Lenovo Yoga Slim 750i Pro - GeForce MX450搭載の14インチモバイルノート、凝ったビジュアルのプレゼン資料も作れます

Lenovo Yoga Slim 750i Pro
レノボが14インチのモバイルノート「Yoga Slim 750i Pro」を発売します。「Yogaの750i」という型番はちょっとややこしく、13.3インチ、14インチ、15.6インチのクラムシェルノート(製品名はYoga Slim 750i)と14インチ、15.6インチのコンバーチブル2 in 1(製品名はYoga 750i)がありまして、「要するにYogaはほとんど750iじゃん!」と感じられます。

スポンサーリンク

今回ご紹介する「Yoga Slim 750i Pro」は14インチのクラムシェルノートで、外部GPUのGeForce MX450を標準搭載する、レノボいわく「クリエイター向け」の製品です。同じ14インチの「Yoga Slim 750i」とはスペックも筐体も全然違っています。

1.スペック

  Yoga Slim 750i Pro
OS Windows 10 Home
CPU Intel Corei5-1135G7 / Core i7-165G7
外部GPU NVIDIA GeForce MX450(2GB)
RAM 8GB / 16GB
ストレージ 512GB  SSD (PCIe NVMe/M.2)
光学ドライブ なし
ディスプレイ 14インチIPS(2,240 x 1,400)
ネットワーク 802.11 a/b/g/n/ac/ax、Bluetooth 5.0
入出力 USB Type-C(Thunderbolt 4)× 2、USB3.0、オーディオジャック
カメラ Webカメラ(720p)顔認証対応
バッテリー 稼働時間約15.2時間
サイズ 312.4×221.4×14.6mm(最薄部)
重量 1.33 kg

CPUは第11世代(Tiger Lake)のCore i5/Core i7で、いずれも内蔵GPUにはIris Xeを搭載しますので、そのままでも高いグラフィック性能を備えているのですが、外部GPUのGeForce MX450も搭載しています。MX450はゲーミングPC向けのGeForce GTX/RTXシリーズほどの実力はありませんが、もちろん内蔵GPUよりもずっと高性能なので、動画編集や高度な画像加工、またライトなオンラインゲームのプレイも可能です。

RAMはCore i5モデルが8GB、Core i7モデルが16GB、ストレージは全モデル512GB SSDです。この構成であればCore i5モデルでも十分なパフォーマンスを見せてくれると思いますが、GeForceも積んでいることですし、「どうせならCore i7モデル」かな。

ディスプレイも既存モデルのYoga Slim 750iとは異なります。サイズこそ14インチと同じですが、解像度が高く、アスペクト比も16:10と、ちょっとだけ縦方向に長くなっています(Yoga Slim 750iは解像度1,920 × 1,080、アスペクト比16:9です)。またこのディスプレイは高解像なだけでなく、100%sRGBでDolby Vision対応なので、一般的なノートPCのディスプレイよりも美しい画像・映像を楽しめます。

スポンサーリンク

入出力ポートはYoga Slim 750iよりも「数としては後退」しています。また、Yoga Slim 750iには装備されていたHDMIポートやSD(microSDカードリーダー)もありません。しかし、Thunderbolt 4が2つありますので、外部モニターの接続(いやこれ、以前の実機レビューで痛感しています)とかGPU BOX(eGPU)接続、また多機能なドッキングステーションとの接続などで高い拡張性をもたらしてくれるでしょう(そのぶんお金はかかりますけどね)。

サイズは「意外にも」Yoga Slim 750i(14)と大差ありません。

750i Pro:312.4 x 221.4 x 14.6 mm(最薄部) / 1.33 kg
750i(14):320.6 x 208.2 x 15.1 mm / 1.36 kg

ディスプレイのアスペクト比が異なるため、横幅は小さく、奥行き(短辺)が大きくなっていますが、トータルのサイズ感はそんなに変わらないですね。個人的には横幅が小さくなったことでバッグには入れやすいのでは?と思います。また、モバイルノートとして重量は軽いほうとは言えませんが、携帯性は十分にあると言えるでしょう。

2.筐体

Lenovo Yoga Slim 750i Pro
筐体サイズやスペックは他のYogaと異なりますが、外観の雰囲気は大きく変わりません。ベゼル幅が細く、全体的にスリムな印象です。また、上部ベゼルのWebカメラ付近が盛り上がっているのも他のYogaと同じです。

Lenovo Yoga Slim 750i Pro
天板です。筐体素材は「プレミアムアルミニウム」と説明されていましたので、ひょっとすると他のYogaよりもワンランク上の質感になっているのかも。また筐体色は「ライトシルバー」で、Yoga Slim 750iの「スレートグレー(濃いグレー)」とは異なります。

Lenovo Yoga Slim 750i Pro
キーボードです。この画像では英語配列になっていますが、日本仕様は「84キーJIS配列、バックライト・キーボード」となります。レノボ製品ではおなじみの、キートップ下側がラウンドした形状で、(この製品に触れたことはありませんが)打鍵感も良好と思われます。

Lenovo Yoga Slim 750i Pro
側面と入出力ポートの配置です。この製品はクラムシェルノートですが、電源ボタンが側面にありますね。また、繰り返しになりますが、入出力ポートは高規格ながら数は少なめです。

3.価格など

Lenovo Yoga Slim 750i Proは2月5日から販売がスタートする予定で、「定価」は154,800円(税別)です。おそらくレノボ直販サイトでも販売されると思いますが、レノボの場合「定価のままというのはレア」です。おそらく30%以上の割引が期待できると思いますので、実売価格は税込み12万円前後くらいになるのではないか、と予想します。まあ、もう少し待てば正確な価格がわかるんですけどね。

第11世代CPUにGeForce、そして高精細ディスプレイ搭載と、スペックが非常に高く、それでいてモバイル利用も十分こなせるサイズに収まっていますので、クリエイターや高性能PCを使うニーズのあるビジネスマンにはピッタリの製品と言えるのではないでしょうか。あとは販売価格を見て、ということですね。

4.関連リンク

Yoga Slim 750i Pro:Lenovo

スポンサーリンク