Blackview OSCAL C20 - セール価格なんと49.99ドル!Android 11 Go Edition搭載の超エントリースマホ

Blackview OSCAL C20
Blackviewのサブブランド「OSCAL」については、先日Androidタブレットの「OSCAL Pad 8の紹介記事を掲載しましたが、その記事中でちょっとだけ触れたエントリースマホ「OSCAL C20」のワールドプレミア(セール)がスタートしました。お値段なんと49.99ドル(5,594円)です。

スポンサーリンク

ただ、この製品「3Gスマホ」です。上位モデルに「OSCAL C20 Pro」というのがありまして、こちらは4G対応し、9月下旬にワールドプレミアが予定されていますので、日本のユーザーはC20 Pro待ち、ということになると思います。この記事ではまず、現在セール中のC20のほうをご紹介することとし、C20 Proについてはワールドプレミアの開催に合わせて改めてご紹介します。

1.OSCAL C20 スペック

スペック表

  OSCAL C20
OS Android 11 Go Edition
CPU UNISOC SC7731E
RAM 1GB
ストレージ 32GB
ディスプレイ 6.088インチ(1,560 × 720)
LTEバンド 3Gのみ:B1/8
SIM Nano SIM×2(SIM2はmicroSDと排他)
ネットワーク 802.11b/g/n、 Bluetooth 4.2
入出力 microUSB、microSDカードリーダー、オーディオジャック
カメラ イン2MP/アウト5MP
バッテリー 3,380mAh
サイズ 155.4 × 73.5 × 9.5mm
重量 156 g

コメント

OSCAL C20は「本当にエントリー」なスペックなので、OSは低スペック機向けのAndroid 11 Go Editionが搭載されます。まあ、スマホ好きとしてはGo Editionがどんなものなのか試してみたい、という興味はありますね。

スポンサーリンク

CPUはUNISOCのSC7731Eです。このCPUを搭載する製品ですが、ウインタブでは以前「Teclast P80H」というタブレットの紹介記事を掲載したことがあります(実機はレビューしていません)。Antutuスコアは…、すみません、よくわかりませんが、Webで検索すると4万点台くらいのようです。OSが軽量なGo Editionなので、これでもある程度はサクサク動くんでしょうかね。ウインタブではGo EditionもこのCPUもテストしたことがないのでなんとも言えません。

RAMはわずかに1GB、ストレージも32GBです。ここでも「いやGo Editionだから…。」という感じになってしまいます。RAM1GBだと普通のAndroid 11ならかなり厳しいんじゃないでしょうか。

ディスプレイは6.088インチでHD+解像度と、高精細ではありませんが、エントリー機としては割と普通です。一方でカメラはイン側2MP、アウト側5MP(シングルレンズ)と、エントリークラスでもあまり見かけないくらいの低画素数になっています。

こうなってくると、スペック的には「いさぎよい」という感じです。ハイスペック機やミッドレンジ機とは違った意味で「ちょっと試してみたい」と感じますね。

2.OSCAL C20 筐体


前面ディスプレイには水滴型ノッチが採用されています。下部ベゼルはかなり太いですし、前面のエッジ部分に曲面処理も施されていないように見えますが、見た目はそんなに悪くないと思います。また、背面カメラは見るからにマルチレンズですが、実際はシングルレンズです。微妙にiPhoneインスパイアなデザインだと思います。


背面も高級感はないのだろうと思いますが、元気な色がラインナップされています。個人的には「ラベンダーパープル」が気に入りました。

3.OSCAL C20 価格など

OSCAL C20はAliExpress内のBLACKVIEW Official Storeでワールドプレミア(セール)中で、9月15日までの期間、49.99ドル(5,594円)で購入できます。また、冒頭でご案内した上位モデル「OSCAL C20 Pro」について、少しだけご案内しておきますと

OS:Android 11 Go Edition
CPU:UNISOC SC9863A(Antutu Ver.8で7万点台)
RAM/ストレージ:2GB/32GB
カメラ:イン2MP/アウト8MP
※その他の仕様はOSCAL C20とほぼ同じ

という構成で4G対応もします。Proも9月下旬にはワールドプレミアが開催される予定ですが、現時点でセール価格等はわかっていません。

多少なりとも実用性を、ということだとProのほうがいいんでしょうけど、Android Go Editionを検証してみたいとかの用途であればC20の49.99ドルという価格は俄然魅力的ですよね。この価格なら私も一台買ってみようかな、と思えます。

4.関連リンク

OSCAL C20:Blackview 公式サイト
OSCAL C20:BLACKVIEW Official Store(AliExpress)

スポンサーリンク