LEMFO LEM14 - 次世代スペックのAndroid OS搭載スマートウォッチ。デザインやサイズ感もよさそうです

LEMFO LEM14
中国のスマートウォッチメーカーLEMFOが、Android OS搭載のスマートウォッチ「LEM14」を発売します。Android OS搭載スマートウォッチのジャンルでは「Kospet Prime 2」と「Zeblaze Thor 6」がつい最近「次世代スペック」となって発売されましたが、予想通り、というか、このLEM14も次世代スペックになっています。

スポンサーリンク

このジャンルではZeblaze、Kospet、そしてLEMFOが積極的にニューモデルを展開しているのですが、おそらく「メカの基本部分は共通」と思われます。どこかに元締めがいるのかもしれませんし、この3社のいずれかが元締めなのかもしれません。そのへんは私にもよくわからないのですが、これらのニューモデルの品定めはデザイン(サイズ感)とカメラ、そして価格が重要になってくると思います。スマートウォッチは「腕時計」ですから、デザインも重要ですよね。なので、3社の同世代のモデルをよく見比べてみるのが大事かと思います。

1.スペック

   LEMFO LEM14
OS Android 10
CPU MediaTek Helio P22
RAM 4GB
ストレージ 64GB
ディスプレイ 1.69インチIPS(450 × 450)
LTEバンド B1/2/3/5/7/8/12/17/20
SIM Nano SIM
ネットワーク 802.11 a/b/g/n、Bluetooth 5.0(ウインタブ推定)
入出力 POGO Pin
カメラ 8MP+13MP
バッテリー 1,600 mAh
サイズ 文字盤長50.5 mm、厚さ18.5 mm、バンド込みの全長265 mm
重量  90 g

冒頭に書かせていただいた「次世代スペック」というのはこうです。

OS:Android 10
CPU:Helio P22
RAM:4GB
ストレージ:64GB

次世代スペックの製品が出る直前までの、OS搭載スマートウォッチのスペックはこうでした。

OS:Android 7.1
CPU:MT6739
RAM:多くて3GB
ストレージ:多くて32GB

4項目がすべてリニューアルされた、ということです。次世代スペックであれば、2020年の水準だとエントリークラスのスマホと同等、と言えますよね。

Zeblaze(Thor 6)、Kospet(Prime 2)、LEMFO(LEM14)で違いが出てくるのはこの後です。ディスプレイサイズと解像度が異なります。

LEM14:1.69インチIPS(450 × 450)
Prime 2:2.1インチIPS(480 × 480)
THOR 6:1.6インチIPS(400 × 400)

OS搭載スマートウォッチは単体でスマホとして使えますので、ディスプレイサイズは大きいほうが操作しやすいです。いや、操作しやすいという言い方ではなく「よりまともに使える」と言うほうが妥当かもしれません。この3機種の中ではKospet Prime 2が最大サイズで、操作性に優れるとは思いますが、そのかわり「デカイ」です。スマートウォッチは腕にはめるものですから、大きすぎるとデザイン性を損ねかねませんし、重いし、変に目立ってしまいます。このトレードオフ、結構悩みどころなんですよね。ちなみに、1.6インチとかでもそれなりには大きく感じます。

それと、カメラの仕様が異なります。

LEM14:前面8MP+側面13MP
Prime 2:13MP(回転式)
THOR 6:前面5MP+側面5MP

カメラについてはKospet Prime 2が回転式を採用していて、LEM14とZenlaze THOR 6はこのジャンルでは一般的となっている前面+側面の2カメラ仕様です。ウインタブの経験上、OS搭載スマートウォッチのカメラ性能は「ひどい」ものだと評価していますが、LEM14の13MPカメラというのは画素数的には十分と言えますので、撮影品質にも少し期待ができそうですね。

スポンサーリンク

LEMFO LEM14
これがLEM14の側面カメラです。腕時計のリューズの位置にあります。配置的に前面のカメラはもっぱらビデオチャット用(あとは顔認証用)、この側面カメラはスナップ写真用ですね。

