eMeet C980pro ウェブカメラの実機レビュー - スピーカー搭載で1080p/30fps対応のWEBカメラ。必要な機能が揃っている優等生です

C980pro_main
こんにちは。ひつじです。私の年明けレビュー第一弾、です。早速ですがテレワーク等が浸透してきた昨今、WEBカメラが欲しい方って増えていませんか?私個人としてはスマホで会議をすることが多いので必要なものではない…と思っていたのですが社内外の研修等をきっかけに、見事必須アイテムになってしまいました。

スポンサーリンク

WEBカメラだと定番メーカーはある程度存在していますが、意外とレビューは少ないですし周辺の「パソコンに詳しい人」もさすがに機種特性までは把握していないと思うんですよね。

そんな中、eMeet社より「eMeet C980 Pro」の実機を提供頂く機会がありましたので、レビューをさせて頂きたいと思います。使用した限り、過不足の無い優秀な機種だと感じています。ちなみに同社の製品はライターのゆないと氏も使っているそうです!また、この製品の下位モデル「eMeet C960」についても実機レビューをしていますので、こちらもあわせてご覧ください。
eMeet C960 ウェブカメラの実機レビュー - 高画質でマイクつき、ドライバー不要で「めんどくさくないWebカメラ」です。低価格なのもいい!

製品をご提供頂いたeMeet社にはこの場でお礼申し上げます。ありがとうございます。

1.スペック

対応OS:WindowsXP以上、MacOS 10.4以上
最大解像度:1,920×1,080
ビデオフレームレート:30fps
フォーカスタイプ:固定
フォーカス範囲:0.8m~5m
画角:90度
マイク:無指向性マイク×4
スピーカー:モノラル×2(エコーキャンセル機能搭載)
ケーブル長:1.8m
寸法:61mm×158mm×66mm
重量:243g

スペックはAmazonに記載の内容を踏襲していますが、視野角については80度という記載もありますので念のため。スペックを見る限り、対応OSの下限も広く、FHDでの撮影にも対応していることから必要十分、といったところです。

珍しいのはスピーカーを搭載しているところでしょう。ステレオ再生が出来ず、音質上は実用品レベルといったものですが会議には十分使用できる質のものが搭載されています。

また、スペック上は表に出てこないものの暗い環境下での撮影にも力を発揮する製品となっており、「美しく自分を投影したい」みたいなことを思わなければ殆ど不満の無い内容になっています。更にレンズカバーも付属しているので持ち運び等でも安心ですし、セキュリティ面での不安も軽減されるんじゃないでしょうか。
C980pro_windowshello
惜しむらくは「Windows Helloには非対応」位な点で、後は非常にバランスの取れたスペックとなっています。

2.筐体

C980pro_temp
まずは付属品から。説明書などの書類一式、ポーチ、本体とシンプルな内容になっています。ケーブルは脱着不可ですがケーブルタイも付属しているので大きな不満にはならないと思います。レンズカバーは後ほど写真で紹介しますがカメラのストラップホールに結び付けられていました。
C980pro_manual
なお、説明書などは日本語対応済みです。細かいですがありがたいポイントかなと思います。
C980pro_front
続いて本体正面。カメラのレンズが中央にあり、左右にはスピーカーが搭載されています。ただ再生そのものはモノラル仕様です。左側から伸びているのがレンズカバーですね。このカバーはマグネット式になっています。
C980pro_left
C980pro_right
本体側面。どちらも特に注目するポイントはないので左右まとめて画像を紹介しておきます。
C980pro_back
本体裏面にはケーブルが。横にはレンズカバーが結び付けられているストラップホールもありますね。
C980pro_top
本体上部にはマイクが4つ搭載されています。無指向性となっているので周囲の音は隔てなく集音します。仕様上不要な音が入ってしまうという点は否めないものの、複数人で使用する想定であればメリットがより大きいと言えますね。
C980pro_bottom1
C980pro_bottom2
本体下部、クリップ部分の構造は他のWEBカメラとそこまで相違があるわけではありませんがその分癖が無く使いやすいかと思います。ネジ穴が用意されているので三脚の使用も可能ですし、関節部分内側にはラバーが貼り付けられているのでモニターなどに引っ掛けて使用することも可能です。また、テーブルなどに据え置くことも可能な作りとなっています。

スポンサーリンク

バネなどが付いているわけでは無いので挟み込んで使用することは難しいですが大きな問題ではないでしょう。ただベゼルがフラットでない場合や曲面ディスプレイの場合、設置が難しい場合もあるかもしれません。
C980pro_monitor
参考までにモニターの上部に設置した感じも。クリップの関節を利用して上下にレンズの向きを振り向けることも多少であれば可能です。

3.使用感

C980pro_cameraroll
WEBカメラで写真撮影をする場合、「ピクチャ」フォルダ内の「カメラロール」フォルダを「ライブラリに追加」する必要がありました。私自身今回初めて知ったので念のため紹介させてください。

画質

WEBカメラとして見れば必要十分だと思います。参考までにXperia XZ Premium(以下Xperia)と比較してみましょう。(上がC980pro、下がXperia)
C980pro_photo1
XperiaXZpremium_photo
なお、ソファーからモニターまで直線で約1.5mありますが、そのモニターの上部にC980 Proを載せています。高さはざっくり約1.1mといったところです。撮影環境の都合から主に高さ方向でXperiaとは多少のズレがありますがお許しを。

写真としてのディテールは(そもそも用途が違うので)差がありますが、画角が広く使い勝手は良好だと思います。少なくともWEBカメラとしては問題ない質でしょう。

C980pro_photo2
なお、暗い環境だと色表現はずれてしまうものの、実用上問題ないレベルで露光を調整してくれます。

音質

Xperia XZ Premiumと同時に音声を録音して比較してみました。これまた設置場所が違うので、多少の差異がある点はお許しください。(上がC980pro、下がXperia)


C980 Proの方が少しエコーがかかったような音質ですね。ただ声そのものは聴きとりやすいので問題にはならないかと思います。

ただマイクゲインは(Xperiaも含めて)少し小さめ。1.5m離して収音するというのはちょっと想定外なのかもしれません。また前述の通り、マイクに指向性が無い点は人によっては気になるポイントかもしれませんね。

なおスピーカーは冒頭記載した通り「実用品」といったところです。ただマイクと同時に使用していてもハウリングなどは起きませんし、声そのものは非常に聞き取りやすいです。音量も筐体の大きさに見合った必要十分なものですので、テレワーク用途だけでなく会社のデスクトップ(スピーカーが搭載されていないようなもの)に接続したりしてもいいかもしれませんね。

4.まとめ

C980pro_box
eMeet C980 Proは1月9日現在、Amazonにて9,699円(税込)にて販売されていますが、別途10パーセントOFFとなるクーポンが配布されていますのでこれを適用すれば8,729円で購入できます(1月10日まで)。

他社と比較して価格面での優位性はそこまで強くない(ほぼ同等)といったところですがスピーカーが搭載している等、この製品独自の特性がありますから、そこが良いと思えるならば買いだと思いますね。

意外と「唐突に必要になる」シーンが多かったりするのがWEBカメラです。この機会に1台いかがでしょうか。

5.関連リンク

eMeet C980pro:Amazon
『eMeet C980pro』音声によるコミュニケーションを円滑にするこだわりのウェブカメラ・レビュー:TikGadget(メーカー推奨のレビュー記事)

スポンサーリンク