Jumper EZbook X3 Pro - 13.3インチで良スペック、洗練されたデザインのモバイルノート。Jumperらしいお買い得価格です

Jumper EZbook X3 Pro
中国メーカーの「Jumper」の13.3インチモバイルノート「EZbook X3 Pro」をご紹介します。Jumperの製品紹介記事を書くのは久しぶりですが、ウインタブで初めてJumper EZbookを紹介したのは2016年5月のことです。
Jumper Ezbook 2 - CherryTrail搭載の14インチモバイルノート、なんか異様に安いんですけど

スポンサーリンク

記事タイトルを見ていただければ想像がつくと思いますが、当時私はJumperというメーカーを全く知らず、14インチモバイルノートが224.84ドルというのが衝撃的すぎて、正直全く信用できない、と評価していました。しかし、この製品は日本でも人気となり、後続機種も好評だったようで、Jumperは日本でも割と名の通った中国メーカーになったと言えます。

すみません、少し脱線してしまいましたが、今回紹介する「EZbook X3 Pro」はサイズ、スペックとも「いい感じ」の、そしてJumperらしい低価格なモバイルノートです。

1.スペック

Jumper EZbook X3 Pro
CPUはGemini LakeのCeleron N4100です。このCPUは4コアでCeleronとしては高性能な部類となります。Core m3とかCore i3には及びませんが、Officeソフトを操作したり、Webで調べ物をしたり、動画を観たり、SNSを使ったりといったことなら問題なくこなせます。私もCeleron N4100のモバイルノートを使っていますが、ウインタブの記事執筆(ブラウザー上でのテキストライティングやWeb閲覧、簡単な画像加工など)をしていて不自由することはありません。

RAMは8GB、ストレージは180GBと、こちらも十分な余裕があります。

Jumper EZbook X3 Pro
これ、この製品の底面です。左上に開口部がありますよね?これはM.2 スロットです。この製品の場合、スペック表にある180GB SSDが装着済みと思われます(未確認です。空きスロットである可能性もあります)が、これを大容量のSSDに換装することができます。512GBとか1TBにできる、ということですね。ただし、私の想像通り、ここに180GB SSDが入っている場合、「増設」ではなく「換装」となりますので、OSなどの移動も必要になります。

ディスプレイは13.3インチのFHD解像度です。メーカー説明では「IPS」という表現がありませんでしたが、Gearbest及びAliexpressの製品ページにはIPSと明記されていましたので、その通り記載しています。

ちょっと残念なのが入出力ポートの構成です。USB Type-CとUSB 3.0が1つずつ、合計で2つのUSBポートがあるのみで、そもそもUSBポートの数が不足気味ですし、HDMIなどの映像系ポートもありません。USBマウスとかUSBメモリースティックなどを同時に使う場合はハブが必要になりそうです。

サイズは13.3インチノートとして最小クラスとまでは言えないものの、価格帯から考えて十分にコンパクトであると思います。後述しますが、この製品は筐体も金属製ですし、各パーツもそれなりに凝っていますので、重量1.3 kgというのも、まあ評価できますね。

スポンサーリンク

2.筐体

Jumper EZbook X3 Pro
ずいぶんとオシャレになりましたね!というとJumperに失礼かもしれませんが、ご覧の通りベゼルが非常に細く(サイズから見て画像加工はしていないか、していても軽度だと思います)、高級モバイルノートという感じに見えます。

Jumper EZbook X3 Pro
天板です。この製品の筐体素材はアルミ合金製で、エッジ部分にはダイヤモンドカット加工も施されます。最近の中国メーカーだと、CHUWIやTeclastの筐体が非常にキレイに仕上がっていると感じますが、Jumperも負けていないですね。ウインタブが最後にレビューしたJumper製品は「EZBook X4」ですが、この製品も筐体品質はかなり高水準でした。

Jumper EZbook X3 Pro
キーボードです。この画像はバックライトを点灯した状態です。ということで、この製品にはバックライトが装備されています。また、キーボード面を見ると、上部にスピーカーが付いてるのがわかります。この製品、なんと「4スピーカー」です。中華ノートの場合、音質に過度の期待は禁物なんですけど、この製品のスピーカーにはちょっと期待しちゃいますね。

Jumper EZbook X3 Pro
入出力ポートの配置です。やはり不足している感があります。個人的にはUSB無線マウスを使っている関係で、「これだとUSBメモリースティックが使えないじゃん」と思います。ハブは持っておくべきでしょう。

3.価格など

Jumper EZbook X3 Proは中国の通販サイト「Gearbest」で販売中で、10月31日現在の価格は299.99ドル(33,119円)です。価格帯からして「エントリーノート」という位置づけになりますが、その前提であればスペック、筐体品質とも非常に優れていると言えるでしょう。TeclastやCHUWIよりも割安だと感じます。これでCPUがCore mとかCore iプロセッサーになると価格も跳ね上がっちゃいますしね。

4.関連リンク

Jumper EZbook X3 Pro:Gearbest

スポンサーリンク