Chat WiFi レビュー - 100GB使えて料金激安のデータ通信専用SIM。通信品質も悪くないです(実機レビュー)

Chat WiFi
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。今回はウインタブとして初となる「SIMカード」のレビューです。こういうサイトをやってると、あちこちからレビューのご案内をいただくのですが、読者の役に立つものは受けさせていただくとして、読者の関心が薄そうなものはお断りするようにしています。また、PCとかスマホ、あるいはそれらの周辺機器に限らず、アロマデフューザーとか掃除機とか空調服とか、そういったものでもレビューしたことはあります。要は「私が関心があるもの≒読者が関心のあるもの」と考えています。私としてもこれが一番納得感があるのかな、と思っているんですよね。

スポンサーリンク

ただねえ、SIMに関しては(本当はとても大切なジャンルなのに)日頃無頓着なんですよね。ちなみに私は今はなきFREETEL SIM(現在は楽天モバイルですが、この記事ではFREETEL SIMと表記することにします)を通話用のメイン回線に、別途NEXT mobile(ワイモバイル系)のWi-Fiルーター、20GBプランを使っています。毎月の利用料金はFREETEL SIMのほうが2,000~3,000円、NEXT mobileのほうが定額で3,000円くらいだったと思います(2019年11月25日現在、このプランは税抜き2,400円です)。キャリアとの契約ではなくとも合わせて毎月5,000~6,000円くらい支払っていることになるので、本来はもっとしっかり管理しないといけないですね。

FREETEL SIMは最低限電話はできますし、たまにテザリングも使っていますが我慢できないことはないです。NEXT mobileはワイモバイル回線(おおもとはソフトバンク回線)で、FREETEL SIMよりは数段快適に通信ができますので、この春に2年満了し、再契約しました。契約容量は20GB/月ですが、出先でウインタブの記事を書いたりするのに使うのには困りません。でも、9月下旬に上の子が病気入院しまして、入院先が「インターネット可」だったんで、Wi-Fiルーターを貸してあげたんですよ。そうしたら、「一週間で20GB使い切りやがった」わけです。10月1日に貸して、7日には通信制限がかかりました。その後彼女が退院したのでルーターを返してもらいましたが、10月いっぱいは使い物になりませんでした。なので、FREETEL SIMを、時にやるせない気持ちになりつつテザリングに使ってました。

そんな経験をした11月のある日、Chat WiFiから「ウインタブさん、いいSIMがあるんですけど、レビューしませんか?」というお誘いをいただきました。「でもSIMのレビューはやったことないから…」と思いましたが、「非常にいい話」だったんですよね。なのでお受けすることにしました。

1.Chat WiFiについて

概要

Chat WiFi
「非常にいい話」というのはこれです。税抜き2,980円で使い放題、しかも契約期間の縛りなし、したがっていつ解約しても手数料不要です。ただ、この10月から3大キャリアでも「縛りなし・違約金なし」に移行していますので以前ほど強いありがたみはなくなっています。

また、「使い放題」というのは少々語弊があり、正確には「月に100GBまでは使い放題、100GBを越えると通信制限」ということなので、実質的には「100GBで2,980円」ということです。それと、よくある「○日で○GBまで」といった短期間の大容量使用に伴う制限もありません。

それと、Chat WiFiは通話用のSIMではなく、データ通信専用なので、電話はできません(後述しますがSMSもダメです)。

Chat WiFi
使用する回線が、いわゆるMVNOのような「ドコモの回線を借りている」ものではなく「ソフトバンクのメイン回線」とのこと。どうしてこれが可能なのかの理屈はよくわかりませんが、回線借りではなくメイン回線なら通信品質にも期待ができます。

Chat WiFiを私のニーズに合わせて考えると「電話は必要なのでFREETEL SIMは解約できないが、NEXT mobileのWi-Fiルーターよりも数段お得」ということになります。この10月に上に書いた事情により通信制限を食らっていますので、100GBまで使えるのは大きな魅力だとも思いました。

費用

初期費用や諸条件は下記のとおりです。この記事の最後で読者向けクーポンのご案内もしますが、とりあえず標準の料金体系を記載します。

事務手数料 :3,980円(税抜)
契約期間:なし
解約費用:なし
送料:なし
SIM紛失・故障水没時弁済金:5,000円(税抜)
※自然故障の場合は無償で対応

事務手数料は少し高いですね。しかし、契約期間なし、解約費用なしというのは大きいです。気に食わなければいつでも解約できますから(ただし、解約は毎月21日締めです。日割り計算はありません)。それと、契約時にもうひとつ必要なことがあります。

