ドスパラ GALLERIA ZF レビュー - パーツを厳選し価格を抑えた1番おすすめのデスクトップ(実機レビュー:takumi)

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
こんにちはtakumiです。今回はドスパラ(会社名はサードウェーブ)のデスクトップ・ゲーミングPC「GALLERIA ZF」をレビューします。この製品は、主要パーツのスペックを「そこそこな水準」にすることで、価格をぐんと抑えた、コストパフォーマンスに優れた、意欲的な一台となっています。

スポンサーリンク

1.スペック

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
ドスパラはBTOメーカーなので、GPU以外はカスタマイズが可能になっています。CPUはIntelのCoffee Lake Refresh世代「Core i7-9700K」で、上位モデルへの変更も可能です。GPUはNVIDIAのハイスペックモデルである「Geforce RTX 2070」で、搭載VRAMは8GBです。

このGPUならばゲームの起動自体はほぼすべてのゲームで出来ますし、ほとんどのゲームでは高設定で快適に遊ぶことができるでしょう。また、RTX製品ですので、対応ゲームでは「DXR」や「DLSS」が使えるようになります。システムメモリは16GBで、最大64GBまで増設できますし、8GBへ減らすこともできますが、せっかくのハイスペックマシンなので、8GBというのはおすすめできません。

ストレージは500GBのNVMe M.2 SSD(2280サイズ) + 2TB HDD(シーゲート製)という構成で、カスタマイズにより、M.2 SSDは最大で1TBのものに変更できますし、HDDは最大8TBまで、もしくはHDDではなく1TBまでのSSDに変更することもできます。

光学ドライブはオプション扱いで、DVDスーパーマルチやブルーレイドライブを搭載できます。また、SDカードスロットもしっかり備えています。その他、CPUクーラーを性能の高いものに変更したり、ケースファンを増設したり、サイドパネルをアクリル製に変更するなどのオプションもあります。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
レビュー機の構成はOSがWindows10 Proへ、またSSDがNVMeからSATA接続のものに変更されていました。容量自体は標準だと思います。SATA SSDへのダウングレードは5,000円引きとなります。それ以外は標準構成と同じです。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
GPUはNVIDIAのGeForce RTX2070でVRAMは8GBです。ドライバーは記事執筆時点で最新の430.86です。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
読み書き速度を「CrystalDiskMark」で測定しました。SATA接続なので速度に物足りなさは感じますが、ゲームに関しては大きな差は感じないと思います。

2.外観と内容

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
まずは正面です。電源、リセットボタン、DVDトレイ、SDカードスロット、オーディオジャック、USB3.0 Type-A×2があります。下のメッシュ部には吸気用ケースファンが装着されています。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
右側面にはマザーボード冷却用のエアインテーク以外は何も装備されていません。一応、ここを開ければ裏配線にアクセスできます。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
左側面にはパーツの大部分が集中してるエリアのため、エアインテークが大きめに装備されています。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
背面です。マザーボードのIOポート類(USB3.0Type-A×2、USB2.0Type-A×2、USB3.1Type-A、USB3.1Type-C、有線LAN、オーディオジャック)に、グラフィックカードの画面出力コネクタ(DP×3、HDMI、D-DVI)、電源プラグが備えられています。ポート類右側には排熱用ファンが取り付けられています。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
ケースを開けたところです。内部スペースには余裕がありそうです。今回はCPUクーラーがオプションを適用したものになっており、「Scythe 虎徹 MarkII」へ変更されていました。メモリはSKhynix製のものが採用されていました。
また、グラフィックカードのLEDイルミネーションは、Palitのユーティリティツール「Palit ThunderMaster」で変更できます。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
下のファンは吸気用になっています。こちらもオプションで追加することができるかと思います。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
上部のファンは標準で1個装備されています。冷却面が心配な場合は、ファンを増設しておくと良いでしょう。

3.使用感

ケースの冷却性能が高いので、ベンチマークを回しても5分程度でアイドル時の温度に戻ってくれる(環境によります)ので有り難いのですが、CPUは空冷なので高負荷時の温度は高めです。使うときは室温に考慮した方がいいかもしれません。またレビュー機のSSDはSATA接続でしたが、予算が厳しいということでなければNVMeのままで問題ないと思います。

マザーボードに搭載されているオーディオコンデンサの品質が高いので、ゲーミングマザーボード程ではないにしても、十分クリアなサウンドを鳴らしてくれます。イコライザソフトを別途用意できるなら、これで十分だと思っています。

4.性能テスト

この製品はCPUに第9世代のCore i7-9700K、GPUにGeForce RTX 2070を搭載していますので、「ドラゴンクエスト X ベンチマーク」「ドラゴンズドグマオンライン(DDON)ベンチマーク」「3D Mark」「PC Mark」をやってみました。また、普段ウィンタブでは取り扱わない「ファイナルファンタジーXV Windows Editionベンチマーク」もテストしてみました。

