UMIDIGI Uwatch GT - オーソドックスなスポーツウォッチデザインに豊富なスポーツモード。それでいてコスパの鬼と化しています…。

Uwatch main
こんにちは。ひつじです。UMIDIGIって最近急激に知名度を上げてきていますよね。国内でも技適認証などで良心的ですし、製品の出来も非常に良いものが多くお勧めしやすいメーカーだと感じています。そんなUMIDIGIから新たなスマートウォッチが発売されます。以前よりUwatchやUwatch2などは存在していたのですが、今回はよりスポーツに特化した機種のようです。

スポンサーリンク

スマートウォッチと言えば、最近某社が「時間が分かるっ!」なんて触れ込みで売り込んでいますから、興味を持っている人もいるんじゃないでしょうか。紹介させて頂きます。

1.スペック

公式サイトにはかなり詳細に記載があります。ただ通常あまり参照しない情報が多いので、大まかなところをこちらで紹介できればと思います。

OS : 不明
MCU : Nodic nRF52840
ストレージ : 64MB(※恐らくユーザー書き込み不可)
対応OS : Android 4.4以降/iOS 9.0以降
ディスプレイ : 1.3インチ 240 x 240 TFT円形液晶
センサー : 加速度、ジャイロ、心拍
防水 : 5気圧防水対応
ネットワーク : Bluetooth 5.0
バッテリー容量 : 260 mAh/3.8V
スタンバイ時間:10~15日
サイズ : 47 mm(時計部分) x 20.5 mm(バンド幅) x 14.9 mm(時計部分の厚み)
重量 : 不明

こうやって記載したら意外と情報に欠損がありますね…。なお、上記スペック表以外で特記した方が良い点として、日本語に対応していることとモーター内臓(=十中八九振動で通知が可能)という点でしょう。
Uwatch GT sub
また時計本体の素材ですが、スクリーンカバーが強化ガラス、外周部は説明書きからは「metal watch face」と表現されています。筐体下部はPC(ポリカーボネート)樹脂とABS樹脂での2色使い、バンドはTPU素材でバックルがステンレス(パウダー研磨)ということです。質感としてはスポーツウォッチとして妥当なものに仕上がっているかと思われます。

一番驚かされるのは1度の充電で10日以上使用できるという電池の使用効率の高さでしょうか。ボタン電池前提で数か月持つ、とか充電すれば3日程度スタンバイを保てる機種というのはしばしば目にしますが、ここまで充電する仕様でスタンバイが保てる機種はそうそうありません。時計はスマホと違い充電ありきで生活しないため、ちょっとした旅行などでも充電不要、というのは大きなメリットだと思います。
Uwatch GT waterproof
逆に少し心配なのは防水性能。勿論スペックだけを見れば問題ないのですが公式サイトの書き方だと50mのダイビングなどでも耐えられるように認識する人もいるかもしれません。あくまで「ATM」という単位は静止状態での耐水圧性能を図っているものなので、水泳、ダイビング、海の波等、衝撃として伝わるような水圧まではフォローできていません。そのためガッツリ水泳で使いたい!なんて人は一考を要するものであることは気を付けた方が良いかな、と思います。ただUMIDIGIの表記姿勢そのものは褒められるべきかなと。というのも「IPX8」といった表記で代表されるIPX系は静止状態で水がかかった(水に沈んだ)場合の性能を示すだけなので静止状態であるかどうかに関わらず耐水圧性能を示していません。そういう意味でATM表記をしているUMIDIGIは水圧に対する耐久性をちゃんと提示してくれています。IPX系の表記ならば「一考を要する余地もない」のが実態です。

スポンサーリンク

また、コスト面からは致し方ないと思いますがディスプレイは液晶です。他のUwatchはIPS液晶を採用しているようですがスペック表からはその表記が消えています。同じサイズ(厳密には0.03インチ小さくなっている可能性有)、解像度ではあるので変更はないと思いたいのですが実機を見ないと判断は難しいように思います。

なお、機能面で言えば勿論日々のスマホの通知が表示可能。更に対応するスポーツモードも多く、ランニング(室内外別)、自転車(屋外)、サイクリングマシン(屋内)、登山、室内ウォーキング、特定のフィットネスマシンのジャンル向けとしてエリプティカルマシンとローイングマシン、更にフィットネストレーニングとして、HIIT(高強度インターバルトレーニング)とヨガに対応しています。また別途「その他」も有。その他は別として、他の後者4つは割とレアな気もしますがヨガもHIITも流行っていますし、対応している点はありがたいですね。ちなみに公式サイトでは12種類対応と言いつつスペック表では1つ重複があります。(※実質11種類)ですので重複に代わり「屋外ウォーキング」があるような気がします。更にこれとは別に日々の活動も数値化して見せてくれるので使い勝手は良いと思いますよ。

2.筐体

Uwatch GT design
百聞は一見に如かず、ということで。素材感はスペックの際に説明しています。なお2色展開のようです。一般受けしそうなのはMatte Blackですが個人的にはMidnight Greenの方がちょっとオシャレ感があって好きです。時計の画面は公式画像だとかなりビビッドに映りますがこれも実機だともう少し落ち着いた印象になるのではないでしょうか。
Uwatch GT face
また数種類ながらスキン切替も出来るようです。

3.価格など

Uwatch sale
UMIDIGI Uwatch GTはAliExpressにて通常79.98ドル(8,812円)で販売されていますが、11/28の0時0分(PST。日本時間だと11/28午後5時)よりブラックフライデーとサイバーマンデーのセールとして、39.99ドル(3,697円)にて販売される予定です。いや、もうなんかあまりに安すぎませんか?

スマートウォッチとしてはオーソドックスな機能は踏襲しつつ、長時間使用可能な電池持ちに豊富なスポーツモードを引っ提げてこの価格であればお買い得感はかなり高いと思います。カジュアル感も程よいデザインですし、とりあえず購入しても後悔はないように思います。気になる方はぜひ検討してみてくださいね!

4.関連リンク

UMIDIGI Uwatch GT:UMIDIGI
AliExpress Uwatch GT販売ページ:AliExpress

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    待ち受けが長いのでGPS内蔵してないのですかね。スポーツ向けなのに。

    • ひつじ より:

      コメントありがとうございます!恐らく論にはなるんですが、GPS関連の挙動はスマホ依存かと思います。専用アプリを入れる必要はあるようですし、天候なんかもスマホからデータ取得するようですので…。単体で使えたらいいんですけどねー。

  2. rin88 より:

    前のモデルは血圧も計れたみたいですが、省かれてしまったのですかね。正確に測れるのであれば凄いと期待しているのですが。

    • wintab より:

      rin88さん、こんにちは。血圧かあ、どうなんでしょうね?この手の製品って血圧が正確に測れるのかなあ?かのあゆさんに聞いてみます。