また、OS搭載スマートウォッチの弱点として「バッテリー持ち」が挙げられます。2年くらい前の製品だと、普通に使っていてバッテリーが終日は持たない、という状況でしたが、最新モデルでは概してバッテリー容量が大きくなっています。

LEM14:1,300 mAh
Prime 2:1,600 mAh
THOR 6:830 mAh

mAhという単位は必ずしも絶対的な物差しとは言えませんが、一応mAhで比較すると、LEM14とKospet Prime 2が1,000 mAh越えの大容量になっています。

LEMFO LEM14
LEMFOの作った画像によれば、待ち受けで3-5日、通常利用で24時間、ということなので、話半分としても、朝に家を出て夜に家に帰る間はバッテリーは持ちそうです。

そしてサイズです。

LEM14:文字盤長50.5 mm、厚さ18.5 mm、バンド込みの全長265 mm / 90 g
Prime 2:73.75 × 63.75 × 17.4 mm / 120 g
THOR 6:54 × 51 × 17.8 mm / 74 g

物差しが異なっているため、比較がしにくいですが、サイズ、重量とも最大なのがKospet Prime 2、LEM14とZeblaze THOR 6はサイズ的には近く、バッテリー容量が大きい分LEM14のほうが重い、という感じです。Prime 2は実機を見たことがありますが、「相当でかい」です。スペック的にはかなり期待できそうなPrime 2ですが、サイズに関しては分が悪いですね。その点LEM14はスペック、ディスプレイサイズ、カメラ性能、そしてバッテリー容量のバランスがいいと感じます。

2.筐体

LEMFO LEM14
デザインについてはお好みの問題なので、絶対的にいいとか悪いとかは言えませんが、このデザインはなかなかカッコいいと思います。文字盤(この画像だとアナログ時計に見えますが、実際には液晶画面です)のデザインもいいですね。このデザインは「着せ替え可能」です。

LEMFO LEM14
背面です。充電とデータ接続はPOGOピン(4ピン)で行います。もちろん接続ケーブルも付属します。また、背面には心拍数センサーもついています。なお、最新のヘルストラッカーについている温度計とか血中酸素濃度計はありません。

LEMFO LEM14

クリックで拡大します

側面とサイズ表です。実際に腕に巻いてみないと大きさのイメージが湧きにくいと思いますが、これ、結構デカイです。

LEMFO LEM14
それともうひとつ、スペック説明のところで比較したKospet Prime 2およびZeblaze THOR 6にない機能として「IP68レベルの防水・防塵性能」というのがあります。正直なところ、この画像のように水泳に使えるかどうか、というのは少々疑問ですし、お風呂に入るのも勇気がいりそうですが、そこそこの防水性能はあると考えていいでしょう。ちなみに前面ガラスもゴリラガラス4という説明がありましたので、耐衝撃性もありそうです。

3.価格など

LEMFO LEM14は中国の通販サイトBanggoodで「In Stock Alert」というステイタスになっていて、12月1日現在まだ販売がスタートしていません。参考価格は199.99ドル(21,210円)です。おそらく実売期でもこのくらいの価格(セールで10ドルOFFくらい)で推移するものと予想します。

私自身、LEMFOのOS搭載スマートウォッチを2機種持っていまして、Zeblaze、Kospetよりも少し親しみがあります。ただし、Android OS搭載スマートウォッチはまだ発展途上という感もあり、Android OSの機能をフルに使える、という感じではない、というのもあります。1.6インチくらいのディスプレイでFPSゲームができる、またデレステができる、と期待する人はいないと思いますが、メールの文字入力であるとか、簡単なパズルゲームをプレイするとかの場合でも、使い勝手が良いとは言えません。でも「腕時計で電話できる」「腕時計でYouTubeが観られる」という楽しさはあります。

別にAndroid OSに高度な知識がある人でなくても、それなりには楽しめる製品だと思いますが、「スマホの代わりになる」という水準にはなっていませんのでご注意ください。「面白そう!」という好奇心が持てる人におすすめします。

4.関連リンク

LEMFO LEM14:Banggood

スポンサーリンク