Microsoft Universal Foldable Keyboard - タブレットユーザーにはこっちが本命!欲しい!

Microsoft Universal Foldable Keyboard
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ついさっき「Microsoft Designer Bluetooth Desktop - デザインのMicrosoft、本領発揮のキーボード&マウスセット」という記事を書きました。非常に美しいデザインのキーボードとマウスのセットなのですが、同時にもうひとつ、「Universal Foldable Keyboard」という二つ折りのキーボードも発表されています。このキーボードは先行して米国で発売されていて、3月にウインタブでも「Microsoft Universal Foldable Keyboard - OSを選ばない激薄の折りたたみキーボード」という記事にしています。ウインタブがメインテーマにしているモバイルWindows、ということで言えば、こちらが本命ですね。

スポンサーリンク

1.製品概要

この製品の詳細ページがまだないので、米国用のもので概要を説明します(日本向けには若干の変更があるかもしれません)。まず、注目のサイズは折りたたみ時147.6 × 125.3 × 10.5 mm、展開時は295.1 × 125.3 × 5.3 mm、重量はわずか180 gとなっています(厚さおよび重量のみ日本マイクロソフトの公表値です)。このサイズだとキーストロークは期待できませんが、同じMicrosoftのSurface用タッチカバーの打鍵感が好評であることを思えば十分実用的に仕上げていると思われます。当然このサイズだと乾電池は使えないので、充電式となりますが、米国版の場合は1回の充電で最大3カ月使えるということなので、こちらも実用的です。

OSはWindowsのほか、Android、iOSにも対応していて、最近のモバイルキーボードによく見られるマルチペアリング、つまり複数のデバイス(最大2台)をスイッチひとつで切り替えて使えるタイプです。

スポンサーリンク

Microsoft Universal Foldable Keyboard 上から
日本版の製品はキーに日本語のかなが印字されており、配列は「日本語80キー配列」となっています。

Microsoft Universal Foldable Keyboard 防水
安心の防滴設計です。

2.価格など

日本Microsoftによれば、Universal Foldable Keyboardの予想実売価格は9,980円(税抜き)で、販売開始は9月24日からとなっています。この記事を書いている時点ではAmazonや家電量販店で予約を受け付けています。

私、これ買うと思います。外付けキーボードはもう2台持っているのですが、最後に買ったのがもう1年近く前になりますし、激薄サイズと重さ180gというのが気に入りました。難を言えば、タブレットスタンドを別に用意しなくてはならない、ということでしょうか。あと、Microsoftの製品では、マウスを何台か買ったことがありますが、ハズレを引いたことがないですし。税込みで1万円ちょっと、というのは少し痛いですが、久しぶりにどうしても欲しい周辺機器かな、と思っています。

3.関連リンク

折りたたみ式の Bluetooth 対応キーボード Microsoft Universal Foldable Keyboard など、ハードウェア 4 製品を 9 月 24 日(木)より発売:Microsoftニュースリリース
Microsoft Universal Foldable Keyboard:Amazon

スポンサーリンク

コメント

  1. takaha(baseball mean より:

    いいですね、これ。
    何よりホームポジションの右手左手がきちんと折り目で別れてるのがとてもいいです。
    日本語対応というのもいいですね。(というのも、私が現在使っているキーボードがドイツ製だからなのですが)

    やっぱり気になるのは価格ですね。もうちょっと安ければ……

    • wintab より:

      takahaさん、こんにちは、コメントありがとうございます。ほんといいですよね!しかし、ドイツ語のキーボードってすごいですね。現地駐在されていたんでしょうか?外付けキーボードは足りてるんですけど、比較的安価なのでつい買ってしまいます。これは少し高めですけどね。