eMeet M2 Max - サイズが大きくなりマイク音質も向上!eMeetのハイエンドなスピーカーフォン

eMeet M2 Max
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。ウインタブでも昨年末あたりからライターと定期的にWebミーティング(だったり飲み会だったり)を開催するようになりました。ライターとご紹介する製品の方向性について話してみたりもするのですが、やはりテレワーク(リモートワーク)関連グッズは読者のニーズが高くなっていくのだろう、などという話も出ています。

スポンサーリンク

テレワーク関連と言っても様々な製品ジャンルがありますが、「会議用のWebカメラ」や「会議用スピーカー(スピーカーフォン)」についてはウインタブでも直近何度か実機レビューをしていますし、比較的手軽にテレワーク環境をアップグレードしてくれる周辺機器だと思っています。実際私もこの2つは結構重宝しているんですよね。

ということで、ウインタブの実機レビューではもはやおなじみの「eMeet」がスピーカーフォンのニューモデルを発売する、という情報です。

eMeet M2 Max
ご紹介する製品はこれ「eMeet M2 Max」です。ウインタブでは過去にeMeetのスピーカーフォンを3回にわたって実機レビューしていますが、その中では「トップ」に位置づけられる製品のようです。

過去のeMeetスピーカーフォンのレビューはこちら。

eMeet OfficeCore M220 Lite レビュー - 電話会議用として高品質!音声の集音と再生に特化した実用性の高いスピーカーです。テレワークに最適!(実機レビュー)
eMeet Luna 実機レビュー - ZoomなどのWeb会議にも使えるスピーカーフォン。「人の声を確実に拾う」には最高の品質です
eMeet OfficeCore M0の実機レビュー - ノイズ・エコーキャンセリング搭載、雑音の少ないクリアな声を届けられるスピーカーフォン

会議用のスピーカーフォンは「スピーカーとマイクがセット」になった構造で、スピーカーとしては音楽を聴くこともできますが、音質は音楽用ではありません。というか、はっきり言って音楽に使うと音質は悪いです。そのかわり、人の声をクリアに拾える高性能マイクと、同じく人の声をクリアに再生するスピーカー音質になっています。

ではeMeet M2 Maxのスペックを。

スポンサーリンク

eMeet M2 Max
まず、製品名に「Max」とついている通り、デカイです。過去にウインタブで実機レビューしたスピーカーフォンは12センチ四方くらいでしたし、小型のものは8センチ四方のものもありましたが、それよりも二回りほど大きいですね。なので、自宅あるいはオフィスで据え置いて使うことが想定されます。

また、ここは従来モデルと同じですが、デバイスとの接続方法が多岐にわたっている、という点もポイントです。USBやBluetooth、AUX(オーディオ)、さらにはBluetooth非対応デバイス用にBluetoothドングルまでついています。それと、この表にある「付属のUSBケーブル」の長さはなんと3 mです。…なんとなく「事務所用」の香りがしますね…。

eMeet M2 Max
サイズが大きくなったこともあり、会議などで1台のeMeet M2 Maxで対応できる人数は「10-15人」に拡大しました。このあたりはもう、テレワーク必須の要件とも言えない気もしますが、まあ、大きいことはいいことだ、というかなり古い名言もありますしね。

また、マイク品質は確実にグレードアップしています。集音マイクは4つ、360度どこから話してもきっちり声を拾ってくれます。私が以前実機レビューをした従来モデルではマイクの数が3つでしたが、それでも「本当に見事」に声を拾いました。Voice AIと呼ばれる、周囲の雑音をカットしてくれるノイズキャンセリング機能も健在です。

それと、「数値を言われてもピンとこない」んですが、「サンプリング周波数は48kHz / 16-bit」で、「プロ仕様」だそうです。

実際のところ、スピーカーフォンにしてもWebカメラにしても、「ノートパソコンについている機能でもいいじゃん!」と言われればそうなんですが、特に顧客とWeb商談するとか、マナーに気をつけたい場面では、やはり専門の機器を揃えるほうがいいんじゃないか、とは思います。また、デスクトップPCで作業する人なら、Webカメラとスピーカーフォンはぜひ持っておきたいところです。

eMeet M2 Max
eMeet M2 Maxは2月中の発売予定で、想定価格は34,000円です。正直この価格は安くはないですね。eMeet製品でも安価なものは1万円以下で購入ができますから。自宅で一人で作業をするため、ということなら、安価かつ小型の従来モデルのほうがいいのではないか、と思います。一方で、数人のグループで作業するとか、法人として購入するのならeMeet M2 Maxはおすすめですね。

関連リンク

eMeet 日本語公式サイト
※2月3日現在、eMeet M2 Maxの製品情報はありません
最新マイクスピーカー『eMeet M2 Max』発売!性能が全面的にアップグレード:TikGadget

スポンサーリンク