ONKYO TW2A-73Z9 - CPUだけでなく、基本機能にもこだわった10.1インチWindows タブレット

ONKYO TW2A-73Z9
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ONKYO(オンキョー、正確にはONKYOのグループ会社MOLジャパン)が新しいWindows タブレットを発売しました。「TW2A-73Z9」という名前で、基本機能というか、細かい部分にもしっかり力がはいった製品です。

スポンサーリンク

1.スペック

ONKYO TW2A-73Z9

クリックで拡大します

補足します。CPUはCherryTrail世代のAtom Z8300ですがOSは32ビット、RAMは2GBとなっています。64ビットOSにRAM4GBのほうがうれしいですが、私はCherryTrail機の試用テストを何度もやっており、このスペックでもCherryTrailの実力は発揮できる、というのがウインタブの見解です。

ストレージは64GBありますから実用上かなり快適ですね。一方ディスプレイ解像度は1,280 × 800となっていて、決して悪くはありませんが、10インチサイズの場合低価格帯の製品でも1,920 × 1,200など高精細なものが珍しくないので、ちょっと物足りないかな、と思います。

この製品のセールスポイントは「5GHz帯、802.11ac規格に対応」というところと「ロングサイクルバッテリー採用」というところです。特にバッテリーは「フル充放電800サイクル(従来品の2.5倍)」が可能であり、CPUやRAMなどと比べて地味ながら実用性を大きく向上させていると思います。

入出力ポートはフルサイズのUSBポートが2つ(うち1つはUSB 3.0)がついているので、周辺機器の接続には苦労しなさそうですね。それと、筐体下部に「接点式拡張ポート」がついています。タブレットの場合通常この位置のポート(コネクター)はキーボードとの接続に使われますが、「拡張クレードル(近日発売)」に使うとのことで、専用キーボードについては今のところメーカーからの言及はありません。キーボードは用意してもらいたいところですね。

また、Office互換の「Kingsoft Office 2016 Standard フォント同梱版(試用版ではありません)」が付属します。このソフト、好き嫌いがあるみたいですが、実用的な価値は大きいと思います。

スポンサーリンク

サイズはちょっと厚くて重いですね。640 gというのは最近の10インチサイズとしては重量級です(500 g台半ばから後半くらいで合格かな、と思っています)。

2.筐体

ONKYO TW2A-73Z9 展開図
これが展開図です。入出力ポートは左側面に集中配置されていますね。左側面の上からUSB 3.0、USB 2.0、microHDMI、オーディオジャック、そしてmicroUSB(充電専用のようです)となっています。筐体右側には何もないように見えますが、マイクがついています。

ONKYO TW2A-73Z9 背面
これが背面です。「樹脂製」で色はシルバー、スピーカーはステレオとなっています。筐体下部右側にmicroSDスロット(のカバー)が見えます。

ONKYO TW2A-73Z9 前面
こちらは前面ですが、ベゼルの太さとかはごく普通に見えます。

3.価格など

ONKYO TW2A-73Z9はONKYO公式通販サイト「Onkyo Digital Solutions」で販売が開始されており、出荷開始は3月24日から、となっています。価格は税込みで37,800円です。キーボードが付属せず、専用のものが発売されるかもわかっていませんが、仮にあったとしたら、キーボード込みでの価格は4万円を越えることになると思います。

OSやCPU、RAMなどの構成だけで見ると若干高く感じますが、802.11ac規格への対応や長寿命のバッテリーなど、地味なところにもしっかり手が入っているので、総合的に見れば決して悪くない価格だと思います。特にバッテリーの稼働時間やバッテリー寿命については機種選びの際に重視する人も多いでしょう。あとは、10インチタブレットなので周辺機器の発売情報が早く入ってきて欲しいところですね。

4.関連リンク

ONKYO TW2A-73Z9

スポンサーリンク

コメント

  1. 愛読者 より:

    愛読者より
    枝葉なことですが、『展開図』との表現が以前から気になっていました。
    この様な図(写真)は『五面図』と称するのではありませんか?
    建築用語には四方を見た投影図を『展開図』と称しますが、『平面図』は含まないようです。
    また、一般的な『展開図』は『立体を切り開いて一平面に伸ばしたもの』でこれとは違います。
    敢えて『展開図』とするのでしたら六面の写真が必要でしょう。
    この様な写真には『五面図』(五面写真)が適切ではないかと思います。
    枝葉なことで失礼いたしました。

    • wintab より:

      愛読者さん、こんにちは、コメントありがとうございます。展開図という表現に問題があるとのご指摘ですので、今後は使わないようにします。五面図とかだと一般人にはわからないと思うので、なにか別の書き方にします。

  2. 匿名 より:

    結構良さそうな感じ、変な不具合とか無いなら買いたいけどkingソフトがいらないなぁ

    • wintab より:

      こんにちは、コメントありがとうございます。返信が遅れてすみません。Kingsoftってなんでこんなに評判が悪いんでしょうねえ。皆さんそうおっしゃるので…