motorola moto g32 - 50MPカメラと高音質なステレオスピーカーを搭載し、3万円以下で購入できる4Gミッドレンジスマホ

motorola moto g32
こんにちは、かのあゆです。モトローラがスマートフォン「moto g32」を発表しました。motorolaは2022年になって高性能CPUを搭載するハイエンドモデルから購入しやすいエントリーモデルまで、積極的にニューモデルを投入している印象を受けます。今回発表されたg32は5Gネットワークには対応しないものの、リフレッシュレート90Hz表示に対応するディスプレイや迫力のあるサウンドを奏でるDolby Atmos対応デュアルスピーカーを備えるなど、充実した機能を備えながら購入しやすい価格を実現した製品です。

スポンサーリンク

1.moto g32スペック

スペック表

   moto g32
OS Android 12
CPU Qualcomm Snapdragon 680
RAM 4GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.5インチ(2,400 x 1,080)90Hz
LTEバンド B1/2/3/5/7/8/18/19/20/26/28/38/40/41
SIM nanoSIM × 2
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 5.2
入出力 USB Type-C、MicroSDカード、3.5mmイヤホンジャック
カメラ イン16MP/アウト50MP + 8MP + 2MP
バッテリー 5,000 mAh
サイズ 161.78 x 73.84 x 8.49 mm
重量 184 g

コメント

OSはAndroid 12です。素のAndroid OSをベースにモトローラが便利な機能を追加した「My UX」が搭載されており、3本指でスクリーンショットを撮影できたり、持ち上げて消音、などのジェスチャー機能が備わっています。

CPUはSnapdragon 680です。日本国内ではXiaomiのRedmi Note 11に搭載されており、ウインタブでもグローバルモデルの実機レビューを行っていますが、AnTuTu Benchmarkの総合スコアは27万点となっており、ゲーム用途はやや厳しいものの、普段使いには十分な性能を備えています。RAMは4GB、内蔵ストレージは128GBという構成で、MicroSDによるストレージ拡張に対応します。

スポンサーリンク

ディスプレイは6.5インチサイズで、解像度はFHD(2,400 × 1,080)です。モトローラは近年低価格なエントリーモデル含めディスプレイに力を入れており、moto g32でも採用パネルはAMOLED(有機EL)ではなくLCD(おそらくIPS液晶を採用している可能性が高そうです)ながらリフレッシュレートは90Hz表示に対応しており、なめらかなスクロールを体感できます。

カメラはイン16MP、アウト50MP(メイン) + 8MP(超広角) + 2MP(マクロ)という構成です。最近では低価格なミッドレンジクラスのスマートフォンでもきれいな画質で写真や動画を撮影できるようになってきましたが、moto g32でも50MPと高画素センサーをメインに搭載しており、鮮明さを向上させる「Ultra-Res」モードを備えているため期待できそうです。

ワイヤレスネットワークは802.11a/b/g/n/acとBluetooth 5.2に対応します。5Gネットワークには対応していませんが、4Gネットワークは国内4大キャリアの通信バンドをフルサポートしています(ただし、auとと楽天モバイルはバンドが対応していても実際には通信できない場合もあるので、発売後のキャリア動作情報の確認が必要です)。

ステレオスピーカーを搭載
迫力のあるサウンドを楽しむことが出来るステレオスピーカーも搭載しています。3.5 mmイヤホンジャックも備わっているため、お気に入りの音楽を高音質で楽しむことが出来ます。

バッテリー容量は5,000 mAhで、最大30W出力のTurbo Charge急速充電に対応していますが、moto g32ではパッケージに充電器が付属していないため別途購入する必要があります。

2.moto g32 筐体

moto g32 前面
前面はパンチホールノッチが採用されています。モトローラの日本国内向けSIMフリースマートフォンは最も安価に購入できるmoto e32sでもパンチホールノッチを採用しています。左右ベゼルも細めで安っぽさは一切感じられません。

moto g32 背面
背面です。素材は不明ですが、画像を見る限り光沢加工が施されているように見え、高級感があります。スクウェアカメラバンプが採用されており、ほかのモトローラ端末とは違った印象のデザインです。筐体色は「ミネラルグレイ」と「サテンシルバー」の2色展開です。

3.moto g32 価格など

moto g32は9月30日発売で、モトローラ公式オンラインストアではすでに予約販売がスタートしています。9月17日現在のモトローラ公式オンラインストアでの価格は28,800円(税込)です。また、発売を記念して「moto care 安心保証サービス」が最大12ヶ月間無料となるキャンペーンも開催されます。

5Gネットワークをサポートしていない点は残念ですが、かのあゆの体感だと現状都内でも4Gネットワークで繋がっていることの方が多いため、いまのところ「サポートされていればありがたいけれど、必須ではないかな・・・」と感じています。

moto g32は残念ながらおサイフケータイには対応していないものの、リフレッシュレート90Hz表示に対応したディスプレイや高画素カメラ、Dolby Atmos対応ステレオスピーカーを備えており、モトローラらしい「バランスに優れた」ミッドレンジモデルとなっています。

4.関連リンク

moto g32:モトローラ公式オンラインストア
moto g32発売記念、moto care期間限定無料キャンペーン:モトローラ

スポンサーリンク

コメント

  1. さの より:

    購入候補に検討しています。
    モトローラ機種は屋外でのデータ通信時に、たとえばpaypay支払画面やYahooの表示等、体感でわかるぐらい表示が遅い人がいるみたいですが、この機種はどうでしょうか?