実動テストで「シャドウ・オブ・ザ・トゥームレイダー」「Quake Champions」「Forza Horizon4」もそれぞれテストしています。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 21,271
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 19,008
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070): 18,571
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,222
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 18,061
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 18,045
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 17,833
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 17,549
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 17,153
マウス NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 16,951
ドスパラ GALLERIA GKF1060NF(Core i7-7700HQ、GTX1060): 16,865
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 16,820
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 16,441
ドスパラ GALLERIA GKF1050TNF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 16,156
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 15,923
ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 15,598
ドスパラ GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): 14,964
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 13,727
ドスパラ GALLERIA QSF965HE2(Core i7-6700HQ、GTX965M): 12,830
ドスパラ GALLERIA QF960HE(Core i7-4710MQ、GTX960M): 12,791
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 12,285
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 12,172

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 13,600
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(Core i7-8750H、GTX1070): 11,440
MSI GF75 Thin(Core i7-8759H、GTX1050Ti): 11,375
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 10,875
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 10,828
MSI GS65 Stealth Thin(Core i7-8750H、GTX1070MaxQ): 10,551
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 10,491
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 10,215
ドスパラ GALLERIA GCF2070NF(Core i7-8750H、RTX2070): 10,155
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 9,951
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(Core i7-8750H、GTX1060): 9,462
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 9,364
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 9,284
ドスパラ GALLERIA GKF1050TGF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 9,124
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 9,100
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 8,979
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 8,867
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 8,780
ドスパラ GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): 8,568
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 7,235

スポンサーリンク

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
参考(高品質):
ドスパラ GALLERIA ZZ(i7-8700K RTX2080Ti) 12532
ドスパラ GALLERIA GCF1070NF(i7-8750H GTX1070) 6691
MSI GL63(i7-8750H RTX2060) 6982
MSI GS65(i7-8750H GTX1070 Max-Q) 5821
ドスパラ GALLERIA GCF1060GF-E(i7-8750H GTX1060) 4675
ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF(i7-8750H GTX1050Ti) 2914
MSI GF75 Thin(i7-8750H GTX1050Ti Max-Q)2990

最新のCoreiとRTX2070なので、殆どのゲームは問題ないということはこのベンチスコアから見て取れるかと思います。FF15も高設定で快適にプレイできそうです。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
参考:
マウス NEXTGEAR-NOTE i7901BA1(Core i7-7700K、GTX1080): 6,703、17,345、37,589
OMEN X by HP(Core i7-7820HK、GTX1080): 6,283、15,476、30,804
MSI GL63 8SE(Core i7-8750H、RTX2060): 6,205、14,838、33,985
ドスパラ GALLERIA GCF1070GF(Core i7-8750H、GTX1070): 5,583、15,146、36,268
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(Core i7-8750H、RTX2060): 5,453、13,800、33,609
ドスパラ GALLERIA GKF1070NF(Core i7-7700HQ、GTX1070): 5,280、14,030、30,686
DELL ALIENWARE 17(Core i7-7700HQ、GTX1070): 5,257、13,233、29,845
ドスパラ GALLERIA GCF1060NF(Core i7-8750H、GTX1060): 3,965、10,506、29,442
ドスパラ GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,808、9,888、26,344
GALLERIA GKF1060NF(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,717、9,989、24,824
DELL G7(Core i7-8750H、GTX1060): 3,703、9,743、26,843
GALLERIA GKF1060GFE(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,625、9,784、24,233
ドスパラ GALLERIA Mini 1060(Core i5-7500、GTX1060): 3,583、9,276、22,203
ドスパラ raytrek RKF1060TGK(Core i7-7700HQ、GTX1060): 3,518、9,207、23,689
ドスパラ GALLERIA GCF1050TNF(Core i7-8750H、GTX1050Ti): 2,528、6,776、17,005
ドスパラ GALLERIA GCF1050TGF-E(Core i5-8300H、GTX1050Ti): 2,523、6,802、20,045
GALLERIA GKF1050TNF(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 2,492、6,858、18,179
NEXTGEAR-NOTE i4400GA1(Core i7-7700HQ、GTX1050Ti): 2,449、6,852、20,453
GALLERIA QSF965HE(Core i7-6700HQ、GTX965M): –、5,344、16,987
ドスパラ Critea VF-HGK1050(Core i7-7700HQ、GTX1050): 1,826、5,553、17,109
HP Pavilion Power 15(Core i5-7300HQ、GTX1050): 1,797、5,230、14,052
※左からTime Spy、Fire Strike、Sky Diverのスコア

RTXシリーズはDX12で特に力を発揮する傾向があるので、「Timespy」ではスコアが大きく伸びるものの、他2つのスコアがイマイチ伸びづらいと感じました。しかし、トップクラスのスコアを出してきているという事実は変わりありません。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
GPU性能がスコアに左右されないPCMarkですが、CPUが最新という部分もあり、比較的高めのスコアが出ています。NVMeタイプのSSDであれば、もっとスコアが伸びるかもしれません。