Chat WiFi
この手のサービスによく見られる「Chatセキュリティ」というセキュリティプランへの加入が必須となります。月額500円(税抜き)ですが、初月無料なので、すぐに解約すればお金はかかりません。必要なサービスと考えるのなら毎月500円を払うほうがいいと思いますけど、おそらくウインタブ読者本人が使うのなら不要かな、と思います。

それともうひとつ、「SMS送信禁止」です。もし使ってしまうと罰金5,000円。なぜか異様に厳しいルールですが、まあ注意していれば大丈夫でしょう。

注意事項はこのくらいです。あとはChat WiFiの公式サイトでご確認ください。では、いよいよSIMカードを使ってみます。

2.開封とセッティング

Chat WiFi
Chat WiFiの運営会社であるLIBAROCUSから、「通常購入と同じ内容」でSIMカードを送ってもらいました、このようにクッション封筒が使われ、ゆうパケットでポストに投函されていました。

Chat WiFi
同梱物です。はっきり言ってめっちゃシンプル。画像の上にある一枚物が「注意事項のすべて」です。裏面にはAPN設定の方法が記載されていました。APN設定についてはこの記事では詳しく触れませんが、ライターのかのあゆさんがAPN設定の方法を解説する記事を書いてくれていますので、よくわからない、という人はこちらをご参照ください。

Chat WiFi
これがSIMカード。よくあるタイプですね。標準SIM、microSIM、NanoSIMに対応します。昔の「縁日の型抜き」みたいに必要なサイズのものをパカッと外して使います。

スポンサーリンク

Chat WiFi
今回はNanoSIMとして使います。というか、読者のほとんどの人はNanoSIMなのではないでしょうか?

なお、このサービスは「レンタル」ということになっていますので、解約する際はこれらの同梱物を返却する必要があります。なので、なくさないようにしましょう。

Chat WiFi
ウインタブとしては初めて通信のテストをしますので、技適認証済みのUMIDIGI S3 Proを使います。ちなみに背面のロゴはPDA工房に作ってもらったオリジナルプリントフィルム

SIMスロット1にChatWiFiを、SIMスロット2にはFREETEL SIMを入れてみます。

Chat WiFi
あとは、設定画面でAPN設定をして、SIM1、SIM2の優先順位をつけるだけです。私はSIM2枚挿しをするのが今回初めてでしたが、特に戸惑うことなく作業を完結できました。なおChat WiFiはSoftbank、FREETEL SIMはDOCOMOという表記になっています。

実際に電話の着信とかWeb閲覧などを試してみて、正常に動作していることを確認できましたので、通信テストをやってみます。

3.通信テスト

あらかじめお断りを。通信速度の測定はそう簡単ではない、といいますが、ちょっとしたタイミングで測定値が大きく変わってしまいますし、おそらくテストに使用する機材(この場合はスマホ)によっても速度が変化するものと思われます。そのため、あくまでもウインタブの使用環境で測定した参考値としてご理解ください。ただし、使う機材や測定の時間、測定の場所に関しては、できるだけ条件を揃え、複数回のテストを実施し、信用できそうなものを掲載しています。

Chat WiFi テスト@新宿駅
新宿駅改札内の地下コンコースで測定しました。上段がFREETEL SIM、下段がChat WiFiで、左側の数値が下り、右側の数値が上りです。私の感覚だと、どちらも快適にネット接続ができるくらいですね。ただし、この数値はChat WiFi、FREETEL SIMとも「全テスト中で最良」の結果です。新宿って何かあるんですかね?

Chat WiFi テスト@東京駅
続いては同じ日に測定した東京駅改札外の地上です。上段がFREETEL SIM、中段は手持ちのNEXT mobileのWi-Fiルーター、そして下段がChat WiFiです。これも個人的な感覚ですが、このくらいの数値だと、FREETEL SIMとChat WiFiの速度差(ある意味繋がりやすさ)は結構なものになります。

Chat WiFi テスト@多摩
こちらはGoogleのスピートテストを使って測定しています。私の自宅内で測定しました。上段がFREETEL SIM、下段がChat WiFiです。私の自宅は多摩ニュータウンというところにあり、「もともとは山の中」でして、電波事情はよろしくありません。あんまり関係ないですが、私の自宅内だとWiMax(WiMax 2も含む)は圏外になります。そういう電波事情の悪いところでの計測ですが、Chat WiFiは少なくとも下りのほうは悪くない数値になっています。

一応いくつかエビデンスを掲載しましたが、実はいろんな場所で数十回くらい測定しています。全部を記事に掲載しても意味がないので、サマリーとしてお話させていただくと、

●Chat WiFiはFREETEL SIMの2倍位の数値になることが多い(つまり高速)
●Chat WiFiはNEXT Mobileのルーターといい勝負だが、少し負けている感じ
●Chat WiFiはほとんどのテストで下り10Mbpsをクリアした

