「無限鉛筆」を使ってみた - 永久に使える減らない鉛筆とは?Aliexpressなら数百円で買えます

eternal pen_title
こんにちは、natsukiです。今回は、面白文具を紹介します。その名も「無限鉛筆」。書いても書いても書いても書いても減らない、魔法の鉛筆です。一体どうなっている?実用性はあるのか?ご覧ください。

スポンサーリンク

1.製品概要

eternal pencil
一体どういうものかというと、「芯」の部分が金属になっていて、摩耗に非常に強い、というものです。なので、実際には「無限」に使えるわけではありませんが、一ヶ月ほど使ってみた限りでは、本当に減らない。はじめはザラついていたペン先の表面がツルツルにはなっているので、減ってはいるんでしょうが、その減少量はごくわずかで、どのくらい使えば視認できるくらい減るのか見当も付きません。

一方で、鉛筆は濃いほど芯の減りが早いことからも分かるように、これだけ硬い芯だと、当然ながら書いた文字はかなり薄くなります。要するに、「芯がべらぼうに硬い鉛筆」なわけです。

2.使用感

glip
似たような製品は山のようにあるんですが、見た目がシブくて、かつ握りやすいようにそこそこ太そうなものを選択。握り心地は上々です。

nib
芯はこのように、金属製。なお、この写真はすでにけっこう使い込んだ後なんですが、先が多少ツルツルになってきているものの、視認では「減って」いるようにはまったく見えません。それと、もうひとつの重要な特徴は、芯が硬い金属製であるため、「折れない」ということです。

remove
ちなみに、芯だけ取り外しも可能。私は替え芯を付けませんでしたが、替え芯がついてくるタイプもあります。使い切ることができるかどうかは別にして……。

writing
で、おまちかね実際どのくらいの濃さになるかです。上2行が無限鉛筆で、下2行が通常のHBのシャープペンで書いたものです。はい、薄いです。また、重ね塗りしてもあんまり濃くなりません。しかし、十分に視認できるレベルではあります。ただ、やはり離れると見にくいので、例えば冷蔵庫に貼ってあるメモや、カレンダーへの書き込みなどには向かないですね。

ereaser
曲がりなりにも「鉛筆」と名乗るだけあって、消しゴムで消去可能です。ただもちろん、通常の鉛筆よりは消しづらく、また、書いた跡のへこみは、紙にくっきり残ります。

実際に使ってみると、案の定、なかなかクセの強い製品ではあります。ただ、書いても書いても本当に減らないので、常に同じ太さで書けるし、なにより書いている面白さがあります。

スポンサーリンク

3.どんなときに使えるのか?

この「無限鉛筆」のメリットは、「減らない」ということの他に、「芯が折れない」ということもあります。デメリットは、「薄い」ということ。しかし、ご覧のように視認できないほどではありません。

この薄さでは、実際のところ、ちゃんとした文書に使うのは困難でしょう。しかし、「減らない、折れない」ということは、つまり高い信頼性があるということです。なので、「無限」というコンセプトとは逆になりますが、むしろ「大量に書くことはしない」「ときどきしか使わない」といった用途に向くと思います。例えば、電話などの横に置いておくメモなんかには、ちょうどいいですね。または、カバンの中に乱雑に突っ込んでおいても、壊れないし、一緒に入っている他のものを汚しにくいです。使いようによっては、活躍の場はかなりありそう。

4.Aliexpressなら数百円で買える

aliexpress
この「永久鉛筆」、非常に様々な種類があり、日本国内でも販売していますが、Amazonだと千円~数千円はする感じです。こういう単純な製品は、やはり、Aliexpressが圧倒的に強い。私は200円台で購入しました。Aliexpressなら、だいたい200円台半ばから500円程度で購入できます。

純粋な筆記具としての実用性は微妙だとしても、アイデア次第では使い道もいろいろあるかも。ともかく、使ってみて面白いので、ぜひ試してみてください。

5.おまけ ― Aliexpressで安い、ちょっと変わった筆記具たち

おまけで、この永久鉛筆と一緒に買って、子供に評判よかったものを2つほど紹介しておきます。

平形芯のシャープペン ― 本来はマークシート用?

flat pen
このシャープペン、芯が平べったくなっています。日本では、一昔前にマークシート用と銘打って売っていたように記憶していいますが、最近はあまり見かけなくなりました。Aliexpressで、3本セットで替え芯3パック付きで送料込み400円弱だったので、購入。

flat pen_writing
カリグラフィみたいなのが書けるかなと期待したんですが、そうはいきませんでした。ただ、普通に「持つ角度で太さを調整できる太めのシャープペン」として使えるので、子供は面白がってかなり使っています。

おしゃれなアンダーラインペン

underline pen
こちら、ペンの先にロールが付いていて、さまざまな模様を弾けるペンです。こちらは、送料込みで約800円と、そこそこします。

line
これ、かなり線を引くのにコツが要りまして、紙に対してペンを垂直に立てないと、うまく線が引けません。コツさえつかめば、デコったアンダーラインが引けるので、これも子供に好評。

Aliexpressには、こういう面白文具も激安でそろっています。ながめるだけでも楽しいものですよ。

6.動画レビュー

動画でもレビューしています。よろしければご覧ください。

7.関連リンク

無限鉛筆

Aliexpressで「無限鉛筆」を検索:Aliexpress
クリエイティブハイエンド永遠インク無し木製署名ペン:Aliexpress「Azul-Stationery Store」(私が購入した製品です)

その他、今回の記事で紹介したペン

3本 厚手フラットヘッド2.0ミリメートルテストシャープペンシル:Aliexpress「Minrosoon Store」
Jianwu 6ピース/セット速乾性カラフルな曲線蛍光かわいいパターン:Aliexpress「JIANWU Store(トップブランドマーク付きセラー)」

スポンサーリンク