T-BAO TBOOK5 Pro - CeleronにGeForceを組み合わせてみました!レトロタイプの丸いキートップもつけました!中国のおもしろノートPC!

T-BAO TBOOK5 Pro
中国メーカー「T-bao」の14.1インチノートをご紹介します。T-bao製品に関しては、以前Windowsのライセンスで問題が発生したことがありまして(下記リンクをご参照下さい)、それ以降、ウインタブで積極的に製品を紹介したり実機レビューをしたり、といったことは控えております。
T-bao製品をgeekbuyingから購入された方へご連絡です。

スポンサーリンク

2019年に入り、日頃お世話になっている中国通販「Banggood」に、「その後T-baoのライセンスは大丈夫ですかね?」と確認したところ、「現在はライセンスに問題はありません」という回答をいただいているのですが、実際にウインタブで実機レビューをしていませんので、正直なところイマイチ不安ではあります。

にもかかわらず、ここでT-baoのPCを紹介する理由は「めちゃめちゃ面白いから」というのと「おそらく読者でこの製品を購入しようとする勇者はいないだろう」という考えからです。

1.スペック

T-BAO TBOOK5 Pro
まず、スペックが面白いですね。なんと「Celeron + GeForce」です。ウインタブでは以前「T-bao Tbook X8S Pro」という製品のレビューで「Celeron J3455 + GeForce 920M」という組み合わせを試したことがありますが、GeGorceを搭載することによってベンチマークスコアは向上していたものの、「最初からCore i3くらいのPCを買ったほうがいいのでは?」くらいな感じでした。オンラインゲームをバリバリプレイするという性能ではありません。

RAMは8GB、ストレージは256GBとまずまずの容量になっています。また、ディスプレイも14.1インチのIPS液晶、FHD解像度なので、十分な品質と言えるでしょう。

入出力ポートも充実しています。フルサイズ(Type-A)USBポートが3つにType-Cが1つ、さらにminiHDMIポートやmicroSDカードリーダーもついていますので、14.1インチサイズとしては数が多めだと言えます。

T-BAO TBOOK5 Pro
それと、この画像を見ていただくと、下部ベゼルの左側にWebカメラらしきものがついています。しかし、GearbestやJD.comの製品ページではカメラに関しての説明がなく、この画像だけ見て判断するのもどうかと思いましたので、カメラについては「不明」とさせてもらいました。

14.1インチサイズということでモバイル利用も視野に入りますが、タテ・ヨコは十分に小さいものの、やや厚みがありますし、重量も1.7 kgなので、モバイルノートとして毎日持ち歩くには少々厳しいかなと思われます。

スポンサーリンク

2.筐体

T-BAO TBOOK5 Pro
次に筐体の「面白い」ところ。見てください!このキーボード。なんとキートップが丸いんです。「レトロキーボード」ですねw ここ1~2年くらい、「周辺機器としてのキーボード」ではこのような丸いキートップの製品が増えていて、「レトロ」とか「タイプライター風」などと呼ばれ、一定の人気を博しているようですが、ノートPCのレトロキーボードというのは初めて見ました。

しかし、このキーボードはバックライトもついていますし、右下(青いボタンです)に指紋センサーもあります。打鍵感などについては不明ですし、いまのところ「試してみたい!」という気もしませんが、面白いのは間違いないです。

T-BAO TBOOK5 Pro
側面と底面です。最近の中華ノートでよく見かける「底面のM.2 スロット」はこの製品にはついていないようです。

T-BAO TBOOK5 Pro
入出力ポートの配置です。ここは大満足というか、14.1インチサイズとしては文句なしと言える構成だと思います。

T-BAO TBOOK5 Pro
筐体素材は「メタル」とのことです。また、ウインタブとしては「T-baoといえば天板のロゴ」(非常におしゃれなロゴデザインなんですよねw 気になる人はこちらのレビュー記事をご覧ください)なのですが、ちょっと残念、というかホッとした、というか、この画像はGearbestの製品ページから引用しているのですが、どうやら天板はロゴなしのようです。

3.価格など

T-BAO TBOOK5 Proは中国の通販サイト「Gearbest」で販売中で、10月31日現在の価格は599ドル(66,130円)です。この製品が「非常に面白い」ものであることは間違いないですが、Celeron + GeForceの組み合わせとか、レトロキーボードとか、真面目に捉えると正直意味がわからないという気がしますので、この製品に6万円以上を支払ってもいい、という人は決して多くはないだろうと思います。

ただ、中国通販を覗いてみる楽しさというのは、こういう製品が見つかるところにあるのだ!と言えなくもないですよね!

4.関連リンク

T-BAO TBOOK5 Pro:Gearbest

スポンサーリンク