MINISFORUM DeskMini X35G - Ice LakeのCore i3を搭載、拡張性も高いミニPCがクラウドファンディングされます

MINISFORUM DeskMini X35G
先日ウインタブでも「DeskMini UM300」というミニPCの実機レビューをさせてもらった中国のミニPCメーカー「MINISFORUM」がミニPCのニューモデル「DeskMini X35G」のクラウドファンディングを準備中です。ウインタブでこれまで紹介したり、レビューしてきた中国のミニPCはCPUにAtomやCeleronを搭載する低スペック・低価格なものがほとんどでしたが、MINSIFORUMのミニPCは性能が高く、メインPCとして十分使えるスペックになっているものが多いです。このX35GもミニPCとしては高性能で、注目すべき機能も搭載されています。

スポンサーリンク

なお、ウインタブでレビューした「DeskMini UM300」は現在Twitterにてプレゼントキャンペーンを開催中です(主催はMINISFORUM、事務担当がウインタブ)。詳しくはこちらをご覧ください。
ミニPC「MINISFORUM DeskMini UM300」をプレゼント!Ryzen搭載の高性能マシンです!(提供:MINISFORUM)

1.スペック

  MINISFORUM DeskMini X35G
OS Windows 10 Pro
CPU Intel Core i3-1005G1
外部GPU なし
RAM 16GB(DDR4-3200MHz, オンボード)
ストレージ M.2 NVMe SSD (pcie3.0 4X) Optane対応
2.5 inch SATA3.0 HDD or SSD(拡張用)
M.2 2280 SATA SSD(拡張用)
光学ドライブ なし
ディスプレイ なし
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.1
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 3)、USB 3.1 Gen2 ×2、USB 2.0×2、HDMI、Display Port、microSDカードリーダー、LAN(RJ45)×2、オーディオジャック。
カメラ なし
バッテリー なし
サイズ 136.5 × 121.5 × 40.5 mm
重量 0.5 kg

製品スペックの詳細はクラウドファンディング(INDIEGOGO)がスタートした際に再度ご確認をお願いいたします。この記事は事前にMINISFORUMから送られてきた資料をベースに書いておりますので、後日詳細項目が変更となる可能性があります。

OSはWindows 10 Proで、CPUは第10世代(Ice Lake)のCore i3-1005G1です。ノートPC用のCPUですね。ただこれ、

MINISFORUM DeskMini X35G

クリックで拡大します

「TDP Unlocker」が搭載されています。(すみません、私はオーバークロックに関する知識が十分にないので、以下の記述で誤っていたらコメント欄にてご指摘をお願いいたします)Core i3-1005G1というCPUはオーバークロックには対応しておらず、ユーザーがCPUのクロックスピードを定格値以上にすることはできません。しかし、TDP Unlockerにより「ターボブーストを効きやすくする」ことができ、X35GはノートPC用CPUを搭載しつつその機能が使える、ということです。

スポンサーリンク

ウインタブでは「PEPPER JOBS GLK-UC2X」というTDP Unlockerを搭載するミニPCの実機レビューをしていて(今でもこの製品を使っています)、PEPPER JOBSはCeleron N4100を搭載しているのですが、TDP Unlockerを使った場合のドラクエベンチのスコアが「3,127」を記録しています。Celeron N4100搭載PCの一般的なドラクエベンチのスコアは1,500~2,500くらいですから、TDP Unlockerはかなりの効果がある、と評価しています。

実機を試してみないとなんとも言えませんが、X35Gのパフォーマンスには期待したいところです。

RAMは16GBでDDR4-3200MHzという高速な規格が使われていますが、「オンボード」なのでユーザーによる増設は難しいですね。また、ストレージに関しては現状容量が開示されていません(クラウドファンディング開始時にいくつかのバリエーションが設定されると思います)。しかし、プライマリーがPCIe3.0 ×4規格なので速度面にはかなり期待できますし、増設用にSATA M.2 スロットと2.5インチSATAドライブベイがありますので、容量不足に陥っても安心かと思います。

通信まわりではWi-Fi6(ax規格)に対応し、有線LANも2系統が使えます。また、入出力ポートではThunderbolt 3も搭載していますので、規格としては素晴らしいと思います。

2.筐体

MINISFORUM DeskMini X35G
見た感じ、割とよくあるミニPCですね。筐体は「Metal Frame Design」という説明になっています。先日レビューしたUM300とは雰囲気が異なります。というか、UM300よりも少し薄型になっています。

MINISFORUM DeskMini X35G
前面と背面です。前面に高速なUSBポート、背面には映像出力系と有線LANポート、USB 2.0ポートが配置されています。画像にはありませんがmicroSDカードリーダーは側面です。

MINISFORUM DeskMini X35G

クリックで拡大します

筐体内部の画像です。左側の番号がなんなのかよくわかりませんが、右側にストレージの増設スロットの配置が説明されています。UM300と同様、ユーザーのDIY作業を念頭に置いた筐体構造になっていると思います。

MINISFORUM DeskMini X35G
当然ですが冷却ファンも搭載され、冷却性能についてもよく考えられています。

3.価格など

MINISFORUM DeskMini X35Gは近日中にINDIEGOGOでクラウドファンディングが開始される予定です。残念ながら価格がどのくらいになるかの情報はありません。しかし「Super Early Bird(超早割)」価格は定価の30%OFFになるとのことで、MINSIFORUM公式サイトでメールアドレスを登録するとクラウドファンディングの開始に合わせて案内がもらえるようです。

この製品、CPUはCore i3ながら高いパフォーマンスが期待でき、RAMやストレージの規格も高速、そして通信関係の構成も良く出来ていると思います。「いくらで買えるか」というのが現状わからないのでなんとも言えませんが、ウインタブ読者のメインPCとしても使えそうな製品なので、価格次第では「買い」でしょうね。

最近MINSIFORUMの製品を取り上げる機会が増えていて、製品をチェックしてみると非常にしっかりしていると感じます。UM300では技適マークもついていましたし、他の中国の新興メーカーとは一味違った姿勢が感じられますね。ONE-NETBOOKは私達がその名前を知ってからわずか1年で大きな知名度と高い評価を獲得しました。ミニPCというジャンルはUMPC(超小型ノートPC)ほどの派手さはなく「UMPCマニア」はいても「ミニPCマニア」というのは聞いたことがありません。しかし、この先MINISFORUMは少しずつ日本での知名度と評価を上げていくのではないか、と思います。

4.関連リンク

MINISFORUM 公式サイト
クラウドファンディング用のメール登録はこちらです

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    PEPPER JOBS GLK-UC2Xの再レビュー、今でも待っています。
    待っているのは私だけでしょうけどね…。

  2. 匿名 より:

    中華ミニPCはいいよ。キーボードの日本語の問題がないし固定で使うからプラグ変換すれば問題もない。OSは届いてから日本語化すればいいだけだし。何より安い。過去4台ぐらいずっと中華ミニPCだよ。(なんか早く壊れるけどw)
    CPUがショボいとディスクトップはイラつくのでこれぐらいのスペックは欲しいところ。後はファンの音が静かなことが大切かな。ファンレスPCとかだと最高だけどね。

  3. 匿名 より:

    デスクトップ用のパーツを小さな空間に詰め込むのでなく
    これはノート用のCPUを組み込んだデスクトップ用途のミニPCだから
    モニタからの電力供給で賄えるように入力はUSB PDにして欲しいかも
    このレベルなら積みまくっても20V/3Aで十分だし