という感じです。固定回線には及びませんが、もともと私はNEXT MobileのWi-Fiルーターにはそれほど大きな不満を感じていません(たまにはイラッとしますけど)ので、それといい勝負くらいになるのであればChat WiFiに置き換えることは十分に可能だと思いました。

なお、この契約容量だと「デザリングできなければ意味がない」わけですが、テザリングについては「保証対象外だが使用禁止ではない。自由に使ってください」という連絡を提供元から頂いており、手持ちのWindows PCに接続してみましたが、なんの問題もなく接続できました。

4.まとめ

通信回線は速ければ速いほど快適であるのは間違いありません。しかし、固定回線と比べると、LTE回線はどうしても場所とか時間帯で速度が左右されてしまいます。また、ここだけの話、いまだに「ドコモの回線借りをしているMVNOはやめとけ」ということもよく聞きます。実際私も常にFREETEL SIM(テザリング)だけでウインタブの記事を書けと言われば鬱になると思います。

個人的にはChat WiFiの通信品質であれば、手持ちのWi-Fiルーターからの乗り換えをする気になりますね。もちろん100GBで税抜き2,980円、契約期間の縛りなしという料金体系も大きな魅力です。

サラリーマンを辞め、通勤電車に乗らなくなって久しいですが、読者の皆さんは通勤途中にスマホでニュースを見たり、ゲームをしたりされていることと思います。しかし、YouTubeの動画をじゃんじゃん観るのは憚られるのではないでしょうか?ちなみに冒頭で紹介したうちの子は20GBでの契約ですが、毎月締日のラスト1週間は通信制限がかかる、と言ってました。でも100GB使えるのなら話は別ですよね?

Chat WiFiには「SIMのみ」と「SIM+モバイルルーター」というプランがあります。今回はSIMのみのプランで試用させてもらいました(モバイルルーターの方は初期費用がが高くなってしまいます)。また手持ちのスマホがデュアルSIMに対応していたので、通話SIMはそのままに、単純にChat WiFiのSIMを追加で挿入する形で、非常に簡単に導入もできました。私と同じような状況の人は、メイン回線(通話回線)の契約を一番安いものに変更し、ChatWiFiを導入することにより、低コストで「YouTube見放題」にできますので、一考の価値はあると思います(ただしメイン回線の契約上の制約もあると思いますので、すぐに低コストにできるかどうかはわかりません)。

最後に、Chat WiFiよりウインタブ読者にクーポンを頂いております。実はChat WiFiには「300GB」というプランもあったんですね(さすがに個人だとそこまではいらんだろうと思います)。

●100GB SIMだけプラン
事務手数料:3,980円→2,980円(初回1,000円割引)
月額基本料:5,100円→2,980円(公式クーポン)→2,880円(毎月2,220円割引)
クーポン:chat-s2-win

●300GB SIMだけプラン
事務手数料:3,980円→2,980円(初回1,000円割引)
月額基本料:6,100円→3,680円(毎月2,420円割引)
クーポン:chat-s3-win

100GBだと通常のクーポンよりも100円だけ安くなりますが、これって「毎月」の話なので、意外とバカになりません。それと、事務手数料が1,000円安くなるというのは大きいです。

もうしばらくの間、Chat WiFiのSIMを使わせていただけるとのことなので、引き続きこれを試していきたいと思います。

5.関連リンク

Chat WiFi 公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    私はソフトバンクのプリペイドSIM使ってます。7ヶ月契約(正確には6ヶ月+最初の月は無料)で17100円(事務手数料無し)でした。SIM買い切りなのでクレジットカード契約とかも不要でSIM返却も不要です。データ専用で月120GB使えます。速度は同じくMVNOではなくソフトバンク回線なので安定して数十Mbps出ます。
    データSIMを買う場合は事務手数料が意外とバカにならないですよね。

    • wintab より:

      こんにちは。そのようなサービスがあるのを知りませんでした。海外の人向けかな?勉強しておきます。

  2. 匿名 より:

    SIM事情かなり追いつけてないのを痛感した
    そうか、ドコモSIMあかんか。移行考えようかな

    • wintab より:

      こんにちは。すみません、「ドコモの回線を使っているMVNOはあまり評判がよくない」という意味でして、ドコモが悪いわけではないです。また、ドコモ系のMVNOの通信品質も改善されていると思いますよ。

  3. 匿名 より:

    ウィンタブオリジナルシートが
    カワイーです。
    買いたいです。

    • wintab より:

      こんにちは。このように大変光栄なコメントが多ければPDA工房さんに商品化してもらいたいですが、残念ながらこれが初耳。でもうれしいです。

  4. UZ より:

    手続き進めようとしましたが事務手数料が割引されていない表示だったので中断しました。誤情報でしょうか?