OUKITEL K9 - 7インチオーバーの大型スマホが登場!しかも購入しやすい価格になっています

OUKITEL K9
中国メーカー「OUKITEL」が7.12インチの巨大ディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン「K9」を発表しました。ウインタブを開設したころは「7インチ」というサイズの「タブレット」がたくさんありました(最近はあまり見かけません)が、K9は「タブレットより大きいスマホ」ということもできそうです。

スポンサーリンク

1.スペック

OUKITEL K9
OSはAndroid 9.0と新しく、CPUはMediaTekのHelio P35です。このCPUはウインタブではまだ実機レビューをしていませんが、メーカーサイトでAntutuスコアを公表していました。

OUKITEL K9
こんな感じです。85,000点ということだと、2018年のミッドレンジ機に搭載されていたHelio P23といい勝負くらいです。もっとも2019年になって、Helio P60とかP70といったCPUがミッドレンジ機に搭載されるようになり、それらのCPUのスコアは13万点~14万点くらいに達しますので、現状だと「エントリークラスの上のほう~ミッドレンジの下のほう」くらいの位置づけになると思います。ゲーム用ということでなければ十分な性能だと思いますけどね。

RAMは4GB、ストレージは64GBと、最近では「ごく普通」くらいの水準で、実用上不足を感じるようなものではありません。

OUKITEL K9
この製品の最大の魅力はなんと言ってもディスプレイでしょう。7.12インチサイズでFHD+の解像度、さらに水滴型ノッチを採用しています。

Androidタブレットでは最近(2019年1月)「KEIAN KI-R7」という、エントリークラスの7インチモデルが発売されています。参考までにサイズ比較してみましょう。

OUKITEL K9:  177.6 × 86.3 × 8.9 mm / 232.2 g
KEIAN KI-R7: 189.5 × 109 × 9.2 mm / 250 g

KI-R7は非常に低価格な製品なので、多少サイズが大きめなのは仕方ないと思いますが、一般にタブレット製品のほとんどは上下左右のベゼル幅が太くなっていますので、サイズが少し大きめになってしまいます。一方OUKITEL K9は7.12インチサイズながら水滴型ノッチを採用するなどして、(スマホらしく)サイズを小さくしていますので、このように同等クラスのディスプレイサイズを備えるタブレットよりも小さくなっています。ただし、スマホとしてはかなり大きい、というのは間違いないですけどね。

カメラはイン8MP/アウト16MP + 2MPと、特筆するほどの高性能とは言えませんが、アウト側が16MPあり、センサーもソニー製のIMX298ということなので、画質には期待できそうです。また、バッテリーも6,000mAhと大容量で急速充電にも対応します。メーカー説明だと「5V/6Aで1時間半、9V/2Aで2時間半で満充電」とのことでした。

スポンサーリンク

2.筐体

OUKITEL K9
確かにサイズはかなり大きいんですけど、こうしてみると普通のスマホと全く同じ雰囲気です。前面の水滴型ノッチは十分に小さく、背面にはデュアルレンズカメラと指紋センサーを備えています。筐体素材は不明ですが、おそらくプラスティック素材にガラスコーティングなどの加工が施されているものと思われます。

また、この製品は指紋認証のほか、顔認証にも対応します。

Oukitel K9
この画像はOUKITELがYouTubeで公開している動画をキャプチャしたものです。サイズ感がよくわかりますね。

OUKITEL K9
各側面の画像です。ボタンやポートのレイアウトも普通のスマホと同じですね。USBポートはType-C、イヤホンジャックは廃止されています。

OUKITEL K9
筐体色はブラックのほか、ブルーが用意されています。

では、OUKITELがYouTubeで公開している紹介動画にリンクしておきますね。

OUKITEL K9: world's largest display smartphone with 6000mAh huge battery and 5V/6A flash charge

3.価格など

OUKITEL K9は中国の通販サイト「Banggood」と「Gearbest」に製品ページがあり、Gearbestではプレオーダーが開始されています。4月29日現在の価格はGearbestが229.99ドル(26,127円)、Banggoodでの参考価格(まだ販売開始前のため)が249.99ドル(28,346円)です。CPUやRAM、ストレージ構成から見ると中華スマホとしては少し高めですが、なにせサイズが7.12インチと非常に大きくなっていますので、それを考慮すると妥当か、という印象です。

スマホのサイズもだんだん大きくなってきていて、今では6インチを越える製品も珍しくなくなりました。その中にあって、OUKITEL K9は手頃な価格で7インチを突破するサイズを実現した、というのが魅力ですね。

4.関連リンク

OUKITEL K9:Banggood
OUKITEL K9:Gearbest

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    画面比が2:1なのでタブレットで考えると6.5インチぐらいかな

  2. 匿名 より:

    band19対応ってところを紹介しないと?

  3. 匿名 より:

    別サイトさんでもBand19を特に取り上げてなかったですけど、多分「なんかの間違いではないか」と懐疑的になっていて触れてないのかも

  4. 匿名 より:

    スマホと呼ぶより、ベゼルレスタブレットって呼んだ方が良くね??

  5. 匿名 より:

    ファブレット

  6. より:

    Band19って表示は「釣り」なんじゃないかと疑いの目でしかないよね
    大手がやらかしてるから余計に信用出来ない
    2万を人柱として出すにはちょっとなぁ

  7. natsuki より:

    メーカーサイト
    http://www.oukitel.com/products/k/oukitel-k9-112.html
    で、「Global Band, Worldwide Connection」とうたって書いてあるので、さすがに大丈夫……とは思うんですけどねぇ