Lenovo ThinkPad トラックポイント キーボード II - 大人気のThinkPadキーボード、ニューモデルが日本でも販売開始!

Lenovo ThinkPad トラックポイント キーボード II
ウインタブ読者からも大人気の「ThinkPad トラックポイントキーボード」が新しくなりました!この製品は1月に米国ラスベガスで開催された「CES 2020」に出張した際、実物を確認し、ウインタブでも紹介記事を掲載しています。この記事ではスペック表や日本語配列の画像、価格情報などをお伝えしますが、筐体構造に関しては1月の記事のほうがわかりやすいと思いますので、こちらをご覧ください。
Lenovo ThinkPad Trackpoint Keyboard Ⅱ - 大人気のコンパクトキーボードがニューモデルに!USB無線とBluetoothの両対応になりました

スポンサーリンク

スペックは下記の通りです。

・対応OS:Windows / Android(8.0以上)
・配列:89キー(日本語)、84キー(英語)
・キーストローク:約1.8 mm
・キーピッチ:19.05 × 19.05 mm
・充電:USB Type-Cポート、USB Type-C–USB Type-Aケーブル(同梱)
・接続方法:Bluetooth5.0(Swift Pair対応)、USB無線(2.4GHz)
・バッテリー駆動時間: 約2カ月(※1)
・サイズ:高さ 12.39 mm、重量516 g
・ロープロファイルトラックポイントキャップ搭載(※2)
・視覚障害者向け6点入力サポート
・UN38.3テストおよびIATAによる航空輸送のガイドラインに適合、航空輸送対応可能

※1 キーボード入力を1日に3時間、アイドルモードで5時間、1週間5日使用を想定
※2 ThinkPad ロープロファイルトラックポイント・キャップ (別売0A33908)と同等品

ニューモデルになって大きく変わったのは「Android OSを正式にサポートするようになった」という点と「USB無線接続とBluetooth接続の両方に対応するようになった」という点です。もちろん細かい相違点は他にもありますが、この2点が最も大きな改善点と言えるでしょう。ちなみに従来モデルは「USB有線接続」「Bluetooth接続」の2種類でした(それぞれに日本語配列と英語配列あり)。

スポンサーリンク

Lenovo ThinkPad トラックポイント キーボード II
ニューモデルにも日本語配列と英語配列の2種類があります。もちろんどちらが便利か、というのはナンセンスな話で、お好みのものを選べばいいと思います。

デザインは従来モデルとほとんど変わりません。「強いて言えば」最上段のFキーのところが「4つずつひとまとめ」になった、というくらいですかね。ASUSでもこの考え方を採用したキーボードレイアウトを使っていて「デスクトップ・インスパイアード」と呼んでいます。

デザイン(キーレイアウトなど)が変わらないのは「歓迎」、Androidを正式サポートするようになったのも「歓迎」、接続方式が増え、モデルが整理されたのも「歓迎」と、要するにすべて歓迎していい変化だと思います。あとは価格だけですかね…。

5月28日現在、日本語配列、英語配列とも税込み15,950円です。ちなみに従来モデルはおよそ2カ月に1回くらいの割合で限定クーポンが発行され、USB有線タイプが5,000円程度、Bluetoothタイプが7,500円程度で購入できました。15,950円を支払う価値がある製品だとは思いますし、一台でUSB無線とBluetoothに両対応するようになったので、価格が少し上がってしまうのも理解できますが、早ければ今週末からクーポン割引の対象になる可能性がありますので、購入されるのならせめて1週間くらいは様子見されるのがいいのではないか、と思います。

関連リンク(Lenovo)

ThinkPad トラックポイント キーボード II – 日本語
ThinkPad トラックポイント キーボード II – 英語

スポンサーリンク

コメント

  1. HAXtroganoff より:

    もっと安ければ……

    • wintab より:

      こんにちは。今週末(5月30と31)は定価でしたね。なんとなくですが、しばらくセールにならないかも。従来モデルよりも便利になったので、価格が上がるのはわかるんですが、ざっくり2倍になってしまったので、できればセール対応して欲しい。

  2. 匿名 より:

    もっと高いですが、こんなのや
    https://tex.com.tw/products/shinobi?variant=16969883648090
    こんなのに憧れた時期が有りました。
    https://ultimatehackingkeyboard.com/