ガレリアZF トゥームレイダー

トゥームレイダーですが、グラフィックスドライバが最適化できていることもあって、平均で100fpsを超えてきています。高設定でも快適に遊べるかと思います。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー

クリックで拡大します

トゥームレイダーの初期設定です。高よりの中設定でバランスを取ろうとしているのが見て取れます。もう少し設定が高くてもいいかもしれません。

ガレリアZF Quake

QuakeChampionsですが、144fps狙いなら特に設定を落とさずとも満足に遊べるかと思います(動画では最低設定に落としています)。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー

クリックで拡大します

初期設定では、全てUltra設定になっています。60fps付近を狙うならこのままでも問題はありません。

ガレリアZF Forza

Forza Horizon 4も、特に不自由なく初期設定で90fpsをオーバーしています。不自由があることは全く無いでしょう(撮影環境の問題で、動画がカクついています。すみません)。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー

クリックで拡大します

初期設定ではプリセットはウルトラでした。もうすこし細かく設定を詰めてもいいかもしれません。

5.DXRとDLSSテスト

今回搭載されているGPU「RTX2070」は、NVIDIAの新技術「リアルタイムレイトレーシング」に対応しており、それを動かすためのエンジン「DXR(DirectXRaytracing)」と、同じく新技術「ディープラーニングスーパーサンプリング(DLSS)」に対応しています。「DXR」は主に影や光の表現を従来のものよりより現実的なものにし、「DLSS」は従来のアンチエイリアシングと比較して高いパフォーマンスを維持できるようになります。今回は有料版「3DMark」内で、DXRテストの「Port Royal」と、DLSSテストをそれぞれ実行してみました。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー
※画像は通常(WQHD解像度)時。

参考:
MSI GL63 8SE(RTX2060):3246
ドスパラ GALLERIA GCF2070NF(RTX2070):4198
ドスパラ GALLERIA GCF2060GF-E(RTX2060 Max-Q): 2955

グラフィックスドライバの最適化もあるでしょうが、デスクトップ機とノート機ではそこそこな差があるようです。

ドスパラ GALLERIA ZF レビュー

クリックで拡大します

DLSSのテストです。スコアとかが出るわけではありませんが、フレームレートに15fpsの差が出たので、テスト結果を見ていただければDLSSがどれだけゲーム上で効果的か、というのはご理解していただけるかと思います。

ガレリアZF BFV DXR&DLSSテスト

DXRとDLSSの効果を「バトルフィールドV」で実際に試してみました。動画上では、

RTXOFF→RTXON→RTX+DLSSON

という形になっています。DLSSに関しては大きなフレームレートの変動は見られませんでしたが、影の部分や爆発エフェクト時の炎の質感に注目していただければ効果がご理解いただけるかと思います。

6.まとめ

ドスパラ GALLERIA ZFは、ドスパラ公式サイトで販売中で、6月21日現在の価格は送料税別189,980円(標準構成時送料税込205,178円)から、となっています。なお、これはセール価格です。

あえて高価なOC対応製品は使わず、価格を抑え安定性も考慮した、自信を持ってお勧めできるモデルだと言えます。DXRやDLSSにこだわりを持たずとも、純粋なGPUパワーが高いので、将来第一線で長く使っていけるマシンになっていると思います。もし寿命を更に伸ばしたいのであれば、ケースファンの増設を強くお勧めします。これからPCゲームを始める人には、個人的にはベストな選択肢であるかと思われます。

7.関連リンク(ドスパラ)

GALLERIA ZF

スポンサーリンク

コメント

  1. NIA より:

    ようやくパソ〇ン工房で購入したセレロン(第六世代)付マイニングマザボで組み終わったウチには羨ましい構成。(例のグラボは待機中)他のパーツはドスパラさんで購入してますよ。
    まあ、ゲーム殆どやらないのでお休みいただいているi5(第二世代)でも十分だったりw
    ああ、お金があればお金があれば。
    FFベンチマーク結果を観てニヤニヤする日々を送りたい。
    約20万は遠すぎる道のりですねえ。

    • takumi より:

      NIAさん、コメントありがとうございます。
      RTXグラボは自分も手出せてないので欲しいなーなんて思ってたりもします。
      因みに、例のグラボは実は自分も買ってまして、どう生かしてやろうかなーと使い方に悩んでるこの頃でございます。
      (HIS製のRX590とCFXを組んでいるのですが、どうも相性が悪いらしくほぼ無効化していたりもします)

  2. こうしたデスクトップPCの記事も増やしてくれたらなと思います。

    • takumi より:

      PYUさん、コメントありがとうございます。
      デスクトップPCのレビュー案件を、最近ドスパラさん以外からも頂いてる(とのことです)ので、今後さらにお届けできるかと思います。お楽しみに!

  3. 匿名 より:

    フル稼働させた時の温度とか騒音とか知りたいな