Blackview OSCAL C80 - Antutu 22万点に50MPカメラを搭載して109.99ドル!の最新スマホ、AliExpressの製品ページも必見!

Blackview OSCAL C80
Blackviewのサブブランド「OSCAL」からニューモデル「C80」が発売されます。OSCALブランドはBlackviewブランドと比較すると「低価格なエントリーモデル」という位置づけなので、このC80も発売記念セールで109.99ドルと非常に安価に購入できるのですが、「マジ?これで109.99ドル?」と言いたくなるくらいに充実したスペックになっています。

スポンサーリンク

それと、BlackviewというかAliExpressのBlackview Official Storeの日本語製品ページの仕上がりが半端ないです。「イキっている」というのともちょっと違っていて「ナルシスティック」って言うんでしょうか、とにかく必見です。私なんかこの製品ページを見ていて、いろんな意味で顔が真っ赤になりました…。

1.OSCAL C80 スペック

スペック表

  OSCAL C80
OS Doke OS 3.0 (Android 12ベース)
CPU UNISOC T606
RAM 8GB
ストレージ 128GB
ディスプレイ 6.517インチ(1,600 × 720)90Hz
LTEバンド FDD:B1/3/7/8/20
TDD: B40
SIM nanoSIM x 2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth(ウインタブ推定)
入出力 USB Type-C、オーディオジャック
カメラ イン8MP/アウト50MP+0.3MP
バッテリー 5,180 mAh
サイズ 164.2 × 76 × 8.55 mm
重量 188 g

コメント

OSはAndroid 12ベースの独自UI「Doke OS 3.0」です。独自テーマやフローティングウインドウなどに対応したBlackviewの自信作で、ウインタブでもぜひ一度レビューしたいと思っています。

スポンサーリンク

CPUはUNISOC T606です。この型番をウインタブでご紹介するのは初めてなのですが、オクタコアプロセッサーでBlackviewによればAntutuスコアが226,330とのこと。もちろんQualcommやMediaTekの上位型番には遠く及ばないものの、100ドル強のスマホに搭載されるCPUとしては非常に高性能です。

RAMとストレージも上位モデルに引けを取りません。RAMは8GBで、それに加えてメモリ拡張機能によりストレージ領域から6GBをRAMとして使えます。ストレージも128GBと、このクラスとしては大容量です。

Blackview OSCAL C80
ディスプレイは約6.5インチで解像度はHD+にとどまりますが、リフレッシュレート90Hz、タッチサンプリングレート180Hzです。やはり価格帯を考慮すれば大健闘と言える仕様だと思います。しかし90Hzで「うっとり」とか「五感を震わせるプレーをサポート」とか書くなよぉ、とは思いますね。面白んでそのまま掲載しちゃってますけど。

Blackview OSCAL C80
カメラはイン側8MPでアウト側はなんと50MP!すごくないですか…。「光を助けよ、記憶よ甦れ」というフレーズはウインタブでもいずれ拝借したい名言だと思います。

Blackview OSCAL C80
バッテリーは5,180 mAhと容量が大きく、18Wの急速充電にも対応します。重なる案件、終わらない仕事にも対応できるようなので、システム開発や保守に携わるみなさんも安心ですね。

2.OSCAL C80 筐体

Blackview OSCAL C80
前面はパンチホールではなく水滴型ノッチを採用しています。ベゼル幅もそんなに細いわけではありませんが、価格を考慮すると悪くないと思います。背面は樹脂素材ですがシルクプリント加工が施され、指紋がつきにくいものになっているとのことです。

Blackview OSCAL C80
筐体色はひとつ上の画像の「Early Sunny Snow」と「Navy Blue」そして「Midnight Black」です。特に「Early Sunny Snow」という色名が突出していますね。Blackviewイズム、OSCALイズムを体感するにはこの色にするしかないかと…。

3.OSCAL C80 価格など

Blackview OSCAL C80はAliExpress内のBlackview Official Storeで9月14日(おそらく日本時間16時)にワールドプレミア(セール)が予定されており、セール価格は109.99ドル(16,416円)です。製品ページの説明に圧倒されてしまった感はありますが、109.99ドルで購入できるスマホとしては極めて優秀なスペックだと思います。Antutuが22万点台、RAMとストレージもこのクラスとしては十分すぎる容量、そして50MPカメラと、申し分のないシステム構成ですね。

この製品であればウインタブ読者のサブスマホとしても役に立ちそうです。

4.関連リンク

OSCAL C80:BLACKVIEW Official Store(AliExpress)

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    性能は価格を見れば妥当だが、この程度の性能でこのフレーズは恥ずかしい。