OUKITEL WP5 - 見るからに頑丈そうな5.5インチサイズのアウトドアスマホ。でも価格はとってもリーズナブルです

OUKITEL WP5
先日中国メーカー「OUKITEL」のミッドレンジスマホ(アウトドアスマホとしてはハイスペック機でいいと思います)「WP6」の製品紹介記事を掲載しましたが、今回はその下位モデルといいますか、エントリークラスの製品「WP5」をご紹介します。ウインタブの「メインスマホとは特性の異なるものをサブ機にしては?」という主張にも沿った、お買い得なアウトドアスマホです。

スポンサーリンク

1.スペック

OUKITEL WP5
OSはAndroid 9.0ですが、メーカーの説明によれば

OUKITEL WP5
このように「当初はAndroid 9.0だけど、あとでAndroid 10にアップデートするから」とのことです。「ふーん(苦笑)」と言っておきます。実現するといいですねえ。

CPUはHelio A22で、Antutu(Ver.7)で6万点台のスコアとなる、エントリークラスのものが搭載されています。ゲーム用ではないですね。しかし、ブラウザーで調べ物をするとかSNSアプリやニュースアプリを使うとかであれば特に問題はありません。Androidの基本操作はサクサクこなせると思います。

RAMは4GBと、CPU性能を考えれば十分、ストレージは32GBですから、2020年の水準だと少々不足気味です。アプリをたくさんインストールしたり、動画撮影の頻度が多かったりすると容量不足を感じる可能性はあります。この製品はmicroSDカードによるストレージ拡張ができますので、必要に応じてmicroSDカードを併用するといいでしょう。

ディスプレイは5.5インチと、最近のAndroidスマホとしては小ぶりで、解像度もHD+(1,440 × 720)にとどまります。高精細なディスプレイを備えるハイエンドスマホを使っている人なら少し画面の粗さを感じるかもしれませんが、実用性には全く問題ないと思われます。というか、HD+でもそんなに不満は感じないと思いますよ。

Wi-Fiに関しては、Banggoodにax規格に対応、という記載がありましたが、「さすがにそれはないだろう」ということで上のスペック表からは除外しています。ひょっとしたらac規格も怪しいかも。

カメラはエントリークラスとしては凝っている方だと思います。画素数は高くありませんが、アウト側はトリプルレンズですしね。また、バッテリーも8,000 mAhとかなりの大容量です。ただ、上位モデルのWP6のようなリバースチャージ機能はないようです。

サイズはかなりのものです。ディスプレイが小さめなので、タテ・ヨコサイズはそれほど目立ちませんが、厚さが17.3 mm、重量も276.5 gと、「相当にゴツい」です。アウトドアスマホなので、このへんは織り込み済みという人も多いと思いますが、よく知らずに購入するとびっくりするレベルでしょう。

スポンサーリンク

2.筐体

OUKITEL WP5
エントリークラスながら、アウトドアスマホらしい雰囲気満点です。前面は上下にしっかりベゼルが残っていて、ノッチタイプではありません。また、四隅の「盛り上がり」がすごいですね。この製品はIP68レベルの防水・防塵性能とミルスペック(MIL-STD810G)準拠の耐久性能があります。また、背面はかなりごちゃごちゃしています。上部にトリプルカメラ、あと指紋センサーも見えます。なお、この製品は指紋認証のほか、顔認証にも対応しています。

OUKITEL WP5
そして大型のLEDライト。キャンプなんかに持っていくと便利そうです。

OUKITEL WP5
各部名称です。側面と上下面の様子もよくわかりますが、やはり厚さに圧倒されますね。左側面には「カスタマイズボタン(ユーザーが好みの操作を割り当てることができるボタン)」もあります。また、この製品にはイヤホンジャックはありません。画像では「microUSB」と書いていますが、ここにUSB Type-Cポートがあり、イヤホンはType-C+変換アダプターで使用します。

OUKITEL WP5
筐体色はこれまで説明に使ってきた「オレンジ」のほか「ブラック」も選べます。よりアウトドアらしい雰囲気なのはオレンジのほうですかね。

3.価格など

OUKITEL WP5は中国の通販サイト「Banggood」および「Gearbest」で販売中で、3月31日現在だとGearbestが安く99.99ドル(11,099円)です。スペック的にはウインタブ読者のメインスマホとしては少し力不足かな、と感じます。しかし、記事の冒頭にちらっと書きましたが、他にメインスマホをお持ちで、サブ機としてなにか変わったものを、ということなら面白いでしょうね。

ハイエンドスマホを2台持ちする、というのも決して悪くはありませんが、せっかく2台持つのなら特性が異なるものを使い分けるのも楽しいのでは?と思います。この記事を書いている時点ではコロナウイルスが猛威を振るっていて、レジャーに出かける、という気になれませんが、「明けない夜はない」ので、そうなったら海や山や、いろんなところに出かけて、この製品を使い倒したいものです。

4.関連リンク

OUKITEL WP5:Banggood
OUKITEL WP5:Gearbest

スポンサーリンク