperia 10 IIは日本国内での投入も発表されています。

スポンサーリンク

同時に発売されたXperia 1 IIと異なり5Gネットワークには対応していませんが、強化されたCPUに有機ELディスプレイ、トリプルレンズカメラの採用などXperia 8/10よりも大幅にアップグレードされており、どちらかといえば「Xperia 1 Lite」とも言える内容に進化しています。価格設定も安価に設定されており、Xperia 1 II同様魅力的な端末に仕上がっています。

1.スペック

Xperia 10 II スペック
搭載OSは同時発表されたXperia 1 II同様、最新OSとなるAndroid 10を採用しています。CPUはQualcomm Snapdragon 665を搭載し、内蔵RAMは4GB、内蔵ストレージは64GB/128GBという構成です。Snapdragon 665に関しては日本国内で正規販売されている端末では他に「oppo A5(2020)」に採用されています。基本的には2017年のミッドレンジ端末に採用されてきたSnapdragon 660と同等の性能ですが、AI関連の機能が強化されています。RAMは4GB、内蔵ストレージは64GB/128GBとなっており、MicroSDカードによるストレージ拡張にも対応します。

Xperia 10 II ディスプレイ
ディスプレイは6.0インチ(2,520 x 1,080)となっており、ミッドレンジモデルのXperiaとしては初となる有機ELディスプレイを採用しています。前モデルのXperia 10ではIPSディスプレイを採用していたため、ミッドレンジモデルながら液晶パネルに関しては上位モデル相当に一気にアップグレードされています。

スポンサーリンク

Xperia 10 IIカメラ
カメラはイン8MP、アウト12.2MP + 8MP + 8MPという構成で、アウトカメラがXperia 10のデュアルレンズ構成からトリプルレンズ構成に変更されています。Xperia 10に搭載されていた標準レンズ、超広角レンズに加え、新たに望遠レンズが追加されたことによりズーム写真もきれいに撮影できるようになりました。Xperia 1 IIとは異なり「シネマプロ」アプリや「Photography Pro」アプリは搭載されていないものの、AIによるシーン自動認識に対応しておりカメラ性能も期待できそうです。

バッテリー容量は3,600 mAhで、Xperia 1 II同様USB PDによる急速充電に対応しています。ただしワイヤレス充電には対応していません。3.5 mmヘッドフォンジャックも搭載しており、ハイレゾ音源の再生や既存の圧縮音源をハイレゾ相当にアップコンバートしてくれる「DSEE HX」にも対応しているため、オーディオプレイヤーとしても活躍していけそうです。

2.筐体

Xperia 10 II デザイン
前面デザインは前モデルのXperia 8/10のものを継承しています。他社スマートフォンではノッチを採用するものが増えてきていますがXperia 1 IIとXperia 10 IIでは非採用です。上位モデル同様21:9縦横比のディスプレイを採用しています。背面デザインはアウトカメラの位置がXperia 1と同じ左上に変更されています。

Xperia 10 II 筐体色
筐体色は「ブラック」「ホワイト」「ブルー」「ミント」の4色展開です。ミントに関しては2013年に発売した「Xperia A」「Xperia A feat Hatsune Miku」に近い印象のカラーリングとなっており、日本国内でも人気の筐体色になりそうです。

3.まとめ

Xperia 10 IIは今春発売予定となっており、海外での価格は369ユーロ(約45,000円)です。前モデルのXperia 10とは異なり日本国内でも発売予定です。上位モデルのXperia 1 IIは約14万という価格設定になっており、スマートフォンとしては高価な製品となってしまっていますが、Xperia 10 IIに関してはミッドレンジモデルらしく購入しやすい価格帯に設定されています。それでいてXperia 1 II同様有機ELディスプレイを搭載し、アウトカメラもトリプルレンズ構成になるなど上位モデルの要素をうまく抑えています。個人的にはXperia 1 IIよりも購入しやすい価格帯のXperia 10 IIのほうが魅力的と感じています。

カラーリングもポップなカラーリングの「ミント」が設定されているなどXperia 1 IIとはまた違った魅力を持つ端末に仕上がっています。

4.関連リンク

Xperia 10 II : Sony

スポンサーリンク

コメント

  1. Wint より:

    前のXperia 8は下ベゼルが無く、カメラなどを配置する上ベゼルがあってどこか違和感のあるデザインだった様な気がするのですが、この機種はそういったことは無いのか気になります。