OMEN X by HP 17 ー HPのハイエンドなゲーミングノート、スペックだけでなく、各種機能も充実しているのが魅力

公開日: : HP , ,

OMEN X by HP 17
こんにちは、ウインタブ(@WTab8)です。HPのゲーミングライン「OMEN」にはノートPCもあり、つい先日、最新の15.6インチと17.3インチのゲーミングノートがリニューアルされたばかりです。今回紹介する「OMEN X by HP 17」の新製品発表のプレスリリース・タイトルを初めて見た際「こないだ記事書いたばかりじゃん」と思ったのですが、よく見ると「X」というのがついていまして、「OMEN X」というのはHPのOMENシリーズの中でもハイエンドなものに使われる名称とのこと。つまり、「OMEN X by HP 17」はHPのゲーミングノート中で最上位に位置する製品なんです。

スポンサーリンク

1.スペック

OMEN X by HP 17 スペック表

クリックで拡大します

スペックの方は「ハイエンド」ですね。CPUはCore i7-7820HKですから、ごく一部デスクトップ用のCPUを搭載するゲーミングノートが存在するのを除けば、最高性能のものが使われます。GPUもGTX1080と、これまたSLI(2基搭載)という製品が存在するものの、常識的には最高性能と言っていいと思います。

RAMは32GB、ストレージは512GB SSD + 1TB HDDと、これも全く不満のないレベル。17.3インチのIPSディスプレイは解像度こそ一般的なFHDとなるものの、リフレッシュレート120HzにNVIDIAのG-Sync対応と、極めて高い反応速度を誇る高性能なものです。4Kなどの解像度よりも、レスポンスを追求したもの、と言えます。

あと、このスペック表には入出力ポートに関する情報がなく、この記事ではなんとも言えません。でもまあ、「心配するなって」と言われているような気もします。同様にサイズに関しても説明がありません。さすがにこちらは「そら心配するわ」なのですがねえ。4キロくらいあったりして…。

2.筐体

OMEN X by HP 17 筐体
筐体は「Xがつかない」「OMEN」のノートPCと共通のコンセプトといいますか、ちょっと見た感じはよく似ています。ただ、ヒンジ部分の形状が異なり(より頑丈に見えます)、エッジ部分の造形もより立体的になっています。

スポンサーリンク

OMEN X by HP 17 天板
天板です。こちらもOMENシリーズと同じコンセプトですが、通気口まわりが一段とコツくなっています。

この製品は冷却機能も高めており、OMENの他製品よりも大型のデュアルファン、そして4本のヒートパイプを採用し、「従来製品に対し、エアフローを最大55%向上」ということです。

OMEN X by HP 17
ウインタブ的に注目なのが「メカニカルキーボード」を採用していることです。もちろんNキーロールオーバーに対応し、6つのマクロキー(ユーザーが任意に動作を割り当てることができるプログラマブル・キー)もついています。メカニカルキーボードが使われているということは、劇的な打鍵感の向上が得られるのと同時に、重量面、サイズ(厚さ)面では少しばかり不利になるものと思われます。

3.価格など

OMEN X by HP 17は11月中旬の発売予定で、HPの直販サイト「HP Direct Plus」では現在「販売開始時にメールでお知らせ」というステイタスになっています。また価格は税込み356,184円から、です。スペックのところでも書きましたが、入出力ポートの数とか、筐体のサイズとか、まだ明らかになっていない箇所は多いですが、CPUやGPU、ディスプレイに盛り込まれている機能、そしてキーボード構造などを見ればこの製品の「格」については理解できますよね。

また、例えばメカニカルキーボードなんかはゲーマーだけに歓迎されるものではなく、ハイスペックなノートPCの購入を検討しているすべての人にはうれしい機能だと思います。なので、単なるゲーミングノートというだけでなく、妥協のないハイエンドなノートPCとして一般ユーザーも注目していいのでは?と思います。

4.関連リンク(HP)

OMEN X by HP 17
icon

コメントをどうぞ(名前とメールアドレスはなくても大丈夫)

Banggood セール

液晶保護フィルムならPDA工房
Geekbuying
  • TwitterでウインタブをフォローFeedlyでウインタブを購読TwitterでウインタブをフォローウインタブのFacebookページをチェックはてなブックマークにウインタブを追加ウインタブのRSSフィード人気ブログランキングブログ村HTML Map
    Twitterでは記事更新のお知らせにゴミ系のツイートを織り混ぜています。趣味なんです。
    Facebookではわりとお手軽な内容のオリジナル記事を書くようにしています。

  • ウインタブの連絡先・運営ポリシーなどはこちらです。
    いつもご覧いただきありがとうございます。最近コメント欄が少しだけにぎやかになっていて、大変うれしく思っております。いただいたコメントで記事の誤りを修正したり、有益な情報を追記できたりと、サイトの充実に役立たせていただいております。また、ねぎらいや励ましのコメントにも感謝しております。

    当サイトのコメント欄は「無記名可、メールアドレス記入義務なし」となっておりますので、みなさまお気軽にコメントを頂けますと管理人が元気になります。よろしくお願いいたします。
PAGE TOP ↑