Inateck HB4008 - SDカードリーダー+USB3.0×3のOTG対応ハブ

inateck USBハブ HB4008
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先日、ドイツのメーカーinateck社よりUSB3.0ハブを提供していただき、レビュー記事を書きました。

スポンサーリンク

inateck 4ポートUSBハブ HBU3VL2-4 タブレットに必需品の周辺機器

これはPCにもタブレットにも使える高機能の製品ですが、またinateck社から「こっちはさらにタブレット向きなんですよね」ということで別な製品を提供していただきました。「HB4008」という製品なのですが、確かにこっちのほうがさらに使い勝手がよさそうです。

1.製品の概要

inateck USBハブ HB4008 接続イメージ
HB4008は基本的にUSBハブですが、USB3.0のポートが3つついているほか、SDカードリーダーがついています。タブレットにはmicroSDカードリーダーがついているのが一般的ですが、SDカードリーダーがついている機種は2 in 1でもない限りありません。また、microSDカードはアダプターを使えばSDカードリーダーで読めますが、SDカードをそのままmicroSDカードリーダーで読むのは不可能です。SDカードはビデオやカメラなど、多くの製品で現役として使われていますから、タブレット用にこの製品を用意しておくことでかなり便利になります。

inateck USBハブ HB4008 アダプター
また、この製品、タブレットやPCと接続する部分はフルUSBですが、microUSBアダプター(OTG対応)がついているので、タブレットとの接続もPCとの接続も容易です。

※OTGとは~On The Goの略で、PCでない製品同士を接続できる機能。WebではOTG=充電対応のように表現されている場合がありますが、OTGだから充電しながら他のUSB機器を使えるという意味ではありません。実際にこの製品は充電しながら他のUSB機器を使うという機能はありません。

スポンサーリンク

inateck USBハブ HB4008 サイズ
前回紹介したHBU3VL2-4のときにも書きましたが、この製品も大きく、ゴツいです。重さは実測値で67gありました。ケーブルは長さ30cmで太さもかなりのものです。好き嫌いがわかれるかもしれませんが、やっぱ「いかにもドイツ」という感じがして私は相当気に入っています。製品そのものの生産国は中国ですけどね。

2014年11月23日現在の価格は2,399円(税込・送料込、Amazonでの価格)となっています。

2.使用感

inateck USBハブ HB4008 パッケージ
今回は1週間ほど使ってみました。いいですよ、これ。Windows8 タブレットの場合、USB2.0の速度でしか使えない(ThinkPad 8除く)のですが、かなり高速に感じられました。

・USBメモリーの読み込み
・SDカード読み込み
・SDカードからUSBメモリーへの書き込み

このへんを試してみました。もちろん正常に動作しましたし、USB2.0のスペックとはいいながらも十分納得できる早さです。また、USB3.0対応のノートPCの方でも試してみましたが、SDカードの読み込みもUSB3.0の速度が出るため、非常に快適に使うことができました。というか、小さめのデータなら転送していることすら認識できないという感じです。ただ、お買得価格なので文句を言うほどではありませんが、SDカードやUSBといった記憶デバイスを複数使えるわけなので、LEDインジケーターのようなものがついているともっといいかな、という気はします。

inateck USBハブ SDリーダー
この製品、便利なUSB3.0ハブとしてはもちろんですが、SDカードリーダー単体製品としてもかなり性能がよいと感じました。Windowsタブレットはもちろん、SDカードリーダーのついていないPCでの利用もおすすめで、価格の安さもあって、1つ買っておいても損はないと思います。

3.関連リンク

[カードリーダー+ Micro USB OTG] Inateck USB3.0 マルチ・イン・ワン 高速ハブ 3ポート バスパワー 5ピンMicroインターフェース付き ウルトラブックやタブレットPC用コンパクトカードリーダー、SD、SDHC、SDXC対応 – OTG機能付き:Amazon(inateck製品の通販はAmazonのみの対応です)
inateck社公式サイト(日本語)

スポンサーリンク