iiyama STYLE-14HP012-C-CE - 14インチで必要十分なスペックのノートPCがiiyamaブランドで!

iiyama STYLE-14HP012-C-CE
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。先日iiyamaから新発売された「iiyama Stl-14HP012-C-CDMM」という、14インチのノートPCの紹介記事を書きました。エントリースペックながら価格がなんと税抜きで24,980円(税込み26,978円)と破格の安さで、私は非常に気に入ってしまいました。「即納モデル」という扱いで、注文時には一切構成変更が出来ない製品なのですが、DIYでRAMを増設したり、SSDやHDDを増設したりといったことも可能で、ビジネス利用もこなせる充実した入出力ポートも備えています。

スポンサーリンク

今回紹介するのはこの「Stl-14HP012-C-CDMM」とそっくりというか、同一シリーズに属する製品「STYLE-14HP012-C-CE」です。こちらは即納モデルではなく、iiyamaらしいというか、マウスコンピューターらしい、BTO要素があり、価格も税抜きで33,980円(税込み36,698円)からと、やはりかなりのお買い得価格になっています。

1.スペック

iiyama STYLE-14HP012-C-CE スペック表

クリックで拡大します

CPUはApollo Lake世代のCeleron N3450、RAMは4GB、ストレージは500GB HDD、そしてディスプレイは14インチで解像度1,366 × 768です。決して高いスペックとは言えないものの、価格から見て妥当というか格安な感じがします。ここまでの構成を見ると、税抜き24,980円のStl-14HP012-C-CDMMとの相違点はストレージのみ(Stl-14HP012-C-CDMMは32GB eMMC)です。しかし、この製品は注文時にカスタマイズが可能で、OSをPro版に、RAMを8GBに、ストレージは240GB SSDの増設(つまりデュアル構成)や、標準の500GB HDDをSSDに変更するなど、豊富な選択肢が用意されています。ただし、ディスプレイは変更できません。

例えば「基本構成+240GB SSDの追加」をする場合、税抜き33,980円が43,960円(税込み47,476円)となります。そして、SSDを追加する場合はOSをSSD側にインストールしてもらえます。この構成ならほぼ文句なし、くらいのスペックになりますね。

入出力ポートも豊富です。USBポート × 3(うち1つはUSB Type-C)、HDMIとD-subの2つの映像出力ポート、そして有線LANと、iiyamaらしく充実していてビジネス用にも十分使えそうです。

この製品の筺体はStl-14HP012-C-CDMMと同じものと思われます。筺体サイズは全くの同寸ですし、バッテリー稼働時間も入出力ポートの構成も変わりません。要するにストレージのみが異なる、という理解でいいと思います。「それにしては価格差がありすぎ」と思われるかもしれません。実際その通りです。しかし、構成のカスタマイズを注文時にできる、というのは大きいですね。RAMの増設にせよ、ストレージの増設にせよ、自分で作業する場合は部品代だけでなくそれなりに「手間」がかかります。PCの自作やパーツの交換を経験したことのある人なら問題なくこれらの作業はできると思いますが、そうでなければ注文時に予算の許す範囲でカスタマイズしてしまったほうがずっと楽です。また、OSの入っているストレージの換装なんかまで考えると、数千円割高とかは目をつぶってもいいような気もします。

スポンサーリンク

2.筺体

iiyama STYLE-14HP012-C-CE 正面
極めて高い確率でStl-14HP012-C-CDMMと同一と思われます。サイズや重量、ポート類の構成が全く同じであることと、iiyama製品には他に14インチのノートPCがない、というのがその理由です。でも、Stl-14HP012-C-CDMMの紹介記事を書いた際に1枚しかなかった筺体の詳細画像が入手できました。

まず、正面からの画像ですが、これを見るとやはりベゼル幅はそこそこ細く、比較的デザイン面では頑張っていると感じます。

iiyama STYLE-14HP012-C-CE 横から
側面を見ると、ヒンジを開口した際に筺体後部がせり上がる構造になっているように見えますね。

iiyama STYLE-14HP012-C-CE 側面
側面のポート類です。スペック表の通り、かなりの充実度だと思います。また、光学ドライブは標準ではついておらず、カスタマイズによっても内蔵することは出来ません。光学ドライブを使う場合は外付けとなります。

iiyama STYLE-14HP012-C-CE キーボード
キーボードです。予想通り「マウスの14インチ」ですね。Enterキーの周辺のキーがやたらと大きいサイズになっています。ただ、私の試用経験だと、「小さすぎるよりは全然マシ」で、特に不自由することなく打鍵できます。アルファベットキーとかではないですし。ただ、このキーボードの場合、右側のShiftキーが小さいため、そちらの方は少し慣れが必要でした(私は右側のShiftキーを多用するので)。

3.価格など

iiyama STYLE-14HP012-C-CEはiiyamaの事実上の直販サイトであるパソコン工房で販売中で、価格は税抜き33,980円(税込み36,698円)となっています。各種のカスタマイズをする場合はこれよりも価格は上がります。

もし、「すぐに使える格安ノートパソコンを」ということなら、税抜き24,980円(税込み26,978円)のStl-14HP012-C-CDMMのほうがいいでしょう。即納モデルですし、ストレージがかなり小さいとは言え、とりあえず必要なことはひと通りできそうです。また、後日自分でRAMやストレージの増設も可能です。しかし、自分のニーズに合わせてしっかり構成を見直したいということなら、増設や換装の手間を考えるとこの製品のほうがいいかもしれません。上にも書きましたが、個人的にはこの製品のストレージをSSDに換装、もしくは増設して使うのであれば、スペックに派手さはないけれど、非常にバランスがよく、長期間使えるだろうと思います。

4.関連リンク(パソコン工房)

STYLE-14HP012-C-CE
icon

Comment

  1. 匿名 より:

    タブレットだとFHDが結構当たり前なのにノートPCは未だにHDが多くあるのは何故だろう?

    • 匿名 より:

      禿同。hdのノートは購入対象にはならないですよね。
      偶に中華ノートでfhd端末があるので、そういう端末のレビューを期待したいですね。

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Gearbest promotion-teclast-carnival-sale-special promotion


Banggood セール
液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