Lenovo YOGA 910 - 13.9インチと珍しいサイズのフラッグシップ2 in 1が日本発売!

公開日: : Lenovo , ,

Lenovo YOGA 910
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。LenovoのノートPCとタブレットには「ThinkPad」「Lenovo」「ideapad」「YOGA」の4つの製品ブランドがあります。また、Lenovoお得意の「キーボード非分離・ディスプレイ360度回転型2 in 1」にも「YOGA」という製品名が冠されていて、「ThinkPad YOGA」なんていう製品もあります。

スポンサーリンク

今回紹介する「YOGA 910」はLenovoの製品ブランド「YOGA」のフラッグシップモデル、つまりハイエンドの製品で、ウインタブでは昨年9月に海外ニュースサイトの情報をもとに紹介記事を書いています。
Lenovo Yoga 910 - 13.9インチキーボード非分離型2 in 1、最新テクノロジー満載の上級モバイルマシン

この記事を書いてから4カ月以上経過しましたが、この「YOGA 910」が日本でも発売されることになりました!

1.スペック

OS: Windows 10 Home 64ビット
CPU: Intel Core i5-7200U / i7-7500U
RAM: 8GB / 16GB
ストレージ: 256GB / 512GB PCIe SSD
ディスプレイ: 13.9インチIPS(1,920 x 1,080)/(3,840 x 2,160)
入出力: USB3.0 Type-C、USB2.0 Type-C、USB3.0、オーディオジャック
通信: 802.11a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.1
カメラ: インのみWebカメラ(HD 720p)
バッテリー: 11.5時間(4K)/15.9時間(FHD)
サイズ: 323 x 224.5 x 14.3 mm / 重量1.38 kg

この製品は直販モデルと量販店モデルが存在しますが、この記事では直販モデルについて説明します。スペックの概要は昨年9月に紹介記事を書いたときと大きく違いません。メーカーのスペック表によると、ベースモデルは「Core i5、RAM8GB、ストレージ256GB、1,920 × 1,080ディスプレイ」と「Core i7、RAM16GB、ストレージ512GB、3,840 × 2,160ディスプレイ」の2種類があります。なお、構成のカスタマイズ余地がどのくらいなのかは現状不明です。

これを見る限り、下位構成のモデルでも十分ハイスペックと言える感じです。CPUはKabylake世代のCore iですが、ウインタブでKabylake機をテストした限り、Skylake世代のものよりもかなり性能が向上しているので、Core i5でも十分満足の行く処理性能になるのではないか、と思います。

あと、ディスプレイが「13.9インチ」なんですけど、これってあまり見たことのないサイズですよね?実はこの製品にとって「先代」にあたる現行機にYOGA 900というのがあり、この製品はディスプレイサイズが13.3インチなんです。でも、YOGA 900とYOGA 910はほぼ同サイズです。つまり、YOGA 910はサイズを大きくすることなく、ちょっとだけディスプレイサイズが大きくなった、ということですね。この点については後述します。

また、この製品は非常に薄型、ということもあり、ビジネス利用の際に欲しくなる映像出力や有線LANポートは装備されません。かわりにUSB Type-Cポートが2つあり、うち1つはUSB3.0規格なので、映像の出力はこれを使え、ということになります。

サイズですが、重量が1.38 kgと、モバイル利用をする上では合格点ですが、特段「最軽量」とかではないです。筺体がキーボード非分離型の2 in 1である、ということも若干重量の面では不利に働くのかもしれません。

2.筺体

Lenovo YOGA 910 挟ベゼル
「あれ?なぜここにDELL XPS 13が?」と思いますよね。でもこれXPSじゃありません。YOGA 910です。新型になってベゼルが極細になりました。13.3インチから13.9インチにディスプレイサイズが拡大された、というのはこれが理由なんでしょう。

Lenovo YOGA 910 360度回転
もちろんYOGAなんで、このようにディスプレイが360度回転します。なので、「タブレットモード」や「テントモード」など、多彩な形態を取ることができます。

スポンサーリンク

Lenovo YOGA 910 カラバリ
カラバリは「シャンパンゴールド」と「プラチナシルバー」の2色です。YOGA 900に設定されていた「クレメンタインオレンジ」はこの製品では設定がありません。

Lenovo YOGA 910 独特のヒンジ
ヒンジはLenovo独自の「ウォッチバンドヒンジ」が踏襲されています。これ、デザイン上のアクセントとしてもインパクトが大きいですよね!

Lenovo YOGA 910 キーボード
キーボードです。この画像を見るとかなり素直な印象がありますが、実はYOGA 900から大きな変更が加えられています。

Lenovo YOGA 900 キーボードが改善
この画像はYOGA 900のものです。この2つのキーボードはどちらも英語配列(日本モデルは日本語配列なので、この画像とは異なります)ですが、YOGA 900って、キーボードの配列にちょっとクセがあったんですよね。右端の一列がその「クセ」です。YOGA 910ではこれがなくなり、ごく普通の、素直な配列に変更されています。

また、YOGA 910のキーボード画像の右下に指紋センサーがついていることもわかります。

筺体素材は「アルミのユニボディ」で、YOGA 900とは異なり、キーボード面の素材やカラーリングも筺体と同一になりました。重量がYOGA 900よりも100 g弱重くなってしまいましたが、おそらくこういうことが理由になっていると思います。

3.価格など

Lenovo YOGA 910はLenovo直販サイト、および量販店で1月20日に発売され、直販モデルの価格は税抜き155,000円(税込み167,000円)から、となっています。ちなみにYOGA 900のほうはLenovoお得意のクーポンセールで30%以上の割引となることがありましたので、YOGA 910に関しても週末のセールなどでしかるべき値引きがされるものと思います。

私にとって「LenovoといえばThinkPad」になってしまうのですが、YOGAシリーズもいい選択肢になりますね。上にも書きましたが、この製品はデザインや筺体品質もよく、下位構成でも十分な性能を発揮してくれると思うので、週末セールなどで割引率が大きくなるようなら狙い目かな、と思います。

4.関連リンク

スタイリッシュなデザインの筐体に最先端のテクノロジーを詰め込んだYOGAシリーズのフラッグシップ新モデル「Lenovo YOGA 910」を発売:Lenovo ニュースルーム
YOGA 910:Lenovo直販サイト

Comment

  1. ななし より:

    どちらも英語配列(日本モデルは日本語配列なので、この画像とは異なります)ですが、YOGA 900って、キーボードの配列にちょっとクセがあったんですよね。右端の一列がその「クセ」です。YOGA 900ではこれがなくなり、ごく普通の、素直な配列に変更されています。

    ここの癖の部分はYOGA910ではないですか?

    • wintab より:

      ななしさん、こんにちは、コメントありがとうございます。単純なミスで、記事修正しました。ご指摘感謝いたします。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest Easter promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